FC2ブログ

四大陸2013 ダイスケのフリー

2013年02月10日
女子シングルSPのすばらしい内容に触れる前に…

ダイスケ、いやあびっくりしましたね。
全日本の神演技の後ですし、良くない結果もありだなとは思っていましたが、7位(涙)…ここまでとは(滝汗)

得点源となる4T×2本、3A×2本、コンボ3つ、すべては不完全か実行できない最悪のパターン。どう考えても得点が出るわけないのです。
でも、スケーティングは悪くなかったし、ステップ、プログラム表現など、演じるということにおいては、ダイスケは別格の存在感でした。
高いPCSは納得です。スコアはまことにもって正しい。
この苦しい状況に、もがき苦しむプログラムがマッチしてるという事実…不謹慎でしょうか?(汗)

ジャンプの不調は何か理由があるのかと探してみると、1週間前に靴を変えた…おいおい、また靴かよ?と思いましたが、友人がワールドに合わせて替えるタイミングだったのではと…なるほど。
靴の問題が明らかになっただけでもほっとしますね。

友人は、シーズン後半で疲れも出てくる時期なのではとも。競技の他に、イベントも多かったし、人気があるのはいいことですが、ある程度セーブも必要ですね。

インタビュー記事では…
「最悪ですね。情けない気持ちでいっぱいです。気持ちの面ではいけるかなと思っていたんですが、心と体がズレていました。練習でもこんなにひどいことはないので、どこか慢心していたところがあったのかもしれません。これを忘れずに世界選手権では何とかしたいです。」

朝の公式練習は流すだけで切り上げたらしい。
6分間練習は調子良かった。
やはりメンタルの問題もありそうですね。これほど経験を積んだ選手でも?…だからこそ?
根拠のない自信を植え付けたニコライが悪いんじゃ?クビ!クビ!…と考えなくもないんですが(笑)

涙目のインタビュー、言葉につまって…。でもここできちんと答えるのがトップアスリートですから。
「練習でもこんな最悪の出来はない。ジャンプが決まらなかったことが気持ちに影響した。応援してくださった方に申し訳ない。
精一杯やったつもりではいるので、この失敗を次に生かして、次はこんな演技にならないように頑張っていきたい」

申し訳ないと言いつつ、「精一杯やった」と言えることに、競技と観客への誠意を感じたのは私だけではないと思う。
何が起きてもおかしくない。ソチだって行けると決まっているわけでもない。
山あり谷ありは、いつまでたっても慣れないんですが(汗)そういうのをひっくるめてダイスケの魅力なんで。
何があってもついて行くぞと思うわけです(笑)

これがオリンピックでなくて良かった。全ては次への糧になるということで。
次はワールド、大丈夫でしょう!(笑)

ケビン素敵でしたね!ようやくこの場に立ったと。優勝おめでとう!
ますます日本が好きになってしまいますね(笑)

7位に沈んだ高橋「全部が全部、最悪でした」=フィギュア四大陸選手権・男子FS

追記
羽生・高橋、この敗戦を世界選手権の起爆剤に
四大陸選手権・男子FS

長光コーチの談話

2/12追記
動画 20130211 Daisuke Takahahi
最後の陣内さんのコメントに尽きますね!
関連記事
フィギュアスケート | Comments(9) | Trackback(0)
Comment
『2日経ってやっと吹っ切れました。』
っというのは自分のことなんですが。。。

いや~、久々にやらかしちゃいましたね。
試合が始まる前の記者会見で少し饒舌気味な高橋くんが実は気がかりでした。「ここで僕が勝って2勝2敗だと世戦に向けて皆さん的にも面白いでしょうし」みたいなことまで言って(言わされて?)て、それはメディアが勝手に考える(=ネタにする)から、戦う選手本人が試合前に言うこっちゃないで~?!と家族と話してたんですよ。だって「口を開くと『気(=気合い)』が抜けるような気がするから、演技の前は絶対に喋らないようにしていた」と以前どこかで言っていませんでしたっけ?記憶が定かではないですが、今シーズンの全日本か、衝突による故障を抱えて滑った2シーズン前の全日本だったように思うのですが。でも今から思うと不安の裏返しだったんでしょうねぇ。
フリーであそこまで大崩れするとは思ってなかったので正直ビックリしました。でも中途半端に3位とかじゃないのが実に彼らしいというか(苦笑)。ジャンプはひとつもパンクさせなかったし、最後まで投げないでなんとかしたいという必死な気持ちが伝わってきました。パフォーマンス的にはニルギリさんに同感です、私もとても惹きつけられました。(うちの家族は「あんなにヒドい演技が良いなんていうの、ファンだけだよ」と手厳しかったですが、笑。)

世界選手権まであまり時間がない中での靴の調整や新SPの滑りこみ、ジャンプの修正等々本当に大変な作業になるかと思いますが、歌子先生やタケシ先生、渡部さんが付いているので心配していません。ただ、高橋くん疲れがたまっているようなので、数日オフが取れるといいなと。
メディアの反応がさほど厳しいものではなかったし、原因は本人もチームとしてもわかっているようだし。何より、負けた後の高橋くんは強いと知っているので!

