FC2ブログ

四大陸2013 ダイスケ新SP「月光」

2013年02月09日
そうですねえ…課題が山積みでどこから(笑)
初見の印象は、ちょっと厳しいなあと(汗)
シーズン序盤なら構わないですが、ワールドまで時間がないんですよね。今ここからで大丈夫かな?というのが気がかり。
シーズン途中でプログラムを変えるリスクは、やはり大きいですね。

ジャンプ2つでミス、3Aは回転して転倒なのは幸いでしたが、結局ここから立て直しきれなかったのか?3+3も最近にしては流れが足りない。
TESが伸びないのは当然ですが、PCSの評価も今の時点では厳しい。ジャンプが決まってこないとPCSも上がってこないとはいえ。

まだ滑り込めてないのでしょうね、振付にいっぱいいっぱいで余裕がない。そのせいかTRがバラバラな印象でちょっと弱い。
タメもまだぎこちない。観客へのアピールはこのプロに必要なのかな?表情がぎこちないから余計(汗)

ステップはレベル4、ロックンロールよりずっとレベルがが取りやすくなった感じで良かったですが、練習ではつま先まで繊細で華麗なステップに見入りましたが、今日は余裕なくて、その良さが出せてなかったですね。
コンビネーションスピンが素敵でしたね。曲調にあったドラマチックなスピンで見とれました。
背景にちっちゃく、傾いたニコライ、長光コーチ、渡部さんの3並び(笑)
衣装の首元、シルエットは好きです。もうちょっと派手でもいいか?

何度か見返していると、フリーの重厚な感じとは違う、流れ落ちるようなピアノのメロディをダイスケが体で、感覚的に捉えていることがよくわかります。こういうところはダイスケらしい。
ただし、今回はプログラムの良さを語るところまでは…いってないので…厳しいでしょうか私?(笑)

インタビューの涙目がすべて物語っていますね。もっとできるはずだった。こういうこともあるなとわかっていても、切ない…しかししょうがない。悔しさはバネにするしかない。
プログラムは変更して良かった、気に入っているということなので、次回までどう変貌するか期待です。

得点、順位は妥当、4位は考えてもしょうがない。若手がどんどんクワドを決めてきている中、ラッキーと思ったほうがいいかもしれない。
本田コーチも、すべてはソチのためと。

ゆづも良くはなかったですね。フリーではやはりゆづとの優勝争いになるのでは?5点差はあまり関係ないですね。
滑走順もいいんじゃないでしょうか?
とにかく、ここからのダイスケ!…なので(笑)

ところで、今日の私の一番はハンやんの3A!
テレビに向かって「ひゃ〜」と叫んでしまった(笑)

SP4位の高橋「本来の演技ができなかった」=フィギュア四大陸選手権・男子
関連記事
フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
面倒くさい…
ニルギリさん、こんにちは。

前のSPはGPFのもリピしていないですが「月光」は自然としてしまいます。 色々思う事はあっても、やはりこちらの方が好きです。
SPを変えないでGPシリーズに突入してしまったので、過去のプログラム、ショーやアンコールで時々滑っているマンボが良いだろうと思っていました。SOIでクワド入れてやっていたと言うし、ジャッジの評価も高いし。
ただ、過去のプログラムに「戻す」と言うのは大ちゃんの性格上しなさそう…。 でも勝つ為には…、と思っていたら相変わらずの斜め上。
そもそも、今季は最初から自分で自分にハンデを着けて難しい戦いにしていると言うか…。ホントに面倒くさい人だな~。何でこういう人を好きになっちゃったかな~…と、何度思った事か。
「月光」はワールドで見違える様なプログラムになる事を祈ってます。

ところで演技前の握手、ニコライが差し出す手を無視して歌子先生を先にしていましたね。 「いいぞ」と思いました。

KLINさんに同感です~。
得点が伸び悩んでると感じたら、普通はプログラムを戻しますよねぇ。(苦笑)しかも高橋くんの昨季ショートは『masterpiece』と呼ばれていたし、クリーンに滑れば95近くは楽に出ますよねぇ。(苦笑)ホント面倒くさい人を好きになっちゃいましたよねぇ、お互いに。(苦笑)でも彼のファンは皆そうだと思いますよ。だから応援せずにはいられない、ねぇニルギリさん。(爆)

演技前の握手、明らかに歌子先生を先にしてましたよね。高橋くん、握手の時はいつも伏し目がちであまりしっかりと先生の目を見ない方ですが、昨日は普段と比べても『伏し目がち』度が強くなかったですか?全く目を見てないというか。自分にしっかりと自信が持ててない時ほどこの『伏し目がち』度が増すように思っています。だから、昨夜は演技が始まる前から私はもう心臓がバクバクしてしまい、アクセルの転倒の後は3-3も失敗するのではと生きた心地がしませんでした。。。><。あんなに楽しみにしていたのに~。

でも見返してみると良いプログラムですよね。滑りこんで彼の世界観がしっかり出せたら見入っちゃいそうです。世界選手権まであまり時間がないですが頑張って欲しいです。高橋くんの競技プロはもうあと2つしかないと思っていたので、思いがけずもうひとつ見ることが出来るのはファン冥利に尽きます。
ステップ、何ヶ所かバランスを崩しかけてヒヤっとしたけれど、レベルはちゃんと取れていたんですね。この点はさすがにニコライです。大きなミスを2つしてもPCSもそこそこ出ていたし。
美姫ちゃんが中野さんとフリーがジゼルで被っシーズン、急遽オルガンに変更して表彰台乗ったし、カッコ良かったSPから定番のガブリエルのオーボエに変えたら2度目の世界チャンピオンになったし。やっぱりジャッジはこういった路線の方が評価しやすいってことでしょうか。マンボも今季のロックンロールも鬼プロで大変な割りに点が出にくい印象があったので。昨シーズンのブルースも国別を除いてそうだったし。何だかくやしいなぁ。

