FC2ブログ

2012年10月28日 福島のこの頃 東電の気持ち?

2012年10月29日
東電、福島の除染要員を3倍に 全社員も順次派遣  2012/10/27 日経
中期経営計画には、来年から全社員3万8000人を年間2~3回のペースで福島県に順次派遣し、被災家屋の清掃など生活再建支援を強化する計画も打ち出す。従来のボランティア活動とは異なり業務の一環として現地に派遣する。人数は年間で延べ10万人に達する見通しだ。

東京電力、全社員を福島県へ順次派遣し復興支援にあたる方針検討(12/10/27) FNN

なぜか地元のニュースでは見ていない、ナゾのニュース。Yahoo!もNHK もアップされてからあっという間になくなったのはなぜだろう?情報が少なくてわからない。
ちょっとした形だけのパフォーマンスなのか、罰ゲームなのか?(苦笑)
まだ決まったわけではないもよう。たぶん労組が反対してなかったことになるような気がします。
------------------------------------------------------------------------------
サケのぼる川、自分の手で戻したい 2012年10月28日 朝日
稚魚は4年で戻ってくる。震災の年、最後に放流した稚魚が帰るのは今から2年後だ。でも、町民が戻れるのは少なくとも5年先になる。
 「家はなくても、1年でも早く帰って、サケがのぼる川を自分の手で戻したい。うちは父が93歳、母は99歳まで生きた長寿の家系。100歳越えるまで生きて、『やんなきゃ』って言い聞かせてんです」


第一原発から4km、浜通り北部のこの辺りの河口はサケ漁がさかんな地域です。
「サケがのぼる川を自分の手で戻したい」高齢の田中さんの言葉を、無謀だと笑う人もいるかもしれない。そういう望みにすがっている気の毒な人だと思われるかもしれない。
そうかもしれないけれど、そうじゃない。この気持ちは地元でないとわからないかもしれませんね。いやいや、地元でもわかってもらえないか(苦笑)

震災後初、楢葉でサケ試験捕獲 2012年10月27日 朝日

関連記事
福島で暮らす | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんばんは
ニルギリ様改めましてはじめましておじゃまいたします。

東電記事私もちらっと何で見たのか忘れちゃいましたが除染費用をちょっとでも浮かそうとして社員派遣!?的な感じでもやもやしましたが、罰ゲーム…腑に落ちました(笑)
まあ労組を説得するためにもまったく現地に近付かないお偉いさんが手本を見せたらよろしかろうにそしたらメディアも取り上げて都会の人が目にする機会も増えるでしょうに。

田中さんの気持ち完全には分からないかもしれない日常に追われて目をそむけてるかもしれない、ちょっと反省した地元民でした(汗)
>どんさん
こちらでははじめまして。コメントありがとうございます。

東電の記事は取り上げ方がイマイチよくわからないですね。ただ、ポーズかなとは思ってしまいます。
友人に話すと、何やっても批判されるからね…と(苦笑)

> 除染費用をちょっとでも浮かそうとして社員派遣!?

それはない(笑)社員使った方が、絶対高くつきます、そういう一流企業です。
出来ることなら、派遣会社に丸投げしたいはずです。

原発事故後の対応については、県内外、様々な意見や思いがあるのが当然だと思っています。田中さんの記事は、賛同するというより、こういう人もいることを知って欲しいという意味も込めて…ですかねえ。
意見をオープンにする事が大事なんじゃないかと、今は思っています。

管理者のみに表示