FC2ブログ

JGP2012ファイナル男女シングル

2012年12月14日
Starting Orders / Results
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating YouTube

●女子シングルFS
エレーナ・ラジオノワ
小柄なので、ポニーテールの遠心力でどこかに行ってしまいそう(笑)
シニアを見てしまうと、やはりジュニア…って当たり前か(汗)ソトニコワやグレイシーがガツンと来た時のような強烈なインパクトはないと思う。
3Lz+3T、ステップレベル4、大物ぶりがうかがえますね。

アンジェラ・ワン
3Lz+3T+2Tを軽々決めました。1点豪華主義…でもない?(苦笑)難しいジャンプは前半で、後半は美しくまとめる構成。ガッツポーズ!
もうちょいインパクトか個性みたいなものがあればなあ。

アンナ・ポゴリラヤ
2A+3T+2T、3Lz+3T、後半にジャンプ4つを持ってくる鬼構成、攻めてます。
いいですねえ、ミスはありますが、スピードもあって見ていて飽きない、おもしろい、スケーティングも好きなタイプです。

宮原知子
ロミジュリ…あれ、音源変わった?
こちらも3Lz+3T、後半に2A+3Tの鬼構成、とても集中していてキレもいい、良かったようにみえましたが、回転不足が残念。
フリーは接戦、SPの出遅れが響いてしまいました。

●男子シングルFS
マキシム・コフタン
4T+3T!3A+3T、冒頭に成功、なんかもう勝った気分になるかも…という勢いを感じました(笑)
3Fでミスしましたが、後は完璧、ジャンプも素晴らしかったのですが、つなぎも工夫されていて、それをスタイリッシュにこなしています。とにかくかっこいいんです。このままシニアで通用しますね。

ジョシュア・ファリス
3A+3Tをきれいに決めて、次の4Tでひどい転倒、これがその後の演技に響いてしまいました。
本来ののびやかさ、しなやかさがなく、後半はバテているようで、らしくないミス連発、予定エレメンツを8割位できていれば、コフタンに拮抗する得点にはなったと思いますが。

日野龍樹
スケーティングの流れが良くなり、その流れやプログラムの中にジャンプがなじんできましたね。とても洗練されてきた印象です。
3Fがeでしたが、3Aも2本決まり、ノーミス、スピンの軸もしっかりしてますね。
素晴らしい〜、表彰台おめでとう!

田中刑事
順位と得点を知っていたので、見るのがちょっと怖かったですが、思った程悪くはなかったですよ。
3Aが不調続き、得点源になるコンボが決まらず、そしてコンボ跳びすぎという(汗)TESがこれではねえ。でも、ステップもよくがんばっていたし、スピンも2つでレベル4。
刑事君らしい一途な感じ、最後まで力強くいけたと思います。

来季はオリンピック会場になる場所でのファイナル、若い彼らはどんな風に感じているでしょうか?日本選手が活躍したシニアの大会も見ているはずです。
ゆづ、刑事君、フェイは同い年、そして刑事君にとってダイスケや町田君は倉敷の大先輩なんですよね。
今はとても大きな差があるかもしれませんが、いい刺激となって今後につながってくれればいいですね。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示