FC2ブログ

ダイスケ記事とミラクルボディ

2012年07月15日
7.14付朝日新聞にダイスケ記事。

「新生高橋 モロゾフ氏と再びコンビ
もう一緒に仕事することはないと思っていた 捨てられることも捨てることも。お互い勝負」

ニコライのこと。以前とはまったく違う師弟関係。
「捨てられることも捨てることも」この辺りが、まさに私のツボです(笑)
ニコライにアメとムチ(汗)…で取り込まれそうになるとは思いますが、こっちが取り込んでやる!…くらいの気構えでつきあって頂きましょう。
ソチまで組むかどうかは、今シーズンやってみないとわからないという意味かな。

記事の最後の方に、ロシア人でありながら、日本選手を見ることがニコライにとっては…というダイスケらしい冷静さが。
そこは大丈夫なのか?とニコライ聞いても…
「オレのやることに口出しさせん。黙ってオレについてこい!」
とかナントカ、強気なことしか言わないはず(汗)
ここで「うん、信じてるわ」と言って素直について行く振りしながら、過去の事例を思い起こし、万が一に備える…それが経験を積んだ賢い女(乙女系男子)のすることでしょう(爆)

9月からロシア、FOIの後からジャパンオープン前までか。
新プロが「ニコライ以外の!」ロシア人のだれか?ってこともあり?
けがに注意して元気で帰ってきてくれればと思います。

オリンピックが近づくと恒例になりつつある、NHKの「ミラクルボディ」
NHKが誇るハイスピードカメラが、筋肉…いやアスリートの体を徹底解析、筋肉好きにはたまらん!(笑)
今シーズンが始まり、「第1回 ウサイン・ボルト」見ました。いいですね、おもしろいですねえ。
かれは脊柱側弯症なんですね。そのハンデを克服するための素晴らしい背筋!
そして、肉体の秘密があきらかになるつれ、ミラクルボディとは、メンタルと分かちがたいものだということがよくわかります。

バンクーバーオリンピックの時には、ジュベールのクワドが取り上げられました。こちらもすごくおもしろかったですね。
となると…きたるソチオリンピックでは誰が…というか、どのスケーターが…というか、フィギュアスケーター取り上げて〜って意味ですが(笑)
そんな先のことはわかるわけ無いのですが、今ならダイスケがイチオシなのは言うまでもないですね(笑)
ソチ直前、3Aを跳ぶ女子が、依然真央ちゃんだけなら、それもいいなと思いつつも、真央ちゃんがこういう番組につきあってくれるとは思えない(苦笑)
バンクーバーの頃のダイスケは、ミラクルボディで取り上げてもいいくらいでしたが、他のドキュメンタリー番組もありましたし、全く余裕なかったですよね。

ダイスケのけがからの復帰は、回復という単純なものではなかった。体を作り変えなければならなかった。そしてけがをしたことがきっかけになり、以前より可動域の大きい体を手に入れた…ミラクルボディとして最高のテーマだと思います。
昨夜の番組を見た方ならわかると思いますが、ボルトの骨格や筋肉をCGで再現してましたよね…これがダイスケだったら?
ダイスケの骨格モデルが、華麗に4T(場合によっては4F!4Lz!)
ダイスケの骨格モデルが、華麗にステップ!
ダイスケの筋肉モデルが華麗にスピン!
下半身と上半身が見事に連動しているときの筋肉は?骨格は?
指先の骨も再現して欲しい。
見たいなあ(笑)

ミラクルボディは再放送もありますので、ぜひご覧下さいね、おすすめです。

NHKスペシャル ミラクルボディー
第1回 ウサイン・ボルト 人類最速の秘密
 2012年7月14日(土)午後7時30分~
 再放送/7月19日(木) 午前0時50分~(18日深夜)
第2回 内村航平 驚異の“空中感覚”
 2012年7月15日(日)午後9時00分~
 再放送/7月22日(日) 午前1時20分~(21日深夜)
第3回 マラソン最強軍団 持久力の限界に挑む
 2012年7月16日(月)午後7時30分~
 再放送/7月22日(日) 午前2時20分~(21日深夜)

「ミラクルボディー」先取りノート
NHKサイトにスタッフノート。制作担当スタッフに聞いた各回の注目ポイントや見どころを紹介、こっちもおもしろい。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
まだ見てないけど…
ミラクルボディは昨日から録画してるので、あとで見ますね。