という訳で、最強日本女子の頑張り(3人ともそれぞれに男前でカッコ良かった~!!!笑)のお陰もあり、今日は大分落ち着いたのでニルギリさんちにお邪魔させていただきました♪
今回は少々オトメンな日本男子3人も来月はきっとやってくれることでしょう!


追記で。
ケビンの優勝、私もとっても嬉しかったです!
でもひとつ悔しかったのが、大好きな賢二先生振付によるチャンピオンシップ優勝プロ(フリー)が、高橋くんのじゃなかったことでした。先越されちゃったなぁ~。笑笑
さすがにきつかった…
メディアや世間の声を何も聞きたくなくて、丸二日、テレビも見ずネットも新聞も開かずに外界から遮断して生きておりました。

フリー、私は大ちゃんの苦しみが伝わってくるようでつらかった。若手に追われる辛さはトップに立った選手なら誰でも経験することとはいえ、NHK杯から加速したエース対決の煽りはさすがにひどすぎました。自分がいつ追い抜かれるかを期待するような内容のインタビューにすらいつも笑顔で応えてはいたけれど、大ちゃんはずっと必死に重圧とたたかってきたのだと思います。ゆづが注目されるようになって大ちゃんのマスコミ対応の負担が少なくなれば…とニルギリさんはおっしゃっておられましたよね。たしかにおっしゃる通りなのですが、でも何かかえって負担が増したような気がします。

勝つために変えたショートでした。プログラムもとても気に入って、練習では手応えも感じていたのだと思います。でも本番では滑り込めていない不安がでてしまい、うまく滑れなかった。ゆづの失敗もあって点差は全日本より少なく、傍目には逆転可能に見えたけれど演技構成点で大きく越されていて、大ちゃんにとっては全日本以上の惨敗だった。全日本では思うように評価されない悔しさをフリーにぶつけることができたけれど、今回はさすがにきつかったのでしょうね。演技前の表情が全日本とはまるで違いました。

ジャッジの評価は低かったけれど、私は新しい月光のプログラムとても好きでした。たしかにいろいろ不安定だったかもしれないけれどとても美しかった。大ちゃんには競技ではノリノリの曲ではなく美しい曲で滑ってほしいとずっと思っていました。今年のロックも、あんなに人気のあったマンボも私はショートとしてはあまり好きなナンバーではないので…(EXのアンコールは大好きですよ~)

世界選手権までは時間もないので滑り込みが間に合うのかどうか不安はあるのですが、最後はやはり変えてよかったと思わせてくれる(いえ、大ちゃんが思ってくれる)と信じています。

メディアもスケ連もこれ以上大ちゃんを追い詰めないでほしい。どうか大ちゃんが余計なことに煩わされず自分の練習に専念できますように。




>deedee1 さん
>「口を開くと『気(=気合い)』が抜けるような気がするから、演技の前は絶対に喋らないようにしていた」と以前どこかで言っていませんでしたっけ?

そうでしたっけ?
でも集中しきれていなかったと話していて、あの饒舌ぶりもそういうことかな?と思わなくもないですね。
すべて今思えば…なので、あまり意味ないですが(汗)
順位は衝撃的でしたが(汗)シーズン後半に入り、どの選手も目標に向かってつめてきてる時期ですからね。あの演技で上位は逆に失礼というもので。

>うちの家族は「あんなにヒドい演技が良いなんていうの、ファンだけだよ」と手厳しかったですが

あはは、そうかもしれませんが、そうでもないよと心の中で言い返しときます(笑)
チューハイは魂抜けたような演技で心配しましたが、今回は引きつけられるものがありましたよね。

スケジュールや靴の変え時、調整、シーズンをどうしていくか、大変なんだなと想像しています。
ワールドはどうなるかわかりませんが、すべてはソチのためだと思えば、それほど心配しなくていいかなと思います。
もちろんいい結果が欲しいし、それだけの実力があると考えていますが。客観的に見てもです。

> メディアの反応がさほど厳しいものではなかったし…負けた後の高橋くんは強いと知っているので!

そういえばそうですね。ずっと勝ち続けてくれてもいいんですが(笑)
まあ、メディアは真央祭りに忙しいから、男子はスルーなのかもしれませんが、それも今はありがたいかも。
女子のオトコっぷりはすごかったですね。男子にもいい刺激になったということで。
ワールドに向かって、男子もやられっぱなしではいない、がんばってもらいましょう。
>Mieさん
少しは落ちつかれましたか?

