FC2ブログ

映画「アメイジング・スパイダーマン」

2012年07月25日
spae  ppe 9a 9

アメイジング・スパイダーマン - オフィシャルサイト
映画『アメイジング・スパイダーマン』予告編
映画『アメイジング・スパイダーマン』予告編2
サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からリブートされる新シリーズ。「(500)日のサマー」の新鋭マーク・ウェブがメガホンをとり、「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールドが主演する。ごく普通の青年ピーター・パーカーは、13年前に失踪した父親の秘密を思いがけず知ってしまったことから、スパイダーマンとして生きていく決意をする。ヒロインのグウェン・ステイシーをエマ・ストーンが演じ、ベンおじさん役のマーティン・シーン、メイおばさん役のサリー・フィールド、悪役カート・コナーズ博士役のリス・エバンスらが共演。

spaua cop9ae

もうリメイク?…サム・ライミ監督の3部作(2002〜2007)は好きでしたし、興行成績もよかったはず、その記憶が新しいうちから、もうリメイク?
と思いつつも見てしまう私です(苦笑)

私はサム・ライミ版のビジュアルデザインがとても好きなんですが、ビジュアルデザイン、ビジュアル的なインパクトという意味では、今回よりサム・ライミ版の方が上かなと思いました。
ちなみに3Dで見たのですが、もともと私は3Dの必要性をあまり感じない方なので、ビルの谷間を跳ぶアクションだけなら、前作も今回もダイナミックで楽しいですが、今回が特に目新しいとは感じなかったです。
マーク・ウェブ監督の新作は、とてもシリアスで人間ドラマが見どころ、アメコミ原作のゆるさ、お気楽さはもう全く見られないですね。普通のヒーロー映画として見た方がいいのかなと思いました。
トータルで見た場合、今回の方がドラマがあって見応え、私好みの映画です。

spaei imo  p

まずキャスティングが美形揃い(笑)
サム・ライミ版は、へたれのヒーロー(トビー・マグワイア)と田舎のイモ姉ちゃん(キルスティン・ダンスト)という感じで、まあアレはアレでいいんですが…ホントですって(滝汗)…
今回はナイーブな美青年と才色兼備のガールフレンド(エマ・ストーン)で、ビジュアルが美しい〜。
ピーター役は「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールド、家族へのトラウマを抱え苦悩するヒーロー、繊細で傷つきやすいスパイダーマンにぴったりです。
育ての親である叔父夫婦(マーティン・シーン、サリー・フィールド)が、いい味出してます。この脇が大事ですね。
謎めいた両親の存在が次回作の鍵になってくるのかな?

いかにしてスパイダーマンになったか、スーツの仕掛け、怪物の誕生なんかは、まあ突っ込めばキリないですが、そういう前半の無茶っぷりを忘れさせてくれるドラマがあり、いいんじゃないかなと思いました。
でもこのままシリーズ化していくと、スター・ウォーズみたいな流れになるんじゃないのかな?いいのかな?(ネタバレになるのでこれ以上書けない)

関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示