ソチの時採り上げてくれたら嬉しいけど、同じ種目は避けられそうな気もします。
でも前回(バンクーバー時)日本人はいなかったし私も大ちゃんで見てみたいから、スピスケあたりと採用争いかもと半分くらい期待しておこうかな(笑)。

振付け誰なんでしょうね。とりあえずまだローリーも諦めてないんだけど、そうじゃなかったらオリビエ、プラトフ(一応つながりあるし)、聖火リレー見たばかりなのでなんだか気になるディーンとかないかしら。
まあ変更点があるからそのあたりを考えて作ってくれる方がよさそうだけど、何も情報がないとかえっていろいろ予想(妄想?)が出来てそれはそれで楽しいです。

そういえば昨日のリンクは溶けかけていたのでピアソラを演ると背面全体がびしょ濡れになってしまい、今回着替えせずにふれあいに出てきていたので風邪ひかないでほしいなとそこだけは心配になりました。
でもどうやら今日は良い出来だったみたいでそこは安堵したし、観客からパワーをもらってくれたのかもしれないなと思いました。

4Lz、昨日より回転が足りてきたみたいだし、やらないと言いながらいろいろやらかして(笑)くれるから(やらないやらない詐欺?)、どんな構成でくるのか予測不可能です。
さすがに毎試合博打みたいなことはしないでしょうが、どこかですごいジャンプが観られるかもしれないですね。
ミラクルボディ
こちらではお久しぶりです。

私にとってミラクルボディといえば、やっぱりジュベ!(^0^)/あの特集は素晴らしかった。バンクーバーがあんなことになっちゃって、非常に辛かったけど…。
そんでソチは大ちゃんバージョンですか?うーん、もし実現したら嬉しすぎて熱出しそう(←おぃ)。

それはともかく、ボルトに続き内村くんのを見ました。
ボルトの背中が曲がってるのにあのスピードってのもすごかったけど、内村くんの身体能力は、もはやニュータイプって感じでただただ驚嘆。
アスリートの身体能力って凄い、潜在能力って凄い。彼らにはこれからもどんどん限界に挑戦していって欲しい。ただし怪我には気をつけて。

今夜はマラソンの最強集団ですね。これも楽しみ!
>春紅葉さん
コメントありがとうございます。連休はバタバタして返信遅れてしまいました。

>同じ種目は避けられそうな気もします。

陸上100mは前回(北京)も取り上げられていたんですよ。
取り上げるのは、人気のある種目でスター選手がいる競技ということでしょうね。

ダイスケの振付、どうなりますか。プラトフもいいですね。
誰でも知っている有名振付師でなくてもいいかな…という気もしてきますね。
PIW東京公演ももりがったみたいでよかったです。4Lz…様になってきたんでしょうか。それにしても4Lzとはねえ(苦笑)
今シーズンはクワドジャンパーがどっと増えそうだし、若手で勢いのある選手なら、4Fや4Lzを試合で入れてくる選手もいるでしょうね。
トップ選手となると、博打はちょっとな…と頭では考えますが、ダイスケならやるかもしれませんね(笑)
いずれにしても、ケガや体調管理にだけは注意して欲しいですね。
>美輪さん
こちらではお久しぶりです。
ジュベのミラクルボディは感激しましたよね!
先のことはわからないけれど、ダイスケバージョンも見たいなと思って。

内村君の回見ました、すごいですねえ。なんでしょうか、あの空間把握能力は?(汗)自分がどんな位置にいるか正確にわかっているとか、頭の中に小さい自分がいて、それを自分が動かしているとか。
回転と着地という意味ではフィギュアスケートに通じるものがありますよね。
それと、回転していても周りの風景をきっちり見てるってのが(汗)ダイスケは回転の時目をつぶっているけどなあ。

マラソン最強軍団もすごかったですね。山岳地帯の交通の不便な場所に生まれ、学校まで毎日7〜8km、石がごろごろした登山道みたいな道を裸足で走って(!)通う。貧しい暮らしから抜け出るにはマラソン選手になって賞金稼ぐしかない…そんな環境でないとマラソン選手が育たないとはねえ(汗)

管理者のみに表示