FC2ブログ

ETV特集 チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告

2012年09月27日
チェルノブイリの原発事故から25年、NHK-Eテレでは現地の状況をシリーズで放送中。第2回は、今も続く…ではなく、今になって増加している汚染地域に住む人々の健康被害について。
福島県的にはけっこう不安になる内容ではないかと思う。適当に見ると、人によってはパニックで今すぐ福島県から脱出…とか言いかねないので、内容については冷静に、取扱注意です。

〈番組HPから抜粋〉去年4月、チェルノブイリ原発事故25周年の会議で、ウクライナ政府は、汚染地帯の住民に深刻な健康被害が生じていることを明らかにし世界に衝撃を与えた。
強制避難区域の外側、年間被ばく線量が5ミリシーベルト以下とされる汚染地帯に、事故以来26年間、500万人ともいわれる人々が住み続けている。
公表された「Safety for the future未来のための安全」と題されたウクライナ政府報告書には、そうした汚染地帯でこれまで国際機関が放射線の影響を認めてこなかった心臓疾患や膠(こう)原病など、さまざまな病気が多発していると書かれている。
子供たちの健康悪化も深刻で2008年のデータでは事故後に生まれた子供たちの78%が慢性疾患を持っていたという。
汚染地帯のひとつ、原発から140キロにある人口6万5千人のコロステン市、医師ザイエツさんは、事故後、目に見えて心臓病の患者が増えたことを実感してきたという。その原因は、食べ物による内部被ばくにあるのではないかと考えている。予算が足りず除染が十分に行えなかったため、住民は汚染されたままの自家菜園で野菜などを栽培し続け食べてきた。また汚染レベルの高い森のキノコやイチゴを採取して食用にしている。
学校の給食は放射線を計った安全な食材を使っている。しかし子供たちの体調は驚くほど悪化。血圧が高く意識を失って救急車で運ばれる子供が多い日で3人はいるという。
被ばく線量の詳細なデータはなく、放射線の影響を証明することは難しいが、ウクライナの汚染地帯で確かに人々は深刻な健康障害に苦しみ、将来に不安を抱えながら暮らしていた。
しかしIAEAをはじめとする国際機関は、栄養状態の悪化やストレスなども原因として考えられるとしてウクライナの主張を認めていない。放射線の影響を科学的に証明するには被ばくしていない集団と比較しなければならないが、住民の被ばくに関するデータも、被ばくしていない集団のデータも十分ではなく、今後も証明は困難が予想される。
国際社会に支援を訴えながら、放射線の影響とは認められていないウクライナの健康被害。チェルノブイリ原発事故から26年たった現地を取材し、ウクライナ政府報告書が訴える健康被害の実態をリポートする。


原発から140キロの町で、いわゆるホットスポットですが、事故から25年経った今、大人の健康被害が目立ってきたというのは大きな問題です。
主な原因は食べ物からの内部被曝と除染が十分行われていないことではないかと。
事故後ウクライナは、当時としても巨額の費用を投じて大規模な除染を行っていたようなんですが、国が経済的な苦境に陥り、中途半端なままになっているらしい。
国が責任をもって事故処理にあたるには国の安定や国力もあるのか…。

それと大人の甲状腺がん増えていると…、事故直後に取り込まれた放射性ヨウ素の影響は、子どもでは事故後数年がピークでしたが、大人は今になって発病ではないかと?
私の場合、福島県ではどうか?という目で見ますが、ヨウ素については、事故後乳製品をとり続けたチェルノブイリのようなことにはなっていないのではないかと思う。
あとは、木村真三准教授も別の番組で言っていますが、過去に取り込まれた放射性ヨウ素の影響は、その後に妊娠した子どもには影響していないらしいです(たとえばシャラポワ選手)。

番組でもっとも不安になるところは、この地域で暮らす子どもに体調のよくない子どもがたくさんいるということですね。給食は安全でも家庭での食事がそうでないとしたら、かなり問題です。
ただ上記の大人のケースもそうですが、累積の被爆データがあいまい。内部被曝だけでなく、一般に健康に害がないとされる低線量の被爆でも長期になると健康被害を引き起こすとしたら深刻な問題です。
このあたり、かなりあいまいなのがはがゆい。

番組の後半、日本での被爆リスクについての研究会?みたいなシーンがありました。木村真三さんが「(チェルノブイリで)がん以外の病気が25年たって明らかに増えている。」と報告をするのですが、えらい先生が「科学的でない」とばっさり(汗)
こういうことがあるから、国を信用できないんですよね。

福島県では、除染が腹立たしいほど進んでいません。
そして国は、今現在誰も住んでいない地域を優先して除染を始めている。
避難地域の方には申し訳ないのですが、今現在大勢の人が暮らしている中通り地方のホットスポットや微妙に高い線量の地域、近県にもあるホットスポットをまず除染するべきだとあらためて思います。

