FC2ブログ

NHKスペシャル「 空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~ 」

2013年01月13日
NHKスペシャル シリーズ東日本大震災
空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~
NHK総合 2013年1月12日(土) 午後9時00分~10時13分

福島第一原発事故の後、政府や東京電力は各種調査に基づき、一般住民に対する放射能の健康影響はほとんど無いと説明してきた。しかし見過ごされている被ばくがある。事故直後に大量放出された放射性物質・ヨウ素131の影響だ。この放射性物質はチェルノブイリ事故後に急増した子どもの甲状腺ガンとの因果関係が科学的に立証されている。ただし半減期8日と短時間で消滅するため、放出直後の被ばく回避措置、そしてヨウ素が消える前の正確な被ばく調査が重要となる。ところが今回はいずれも行われなかった。その結果として、被災地では事故から1年半を過ぎて乳幼児を抱えた親たちの間で不安が膨らみ続けている。
番組では最新の科学技術によって失われた時をさかのぼる研究者たちの実証的な知見を総合し、初期被ばくの実態を解き明かす。


事故後のヨウ素に代表される初期被ばくについては、ほとんどわかっていませんでした。原発周辺のモニタリングポストが、地震と津波によって破損、機能せず、また事故直後は危険を理由に立ち入りを規制したためです。
しかし間違いなく被ばくはあった。その不安に応えるため、様々なデータを集め実態に迫る科学者を追った内容は、昨年の秋にETV特集で放送されていました。
ないと思っていた原発周辺のモニタリングポストの中には、奇跡的に記録が残っているものがあったり、今後の分析が期待されるというところで終わっていた番組の続きです。

大気汚染、大気中の物質の拡散の研究者、おなじみの環境放射線の研究者岡野さんなど、有志で集まった研究者が、天候や風向き、さまざまな観測データから、放出された放射性物質の総量を想定、拡散を3次元で再現。
ヨウ素の放出は1号機の爆発やベントの前から始まったという。
分析の結果は、これまで見慣れたセシウムの汚染マップとは違い、宮城、岩手や関東まで及んだのではないかと。
ただし、最初の地面を這うように濃い濃度が危険なレベルで、上空にある段階ではそれほど危険ではないようです。

もっとも危険なレベルの時、被災地では給水を待ちながら外にいたり、避難のため外にいた人も多い。
これによりどれくらいのリスクがあるかというと、大変な事態という感じではないようですが、まだまだわからないことだらけ。
それでも少しづつわかってきた、危険でも安全でも知ること、そこが大事です。

Eテレで地味に放送されていたのが、NHKスペシャルで放送できることは、かなりデータと客観性に自信があるとうことか?
深刻な状況ではないということか?…などと深読みしたりして(汗)

浪江甲状腺被ばく目安下回る 01月12日 NHK
ヨウ素被ばく0.2~4.6ミリシーベルト 浪江 2013年01月12日土曜日 河北新報 
 弘前大被ばく医療総合研究所の床次(とこなみ)真司教授のグループは11日、福島県浪江町の住民の福島第1原発事故で放出された放射性ヨウ素131による被ばく線量が、0.2~4.6ミリシーベルトと推定されると発表した。
 国際原子力機関が甲状腺がんを防ぐため安定ヨウ素剤を飲む目安とした50ミリシーベルトを大きく下回り、床次教授は「被ばく線量が増えればリスクは増えるが、健康的な影響は極めて小さいのではないか」と話した。


NHKスペシャルにも登場した床次教授の見解は、影響は小さいのではないかという。

米兵「被ばく」東電に94億請求 8人、連邦地裁に提訴 2012/12/28 【ニューヨーク共同】
東日本大震災後、三陸沖に派遣された米原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員8人が27日までに、東京電力福島第1原発事故の影響が正確に伝えられず被ばくし健康被害を受けたとして、同社を相手に計1億1千万ドル(計約94億円)の損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁に起こした。

こんなニュースがあるんですね。
それをいうなら、隣国で原発事故が起きて風向きによっては…、あれこれ隠されたらどうなる…なんてケースも出てきそうです。
関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示