FC2ブログ

映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』

2012年03月28日
映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』公式サイト
予告編
ロバート・ダウニー・Jr.のホームズ第二弾「シャドウゲーム」。悪の黒幕、天才数学者モリアーティ教授との死闘。
goiagb

冒頭からわかりづらい展開は前作以上、眠ってても覚醒しててもわかりづらい…かもよ(汗)
そして早すぎる展開も前作同様です。
しかしおもしろい、魅力的と思うのはキャラクター設定が好みってだけかも?私はホームズに固定イメージがないので楽しめるのかもしれません。

原作のモリアーティ教授との頭脳ゲームという色は薄く、イケメンヒーローは爆弾落とされても死なないアクションものになってます(汗)
強引でむちゃなヒーローのホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と、と引きずられる相棒ワトソン(ジュード・ロウ)の組み合わせは王道、安心して見られます。
やっぱりねえ、ロバート・ダウニー・Jr.のホームズが魅力的なんですよ。
ワトソンがいないと調子でない、好き好きワトソン。ワトソンが好き過ぎて憎まれ口しか出ない所も、子どもっぽいすね方もかわいい。
そういえば今回はかわいいシーンがいっぱいです。猟奇的なホームズの部屋もキモカワ、女装は気持ち悪いけどキュートで(お姉系というより、ちょっと前のニューハーフ)かわいいと言えます(笑)
馬が苦手でポニーに乗るホームズもかわいい。意味ない変装もかわいい。

auggopioisud
只今、爆弾がじゃんじゃん飛んでくる山の中を全速力で逃亡中!
前作に続きアクション満載。みんな走ってばかりで大変そう(笑)

パリのシーンではモーツァルト「ドン・ジョバンニ」が上演されてる劇場に忍び込むシーンがありました。結局は大乱闘になるんですが、オペラの後半、石像の騎士長が「悔い改めよ」と歌うシーンと重なり…ここは映画の結末を暗示させるものにもなっていて、迫力あってよかったです。
そういえば、モリアーティ教授はシューベルト好きという設定、「ます」が流れていました。
クラシックが効果的…というか、知的な部分をくすぐるような感じかな。

関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示