ウクライナの現状が内部被爆に起因するものなら、食品の管理を厳重にするということで、現在の福島県ではそれほど深刻ではないと思います。
ただ低線量の外部被曝の影響かも?…という疑惑は消えたわけではありません。
その場合年間何ミリシーベルトなのか?番組で取り上げた地域は、年間5ミリシーベルト以下となっていますが、線量は高い低いは、チェルノブイリでも福島でもまだらに存在しているんですよね。把握や線引きがむずかしい。
25年前の事故なら「近年」なのだから、もっと詳細なデータがありそうですが、国際機関を説得できていないことが…なんとも。

ETV特集
シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告
「第2回 ウクライナは訴える」

2012年9月23日(日) 夜10時
2012年9月30日(日) 午前0時50分 再放送

チェルノブイリのレポートの和訳はネット上でも読むことができます。出自がちょっとわからないのでリンクはしませんが、検索ですぐみつかります。
また下記の本が該当する内容だと思います。なお私は読んでいません。

低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害低線量汚染地域からの報告―チェルノブイリ 26年後の健康被害
(2012/09/21)
馬場 朝子、山内 太郎 他

商品詳細を見る

チェルノブイリとシャラポワ選手 毎日新聞 2012年06月29日 
マリア・シャラポワ - Wikipedia
Children of Chernobyl Foundation(チェルノブイリ子ども基金)

関連記事
福島で暮らす | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ひどい番組内容だった
こんばんは。
僕もその番組をリアルタイムで観ていました。
福島はチェルノブイリと比較して、内部被曝の影響は非常に軽いという調査結果が出ています。
食べ物に敏感な日本人だったからこそであって、いくらひどい民主党政権であっても、崩壊寸前のソ連政府による管理とは格段にマシな対応でした。
これは僕が福島は大丈夫だろうと判断するに至ったデータのひとつです。
http://twitpic.com/8t2wo0
南相馬市とロシア・ウクライナ・ベラルーシのWBC検査結果のグラフです。
チェルノブイリでは10年近く経っても1000bq/kgに近い人が相当います(体重60kgで60000bq)。番組でも指摘していたように、森に自生するものを獲って食べていたせいだと思います。
ETV特集のこのシリーズは福島の汚染実態を足で調査した良番組だと思っていましたが、煽ってハシゴを外すような構成で観ていて非常に腹が立った次第です。
>いちやんさん
バタバタして返事遅れました。
いろいろな意味で微妙というか中途半端な番組でしたね。どう考えていいのか悩むところもあったので、コメント頂いてうれしいです。

私も、福島で食品による内部被曝は、現在の体制であれば心配していません。チェルノブイリではもともと自生のキノコをたくさん食べる土地柄ということもあるのでしょうね。
ただ、健康に影響ないと言う低線量の外部被曝が、長期に亘った場合…もしかして?という感じにもとれるので、そこで不安に思う人も多いのではないかと。番組の元となっているのは国の報告書ですし。
ひっかるのには理由があって、福島では事故後間もない頃、避難区域をめぐって「福島県中通りの線量は、チェルノブイリでは強制(?)避難区域だった」と声高に言っていた方が、県内外にけっこういたんです。そういう方たちにとっては、そらみたことか…となるのは間違いないので(汗)

チェルノブイリと福島は共通点もあれば、違う点もたくさんあるので、なかなか把握できないというか。どこまでがどうなんだと、そういうもやもやが、なかなか晴れません。

チェルノブイリ
こんばんは。チェルノブイリの場合はすぐ近くの地域で避難基準は100mSv/y以上はすぐに強制移住となりましたが、遠くの高汚染地域(避難基準は5mSv/y以上)の移住が決まったのは5年後です。
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-11.html

あと、これをご覧いただくとわかりますが、チェルノブイリ周辺の汚染は福島の比じゃありませんのです。
http://togetter.com/li/363255

旧ソ連政府の初期の対応のまずさに比べれば、日本はまだマシだと思っています。
気持ち悪いのは否定しませんけど、医療被曝と比べてもそんなベラボウな外部被曝じゃないですよ。
>いちやんさん
再びコメントありがとうございます。
データ等については、私もそれなりには見ているので、リアルに今急に不安になるとか、そういうことはない
です。ご心配をおかけして申し訳ないです。ただ、広い意味でまだよくわからない点が多いのも事実だと思います。
私が少しナーバスになったのは、事故後1年位、福島ではこういう話題が始終もちあがり、少し落ち着いてきたかと思えば、善人ぶった有名人から学者、それこそ週刊誌ネタまで、不安な話題でどん底に突き落とされ…みたいなことが繰り返されていました。私だけではないと思いますが、気持ちの浮き沈みもはげしかったし、あの1年は本当にしんどくて、今回は当時のことを思い出してしまったのかもしれません。



> こんばんは。チェルノブイリの場合はすぐ近くの地域で避難基準は100mSv/y以上はすぐに強制移住となりましたが、遠くの高汚染地域(避難基準は5mSv/y以上)の移住が決まったのは5年後です。
> http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-11.html
>
> あと、これをご覧いただくとわかりますが、チェルノブイリ周辺の汚染は福島の比じゃありませんのです。
> http://togetter.com/li/363255
>
> 旧ソ連政府の初期の対応のまずさに比べれば、日本はまだマシだと思っています。
> 気持ち悪いのは否定しませんけど、医療被曝と比べてもそんなベラボウな外部被曝じゃないですよ。

管理者のみに表示