FC2ブログ

第24回 すかがわ国際短編映画祭

2012年09月05日
第24回すかがわ国際短編映画祭
2012年9月1日(土),2日(日)須賀川市文化センター
毎年5月に開催される映画祭は、昨年は秋にずれこみ、私は来ることができませんでしたが、今年は2日目にくることができました。(来年は5月開催)

●663114 7min30sec ベルリン国際映画祭Generation部門特別表彰
絵巻物を意識した映像デザインが渋く美しい。
タイトルは戦後(広島の原爆)66年後に起きた原発事故を意味しているらしい。豊かな自然環境で66年に一度成虫のなるはずのセミが、巨大地震と原発事故に会いながらもたくましく生き延びる。そして66年後セミは…
監督は会場にいらっしゃって、この映画を福島で上映することが怖かったと…。
感想はなんといっていいのか…少し悩みます。福島県人として怒りや悲しみ…ということはないですが、言わんとしていることに抵抗もあります。
※ちなみに、周期ゼミ(長い周期で大量発生)は素数と聞いていたので調べてみると、やはり66年セミはいないらしい。今のところ13年と17年。

●3.11 その時、保育園は ~いのちをまもる いのちをつなぐ~ 60min
大きな災害にあい、保育園はどのように幼い子どもたちの命を守ったのか?防災対策はどうあるべきか?
それぞれが力を尽くし子ども達を守った。悲劇的な状況ではなく、成功した事例を検証することも大切なことですね。月並みですが、助け合い支え合い…そういう言葉が出てきます。

●Her Morning Elegance 「優雅な朝のひととき」(イスラエル) 3min34sec
朝のベッドの世界、とてもスタイリッシュ、かっこいい!
あっという間にCMやPVでパクられそう!もうそうなっているかな?(汗)

●12 notes down 「巣立ち」(デンマーク) 26min  
美少年&ボーイソプラノという、好きな人にはたまらないかも?(笑)
少年合唱団の花形の少年が、変声期を迎え人生の岐路に立つ。 考えてみれば、思春期の難しい年頃に大事な決断をしなくてはならない、大変なことですよね。
   
●記憶のひとしずく 23min
これはいいです!
認知症の母についに忘れられてしまった次女。大変な中にも家族の日常があり、笑いがある。しみじみいい映画です。

●The Employment 「仕事」(アルゼンチン) 6min20sec
アニメーション作品。人間が道具のように扱われる世界、ある男の仕事は?おもしろくてちょっと怖い。
チャップリンの「モダンタイムス」を思い出します。

●沈金 -前史雄のわざ- 37min
日本の伝統工芸のドキュメントが3本ありましたが、これが一番おもしろかったです。
沈金の幻想的な世界に感嘆。

●パパは風になった 30min
交通事故で夫を亡くした妻が、幼い子どもを連れて巡礼の旅へ。免許の更新とか、免停の講習で上映されそうな作品。
交通事故の残酷さと悲しみを描きたいのだろうということはわかりましたが…申し訳ないがドラマが…とにかく…ひどすぎる(汗)
大げさな音楽、幸せな家族を見て涙ぐむ演出、わざとらしい子役の演技とセリフ、交通刑務所で号泣する加害者、50年くらい前のベタなドラマを見ているような…ある意味問題作(汗)

●冬木沢参りの習俗 30min 文化庁「変容の危機にある無形の民俗文化財の記録作成推進事業」
福島県会津若松市の八葉寺、毎年8月に行われる「冬木沢参り」と呼ばれる死者供養のドキュメント。独特の風習にびっくり、福島にいながら、全く知らなかった風習、おもしろいと言っては不謹慎ですが、おもしろかったです。

●米の放射能汚染ゼロへの挑戦~2011年福島県天栄村の記録 28min
原発事故によって放射能汚染を受けた福島県天栄村、日本一おいしい米作りの実績を持つ天栄米栽培研究会の人たちが、どのように安全でおいしい米作りに取り組んだ1年間の記録。
放射線の影響をブロックするために使う、カリウム、ゼオライト、プルシャンブルー、この3つの素材の特徴などがわかりやくておもしろかったです。
ただねえ、不屈の精神でがんばる農家の人たちの姿はドキュメンタリーとしていいんですが、天栄村は中通りでも放射性物質が少ない方なので、「努力が実って、天栄村の米から放射性物質は未検出」…という展開はかなり疑問です。

作品のいくつかはネット上でも見ることができますが、やはりスクリーンでみたいものです。
会場のロビーでは、今年も地元の方が、おにぎりやおかず、漬物、果物、野菜、パン、お菓子を売っていて楽しい。私はお昼に「じゅうねんモチ」を頂くことに。ところがこれが、冷えて固い!ちょっと〜(汗)
ま、そんなことも思い出になる、まったり呑気に過ごすゆるい映画祭なのでした(笑)


関連記事
映画 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示