もうすぐフリーですね。私はTV観戦組なので、この後はネットを遮断して夜の放送を待ちます。頑張れー!
>KUNIさん
月光は考えていた通り、美しいプログラムでしたね。
これからもっと良くなることはわかっていますが、ワールドまで時間がないことと試す機会がないことが心配なんですよね。

ダイスケの場合、過去のプログラムに戻すということは考えにくいですね。それとマンボもちょっとつまづくとボロボロになりかねないところもありますし。戻すとしたらVASかな。

> そもそも、今季は最初から自分で自分にハンデを着けて難しい戦いにしていると言うか…。

もうフリーの結果が出ていますが、ハンデも想像以上の苦労も、あらゆることを経験をしておこうという…狙ったわけじゃないか (汗)

> ところで演技前の握手、ニコライが差し出す手を無視して歌子先生を先にしていましたね。

でしたね(笑)
ニコライ、いろいろ我慢させられているんでしょうか?(笑)
>deedee1さん
ダイスケがプログラムも戻すとは、なかなか考えにくいですね。
ロックンロールも評価が低いとまでは言えないと思いますが、なんとなくしっくりこないものを感じていたんでしょうね。
面倒くさいやつですね、たしかに(笑)

SPは事前の口ぶりからは手応えをつかんでいる感じだったんですが、やっぱり不安があったのでしょうね。小さな不安でもそれが火種になることがありますね。
フリーも含めてですが、一旦狂った歯車がどんどん大きく狂っていってしまったような感じでしたね。
自信をもつことは大事ですが、いざミスが出てしまうと、こんなはずでは…と焦ってしまう、今回はそれがよくない方にでたかなと。そんな風にも見えました。
昨シーズンだと、ミスも想定しながらやっていたので、そこからどうするでしたよね。ステップアップしているの間違いないけれど、難しいですね。

月光のステップ、よろけてましたよね。全体としてはレベルが取れていたのは良かったです。
プログラムは勝ちプロと、好きなプロって違うことも多いですね。美姫ちゃんだと特にそう感じることは多かったかも。
新プロがたくさん見られるのはうれしいんですが、ファンサービスじゃないので(笑)何より勝つための変更ですからね、そこを忘れてはいけないと思うんです。
ファンの戯言
妄想していた衣装、前日のすぽるとも見ずネットも見ていないので公式練習が全くの初見だったわけですが、大ちゃんのジャージから覗く衣装がシルバーで、色はブルー系かなと考えてはいたけどジャージ脱いだらヒラヒラも付いていないしでちょっと意外でした。

でも帰宅後写真とか見たら貴公子風で似合っているし、何より初披露のためか自信無げな感じが愁いを帯びたように見えて超イケメンじゃないですか。
もうそれだけでもかなり満足。甘いファンだけどいいの(笑)。

この時期の変更は確かに大変だけど練習で見た時点で十分素敵と思ったし、1ヶ月あれば大丈夫だと私は思いました。
というかニルギリさんの厳しいご意見を読んでから考えてみたのですが、ひょっとして時間が少ないからこそ「月光」という元々滑ってみたかった曲、つまりすでに大ちゃんの中で曲の解釈ができている曲を選んだのではないかという気がしてきました。

それなら音楽を感じて自分の中に取り込む作業が短縮できて比較的早く仕上げることができると考えたのでは?
だからきっと世選では素敵な演技が観られるはずです。
>春紅葉さん
衣装でこんなにドキドキするスポーツは(そりゃシンクロとか新体操もあるけれど)ないですね。フィギュアスケートの醍醐味の一つですね。
特に男子で衣装ってフィギュアスケートだけじゃないかな(笑)イケメン&衣装、これでワクワクしないわけはない(笑)まあ一部の選手では心配のタネなんですが(汗)


> でも帰宅後写真とか見たら貴公子風で似合っているし、何より初披露のためか自信無げな感じが愁いを帯びたように見えて超イケメンじゃないですか。

月光の衣装を見たとき、ベートーベンの肖像画を思い出しましたが、ベートーベンというよりはナイーブなショパンという風情かも。
とても上品ですよね。ただちょっと地味かな?首を隠してしまうのは「お色気封印」(笑)かな?とか、これがベストともいえないかな?とか、あれこれ思いました。

>時間が少ないからこそ「月光」という元々滑ってみたかった曲、つまりすでに大ちゃんの中で曲の解釈ができている曲を選んだのではないかという気がしてきました。

プログラムについては、前にも書いたとおり、勝つために変えたプログラムなので、時間がないという意味でちょっと心配ということです。
選曲は、おっしゃる通りだと思います。月光だと聞いた時から、得意分野の曲でイッキだなと(笑)
想像通り美しく、ダイスケによく似合うと思いました。
ただそれも「想像通り=新鮮さに欠ける」という落とし穴がなくはないので、難しいところですね。ここ数年にダイスケの高評価には、意外性があったわけだし。もっとも当たり前すぎる曲をダイスケにしかできないプログラムにするという新たなミッションになるだけなんですが(笑)




管理者のみに表示