FC2ブログ

GPS2012 NHK杯 男子FS

2012年12月01日
2012NHK杯フィギュア
Starting Orders / Results

●男子シングル

アンドレイ・ロゴジン
観客席から奇声が!…いや、応援か?(笑)カナダの選手団はずっとにぎやかでしたねえ。
フリーは「インセプション」ジュベのフリーと同じ曲ですが、編集はだいぶ違います。衣装はねえ…ロゴジン正解!(笑)
4Tは何とか決めたものの、全体的にちょっとなあな印象。
キスクラは、PTA会長とぐれそうな息子、親子面談で進路指導「この成績ではちょっと…」とセンセイに言われてる図…みたいな?(うーんクドイ妄想でスマン!)

アダム・リッポン
スポーツ刈りでも美男は美男。
曲調からして、もっと危険な感じやギラギラしたものがあってもいいのですが…端正すぎるような。エレメンツの実施など、ある程度満足のいく内容だとしても、インパクトが足りなかったですよね。
あと、楽しそうじゃない、淡々として…アダムならもっと情感豊かに演じる力があると思っているのですが…観客としてはここが一番残念だったところです。

セルゲイ・ヴォロノフ
柄タイツみたいな衣装。
すばらしい4T!すっきりしたつなぎが男らしい!…と言い切って終われないのが、今のフィギュアスケート(汗)
ロミジュリBGM化は、ニコライのデフォルトでしょうか?どこがロミジュリやねん、ロミジュリ使う意味がわからないですねえ、もっと他にいいのがありそうです。ストーリーを連想しない曲の方がいいのでは?(汗)

リチャード・ドーンブッシュ
GO!GO!リッキー!
このしなやかなスケーティング、やっぱりいいなあ。しかし今日もジャンプはピリッとしない(汗)
でも、大崩れではないし、まずまずなのかな?
あとは何はなんでも全米で結果を残すしかないですね。

ケビン・レイノルズ
4Sが決まって良かった。
よく頑張ったと思いますが、後半はかなりお疲れでしたね。クワド3本の負担は相当です。

ロス・マイナー
マイナー君が4以内に入って、エキシに出られるかな?それとも、またしても「気がつけば表彰台とか?」「いや〜今年は無理無理」そんなことを友人と話していると、近くに席でも似たようなことを話している人が多数(笑)…それだけ去年のインパクトがあるってことです。
そして、4Sを華麗に決めて高得点!おお〜ノーミス!スタオベ〜おお〜この時点で暫定1位なら4位以上確定。
「(エキシ用に)誰か変なTシャツをプレゼントすればいいのに…」と、これまた客席でみんなが話してますよ(笑)私と友人は「好きです宮城」とか「牛タン!」Tシャツがいいんじゃないの?と話してました。

ハビエル・フェルナンデス
逆転優勝も可能な位置ですが、マイナー君で湧いた会場に戸惑ったのか、気負いもあっのか、ミス連続でした。しかし攻める姿勢は素晴らしい。
ミスは多いけれどハビに似合う素敵なプログラムです。後半はもともとつなぎがあっさりなんですが、最後までプログラム表現の気持ちが切れていなくて良かったです。

ハビは、ここまでで暫定2位、4位以上確定、ファイナル決定なのでほっとしていると…またしてもあの男が表彰台にいる(爆)なんてうれしそうなマイナー君。
昨日のダイスケといい、今回は滑走順の影響を感じますね、本人が認めるかどうかはわかりませんが(苦笑)

高橋大輔
冒頭の4Tが決まってほっとしました。そのあとの4Tは両足。ミスはたくさんあったのですが、一番の問題は、今大会中、得点源である3Aの調子悪かったことですね。ダイスケの3Aは調子のバロメーターでもあるので、そういうことかなと思っています。ここで3Aがピシッと決まっていれば、優勝はともかくフリー1位だったんですが。
しかし、格の違いを感じさせる演技はすばらしかった。大きな歓声と共にスタオベです。
リンクサイドのニコライと長光コーチがハグしてます。
インタビューでは、穏やかな話ぶりの陰に、優勝を逃した悔しさが見えて、そうでなくては!と思いましたよ。まずはファイナルが決まってよかったです。

