FC2ブログ

水星に大量の水

2012年11月30日
NASA“水星に大量の水”と発表 2012年11月30日 NHK
水星を周回しているメッセンジャーが、複数の観測装置を使って水星の北極を調べた結果、太陽の光が届かない深いクレーターの地下などに大量の水素があることが明らかになったということです。
今回見つかった氷は、過去に水星に衝突した隕石(いんせき)が運んできたものとみられ、水星全体では1000億トン以上の氷が存在する可能性があるということです。


水星に氷が存在……NASAメッセンジャー探査機のデータ 2012年11月30日
水星は太陽に近いために氷がありそうには思えないがも、自転軸がほとんど傾いていないため、極地方の窪地では太陽光がけっして到達しない場所がある。

水星に大量の水の氷 11月30日 AstroArts
太陽にもっとも近い惑星である水星に、水の氷が存在することが明らかになった。常に陰となっている低温の場所に見つかった氷は、太陽系における水の運搬の歴史を物語る。

まさか水星に水(氷)が残っているとは思いませんでしたねえ。
水は太古、水星が形成される過程で、隕石や小惑星などの衝突によってもたらされたもの。地球の水もそうだと考えられています。
全く違う環境、生命の兆候すら考えられない水星に、地球と同じ水がある。太陽系は皆同じ物質を起源として持っている兄弟星なんですよね。
太陽系誕生の歴史が徐々にあきらかになってきました。ワクワクしますね。

関連記事
サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示