メディアの「エース対決」は、実際今そういう状況なのでは?そして、スポーツは、勝負の世界とはそういうものだと思っています。
ファンとしてはいつだって勝ち続けて欲しいし、ハラハラするのは当然ですが、勝負が加熱すること自体はスポーツとして盛り上がることにもなり、決して悪いことだとは思っていません。
大変ですが、そういう世界にいることは誇りであり、ダイスケに限らず、モチベーションになっているのですから。
ダイスケがメディアに対し、つき合いよ過ぎるというのは、時間を拘束されることなど、あくまで事務レベルな話です。注目されることはそのものは、彼自身いやじゃないのでは?

どんな状況がダイスケにとって理想なのか?
ファンが都合よく考える通りなら、それはスポーツとしてのおもしろさもなくなってしまうと思うんです。

今回の敗因は、長光コーチの言葉通りかなと。
SPは、ジャンプミスはともかく、PCSの評価がいまいち厳しいなと感じたのですが、思うようなパフォーマンスができなかったことをダイスケ自身が認めているようなので、ワールドまでどこまでつめていけるかですね。
シーズン半ば、周囲がクオリティを上げてきている中で、初披露するリスクは大きいなあ、それがわかっただけでも収穫と考えた方が良さそうですね。

もうご覧になったと思いますが、2/11のnews every。
スタジオの陣内さんの言葉につきるのではと思います。

私のブログにコメントを頂いたということは、私がだいたいどんな返事するかわかっていると思いますが…
ご心配はわかりますが、才能と実力を兼ね備えた、負けず嫌いのアスリートをもっと信じてあげないと(笑)
すべてはソチや彼の人生の糧になる、そう私は信じていますよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>Mさん
非公開コメントにしなくても(苦笑)

いろいろなコメントを読むのは楽しいので、遠慮なさらなくてもいいんです。
応援の仕方は様々だし、自分の気持ちにあまり無理を強いなくてもいいと思いますが、物事は見方や考えによって、まったく違った風に見えることがあります。
気がつくと良くないことばかり拾っていたなんてこともありますし、マイナスをプラスにすることも出来ると思っています。

ダイスケの衣装、長光コーチからダメだしが出て、替わるのでは?とどこかで読んだような?…噂だけかもしれません。
ブルーがもう少し深いコバルトブルーで、ベルベット素材みたいだったらどうかな?と思いました。
ファンの戯言その2
フリー観戦記もまずは大ちゃんのみ番外編で…。
公式練習、大ちゃんは5番滑走なわけですから曲かけもかなり後です。
曲がかかり最初のポーズからほんの少し演技したと思ったらすぐに中断してしまい、その後はコーチのところに行ったり周回したりと全く演技に戻る気配がなく、ついに曲の途中で挨拶をしてリンクを後にしてしまいました。

調子がいい時は練習を早めに切り上げたりするらしいけど、この日の場合は私にはそのようには思えず、というか調子が上がらないからひどいところを見せたくなくて何もしないのかなとしか思えませんでした。

だからもちろん大ちゃんに優勝してほしかったけど、実はGPFの時とは違って今回あまりいい予感というものがなかったので優勝は難しいかもと内心では覚悟はして、でも予感が変わるかもと一縷の望みをもって観戦していました。
そして途中逃げ出したい気持ちになりながらも頑張って応援していたし、大ちゃんの演技もすごく気持ちは伝わってきたから観た直後はあれほど低い点数とは思わなかったくらいです。

良く考えてみればコンボは跳べていないし綺麗に跳べたジャンプもほとんどないのだから当然なのですが、前半のジャンプがイマイチだった後のステップが失敗をひきずらない素晴らしさだったので、ここで立ち直ってくれるかな、とその時は思いました。
結局後半のジャンプもあの状態では仕方なかったですね。でもホントにプログラム全体の印象は決して悪くなかったのです。

演技後のコメントの「精一杯やったつもり」は少なくとも私は十分演技から感じました。
私はやっぱりそんな大ちゃんのどんな時でも気持ちを込めて演技できるところが何より素敵で大好きな理由の一つなのだと、この四大陸の結果を受けて改めて思っています。
>春紅葉さん ファンの戯言その2
観戦記ありがとうございます。

フリーの公式練習、そうでしたか。いろいろかみ合っていないのかなという感じですね。
ダイスケのフリー、前にも書いた通り、ジャンプはだめだめでしたが、表現面では見応えがありました。転倒は1回とうこともあって、全体の印象が悪くないのかもしれません。
靴を替えたことを知り、改めて見ると、集中力でも補えないエッジのコントロールかなとか、でも6分間練習はよかったわけだしとか、いろいろ考えます。どれか一つが原因と言うよりは。いろいろな要因が重なり、どんどんよくない方へいってしまったということでしょうね。

西岡アナもPCSは高く出るでしょうと言い、Jsportsの杉田さんもスケーティングや表現はすばらしいと。海外の実況もそんなにひどいことはいってないようです。
もちろんこれでいいわけないのは、本人が一番わかっていることですからね。
フリーの翌日は、会場でアイスダンス観戦していたと、穏やかな顔で安心したと書いている方のブログを読みました。

管理者のみに表示