羽生結弦
ゆづもミスはけっこうありましたが、クワド、3Aのコンボなど、大技を決めるとこはきっちり決めたことが勝因ですね。勝つには十分でした。
後半はやっぱり疲れてきて、スピードも落ちてしまいました。姿勢が悪くなってしまったのも残念。
それにしても最終滑走で1位、やっぱりすごいです。オーサーコーチも喜んでます。おめでとう。
優勝インタビューがきちんとして、しっかりしすぎて…ゴルフの遼君みたいだな(苦笑)

上位選手は皆、攻めまくり、男子は本当にハイレベルです。
ファイナル6人中4人が日本、開幕前はまさかねえ…と話していたんですが、すごいことになってしまいました。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
いつも楽しみ
ニルギリさま。

初めまして!フィギュアスケートの記事をいつも楽しみにしています。
なんだか、オブラートに包まない正直な気持ちを書かれているようで、読んでいてスッキリします。もちろん大輔ファンです。

N杯の記事、ニルギリさんのレポですっごい元気をもらいました!2位という結果はあれなのですが、大ちゃんの目指す、会場の人の心を掴むことはEXを含め大成功だったと思うので、ファイナルを楽しみに待とうと思います。
素晴らしい試合でした
おかげ様で、もやもやもすっかり収まり、録画を楽しんでおります。

道化師本当に素晴らしいプログラムですね~競技プロで初見でハマったのは10-11年のピアソラに続いて2作目かも…(VASはNHK杯からですから)

ピアソラは見ていて心の奥が痛くなるほど繊細なプログラムでした。それは、あの年のさまざまな出来事が私にそう思わせるのかもしれないけれど…そして完成を見ることができなかったために私にとっては特別な思い入れのプログラムになっています。

道化師は大きなうねりを感じさせるプログラムですね。繊細なピアソラとはまた違った作品で…さまざまなことを乗り越えてきた今の大ちゃんだから滑れるプログラムなのかなと思いました。そしてきっと完成形を見せてくれる、そう思わせてくれたNHK杯でした。(是非、美しいレイバックスピンは変えないで欲しい…)

女子の見どころの前にやってくれた本田さんの演技の振り返り解説、とてもよかったですね。大ちゃんの演技中はジャンプの種類以外無口になってしまう本田さんですが、今回演技すべてを通しての解説を聞くことができました。本田さんのように本当に大ちゃんのことを分かってくれるコーチがそばにいてくれて心強いですね。散々NHKの悪口を言っておいて何なのですが、やっぱりNHKの生放送は素晴らしいです。ごめんなさい…反省しています。

EXももちろん素晴らしくピアソラとマンボを生で見られたことは嬉しかったけれど、今回自分の試合好きをあらためて実感しました。演技前のあの張り詰めた緊張感、そしてあの演技後の高揚感は他では味わえないですね。











日本男子の層の厚さよ…
久しぶりに書き込みさせていただきます。チケットのことでは、本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。

>気がつけば表彰台とか

表彰台きましたねー、マイナーくん(笑)。ショートの点差を考えるに、今年は無理かなーなんて思ってたんですが、いやはや…素晴らしかったです。わたし的に、自分の力が出せたという観点において、男子フリーのMVPはマイナーくんでした。彼がシニアデビューした2シーズン前からお気に入りの選手なので、全米でも頑張ってほしいです。

GPファイナルに日本男子4名出場って、すごすぎですよね。日本女子でも4名ってなかなかないのに。
昨季の世界選手権が終わったとき、「来季は日本男子の3枠を、4人(大輔くんと結弦くん、小塚くん、織田くん)で争うのかー。ヒー」と空恐ろしく思ったものですが、4人どころか樹くんも入れて5人ですね。無良くんも虎視眈々と狙ってるだろうし。日本男子の充実っぷりがほんと、すごいですね。
>totoさん
はじめまして!いつも読んで頂きありがとうございます。
時々品が悪くて、どーもすみません(汗)

