FC2ブログ

映画「おとなのけんか」

2012年05月30日
svkna]p451320

おとなのけんかのオフィシャルサイト
『おとなのけんか』予告編
トニー賞に輝いたヤスミナ・レザの舞台劇を、名匠ロマン・ポランスキー監督が映画化したコメディー。
ニューヨーク・ブルックリン、子ども同士のケンカを解決するため2組の夫婦、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター)とカウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ウィンスレット)が集まる。双方は冷静かつ理性的に話し合いを進めるが、いつしか会話は激化しホンネ合戦に。それぞれが抱える不満や問題をぶちまけ合い、収拾のつかない事態に陥っていく。


sov g486534558 

ロマン・ポランスキー監督で、ジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレットならおもしろいのではと見に出かけました。
舞台っぽいなと思ったら、元はトニー賞受賞の舞台なんですね。日本でも大竹しのぶさん主演で上演されたそうです。

子ども同士のけんかを丸く収めるため、ケガをしてしまった子どもイーサンの家に、ケガをさせてしまった子どもザカリーの両親が招かれる。
イーサンの両親は、インテリな妻(ジョディ・フォスター)と商売人の夫(ジョン・C・ライリー)。ザカリーの両親は、やり手弁護士の夫(クリストフ・ヴァルツ)と対面を重んじる美しい妻(ケイト・ウィンスレット)。
冷静に話合いが進み、双方「(話のわかる)いい方達で良かったわ」と話しているのですが、ちょっとした言葉から、カチンとくる(笑)
それを言うなら…、ちょっと待って…、いや、それは違う…
とまあ、穏やかな仮面がどんどんはがれていく。
両家の諍いは、やがて激しい夫婦げんかにまでエスカレートしていく。
展開はわかっているのですが、この人間関係の崩壊の仕方が見どころでしょう(笑)
4人の俳優がうまい。

インテリだけど、かさかさして色気に欠けた妻役のジョディ・フォスターは、頭でっかちな理想主義者でおもしろおかしい。人好きのする笑顔の夫(ジョン・C・ライリー)は、ペットを路上に捨てしまうような、実は傲慢な性格を隠している。
弁護士の夫(クリストフ・ヴァルツ)は仕事第一、人前だろうとなんだろうとケータイかけまくり、しかもビジネスのためならどんな汚い手もつかっているらしい嫌なやつ。そんな夫に妻(ケイト・ウィンスレット)はうんざりしている。

教訓:ゲロを吐くならトイレに行け

小さなほころびから夫婦の問題へ「あなたのそういう所がいやなのよ!」となるわけ(笑)
そして絶妙のタイミングでケータイが鳴り響く(笑)
妻の夫への不満が爆発し、なぜか男同士は結託し仲良くスコッチを飲んだり。

しかし、どんなに激しい夫婦げんかになっても、相手に不満があっても、彼らが離婚するようなことにはならないんだろうな、大人になるって、そういうことに目をつぶらないといけないんだよね…みたいな雰囲気もあって、そこがまたリアル。
ラストシーンの子どもが、それを象徴しているように感じました。

映画の中に登場したお菓子コブラーはこれ→アップルコブラー


関連記事
映画 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
無念、見逃した(>_<)
愛妻家の私ですが、この広い世の中には何人か
「この人となら人生をやり直しても良いかも」
と思える人が実はいます(笑)
その中でも、ジョディはアメリカ人部門では断然トップ(爆)

子役の「タクシードライバー」の頃は「可愛くないなあ」などと思っていたのですが、「コンタクト」あたりから気になりだし、最近は封切り作品は必ず映画館に行き、TVでオンエアされる作品は必ず録画していたのですが、
「おとなのけんか」
に関しては完全にマークをはずされてしまいました。
いい情報を教えてもらったと、早速映画館に行こうとしたら、なんと2月公開作品(T_T) 
 駄目ですよ、ニルギリさん。
映画を見たら即感想をレポートしなければ。

因みに、いずれTVなりBDを購入・レンタルするなりして見たい作品ですので、ネタばれが怖くニルギリさんの記事はあまり読まないようにしました<(__)>
>クッツさん
この映画、クッツさんはとうに見てると思ってました。
首都圏での公開は2月で、それから桜と一緒にだんだんと北上してくるんです。
…あれ、おかしいな、北海道はウチより北だし
…どこかで時空がねじ曲がっているのでしょう(爆)
というのは冗談ですが、我が地方では映画館の数は限られ、ロードショー以外を上映する映画館も限られているので、こういう映画は遅れるんですよ。

>「この人となら人生をやり直しても良いかも」 と思える人が実はいます(笑)
その中でも、ジョディはアメリカ人部門では断然トップ(爆)

ジョディ・フォスター良かったですよ。
愛妻家は、人生をやりおなしてもいいなどと考えないはずですが…。あと「断然トップ」ということは、何番くらいまでいるんでしょうか?(汗)
いっそ、一度につきあえばいいじゃないですか?包容力と甲斐性のある男ならそれくらい出来るはずです!

>ネタばれが怖くニルギリさんの記事はあまり読まないようにしました

その方がいいですね。
私もあの人が犯人だと知りビックリ!!!(爆)
ようやく見ました
以前ニルギリさんに御紹介いただき気になっていたこの映画、ようやく見ることができました。
たまたま、他の映画(ジョン・カーター)を見たくて今月契約していたwowowで放送。
番組紹介では全く触れられていなかったこの作品をうちのBD君が教えてくれました。

作品に関しては、予備知識はジョディ・フォスターが出演すること以外全く知らずに見ましたが、面白かった。
夫婦がジョディの家を去り、次の場面に移るのかかと思えば帰らない。帰りそうで、帰らない。
帰りたがっているのに帰らない。
確かに舞台向けシチュエーションですね。
携帯電話の扱いもお見事。

今度ジョディの新作がある時はまた教えてくださいね。
>クッツさん
以前の記事なのにコメントありがとうございます。
面白かったでしょう?

> 夫婦がジョディの家を去り、次の場面に移るのかかと思えば帰らない。帰りそうで、帰らない。

そうそう、ある、ある、ある、…ですよね。
とても俗っぽいネタなんだけれど、品を失わないのは、俳優陣の力かなと思います。


管理者のみに表示