NHK杯のダイスケ、ダイスケ的今回のハイライトは、そうですね、EXだったかも(笑)
でも、山あり谷ありの彼にしては、まずまずだったと思っています。ここで満足しているわけではないですが、まずはファイナルが決まったことでほっとしますよね。
そのファイナルもどんな結果が待っているやら…ドキドキですね。
>Mieさん
元気になって良かったです(笑)

「道化師」はいいプログラムですよね。初見がJOだったからかもしれませんが、すばらしいと思います。
好みがあるのでしょうがないですが、イマイチという感想を聞くとちょっと残念です。でもそれくらいの所から、誰も文句をつけないくらいのレベルに持っていってくれるなら、それもダイスケらしくていいかな〜と、期待値を込めて思っています。

本田コーチはダイスケをよくわかっている分、実況でダイスケだけ贔屓しないように気をつけているなあと思うことはよくあります(苦笑)
それでもダイスケがぶっちぎり優勝ならばいいですが、今回のように日本人選手同士で競っていると、いろいろ気を使うだろうなと、余計な心配したりして(汗)
ただ総合すると、男子の解説では本田コーチが一番好みです。

EXのピアソラとマンボも素敵でしたね。
でも競技の方が好きって、わかります(笑)勝っても負けても、何にも変えられない時間ですよね。

>マイキーさん
コメントありがとうざいます。

>男子フリーのMVPはマイナーくんでした。

マイナー君、やってくれましたね(笑)
昨シーズンはNHK杯と全米が多少印象に残ったくらいだったので、すっかりノーマークだった私です。反省してます(汗)
今季はクワド入れるらしいと聞いて、まあそのう…リッキーや過去をさかのぼるとキャリエール君とかを思い出し、ボロボロになるじゃないかとか、期待より心配の方が大きかったというのが、正直な気持ちです。
今後安定してクワドを入れられるようになれば、もともとスケーティングは美しいし、スピンもいい、全米タイトルもありなんですよね。

ファイナルに男子4人、私も4人だとしたら織田君だと思ってました(汗)
町田君も無良君も、いつ3枠に入ってきてもおかしくない時代になったんですね。いや〜ダイスケファンとしてはハラハラですが、だからこそおもしろいんですよね。でもハラハラです〜(汗)
もう一週間経っちゃったんだなぁ。
私もMieさん同様、女子の見どころの時の本田先生振り返り解説がいいなぁと思って、もっぱらこれと実況なしをリピしてます。
身贔屓を避けるあまりたいてい大ちゃんには厳しめ解説の本田くんが道化師の良さを語ってくれていてすごく好き。

私は全く吹っ切れたわけじゃないけど、今は大ちゃんのこととにかく応援するのみです。
全日本まで本当にハードスケジュールだけど、ファイナルでソチに行けることで五輪に向かう気持ちを新たにできると思うので、さらに深化したプログラムを魅せてくれると期待してます。

遼くん似の件は本人が以前しゃべりを参考にしていると言っていたのだから、似ていると思われて本望じゃないですかね。
>春紅葉さん
やっぱりみんな本田コーチの気遣いを感じているんですねえ(笑)

フィギュアスケートは勝っても負けても、わきりきれない思いが残ることが多いスポーツですよね。あれが回転不足じゃなかったらとか、あのジャッジは…とか(汗)でもそいういうスポーツを承知で好きなんだなあと思ってます。
いい時もそうでない時も、ダイスケはいつだって素敵です。
まだシーズンは半分以上、あまり根詰めないでくださいね(苦笑)

NHK、ファイナル、全日本、ほんとハードですよね。体調万全で臨めるといいなと思っています。
ファイナル、結果は読めないなあというのが正直なところですが、「道化師」ってロシアでうけるプログラムじゃないかなと思うんですよね。

管理者のみに表示