FC2ブログ

フィギュアスケート雑感 未知数だらけ

2013年02月27日
Tatsuki Machida 下松 2013.2.23.EX
Tatsuki Machida 下松2013.2.23インタ
町田君の下松でのEXとインタビュー。
元気そうで良かった。坊主にしたのは、ソチオリンピックに向けて心機一転気合いを入れるつもりだから、決して悪いことをしたわけではないと。そうか、そうか(笑)
町田君の場合、日本男子が激戦であるという以前に、ファイナル、全日本と、自分らしい演技ができなかった、実力の半分も出せていなかったことがまずいわけで(汗)アンソニーコーチもそのあたりをよくわかっていると思う。
後1戦残っていますが、悔いなく終えて次のシーズンに向かって欲しいです。
…坊主で出るのかあ、ちょっとは伸びてるだろうけど(苦笑)
------------------------------------------------------------------------------------
大阪日日新聞フィギュアスケート企画 進化の過程 高橋大輔    
4CCの「月光」実況なしで見ながら、ここからどうなっていくか、あれこれ妄想するこの頃です。
変更したSPは、練習が2週間に満たないくらいで、それで実技ですからねえ。そりゃ無茶です、普通はね(苦笑)
プログラム変更もメンタルもフィジカルも靴も…全ては肥やしということで(笑)
SPは、前半の動きのリズムが整ってくることが大事ですね。後半のスピンからステップはすばらしい。
関係ないですが…真央ちゃんがドビュッシーの「月の光」を演じた時は、彼女が揺らめく月の光そのものになったような感じでした。 曲は違いますが、ダイスケの「月光」は、体の中からメロディがあふれ出てくるような感じかな。

荒川静香Friends+α 2012-13 【第6回】高橋大輔
3月2日(土)23:00~ 
トリノオリンピックシーズンの荒川さんも、全日本後にプログラムを2つとも変更というとんでもないことをしましたね。それまでのフリーをSPへ、フリーは過去に使っていたトゥーランドットへ変更。ただ(振付は変わっても)全く新しい曲というわけではなかったところが、ダイスケとは違う。
番組ではそのあたりも聞けるでしょうか?それは突っ込みすぎな話題でしょうか?(笑)

トリノオリンピックシーズンは、オリンピック出場資格がない真央ちゃんがシニアGPSで大活躍。オリンピック代表に向けてピリピリしてきた選手たちとは無関係に、天真爛漫で怖いもの知らず、そのフレッシュな魅力にみんなが夢中になっていたっけ。
荒川さんを取り巻く環境は厳しかった。荒川さんがオリンピックに行けなかったたらどうしようかと、私はハラハラしていました。
そして、荒川さんは出来ることは全てやるということで、新採点攻略にむけスピンなどテクニカルを見直したり、あらゆることをしました。最大の決断はタラソワコーチからニコライのもとへ移ったことですよね。

トリノで素敵だなと思ったのは、プログラムを変更をすることで、オリンピックの荒川さんには新鮮な魅力があふれていたことでした。その根底には、ニコライの新しい風が入ったからかもしれません。
滑り込なければできない良さもあります。同時に言葉は適切ではないかもしれませんが、少しでもマンネリの気配があると、見る方の意識?注目度が違う。もちろん、やることをきちんとできなくてはだめなんですが。
今季ならオズモンド、昨年ならゆづやグレイシーのフレッシュな魅力やインパクトは大きかった。
採点という主観やジャッジの好みも出てしまう競技で、そういう若い選手たちの「天然物」の勢いと勝負することもポイントだと思うんです。
ですからここで、ダイスケがSP変更という試みをすることはありだなと思いました。私はロックンロールも悪くないと思っていますが。

そうは言っても、今の採点法ではいろいろなことをしなくてはならないし、トップ選手であればあるほど難度は高く、密度のある振付。そしてジャンプの完成度も求められる今、シーズン途中でプログラムを変えるリスクは大きいですかねえ。
…って、結局何が言いたいんだか自分(汗)

アスリートの魂 フィギュアスケート 高橋大輔  予告
NHK BS1 3月4日(月)午後9時00分~9時46分
予告のビールが…そんなにうまいか(笑)
------------------------------------------------------------------------------------
World Championships 2013
London ON / CAN 10.03.2013 - 17.03.2013

(*)がついてる選手は、ミニマムスコアをクリアしていない選手、つまりこのままだと出られないってこと?(汗)

ワールドのエントリーもでそろったのかな?
キーラ欠場(涙)これはもうほんとにがっかりです。
中国はナンソンで、ハンやん補欠、だったらハンヤンをジュニアワールドに出したら?と思うのですが…。
ヨナはんも予定通りエントリー。
ロシア男子1枠はコフタン。ロシア女子は、ソトニコワ、トゥクタミシェワ、3人目でレオノワ。
レオノワ…ホッとしました(笑)これがベストでしょう。

Brian Joubert Senior Men Short Program Challenge Cup 2013
Brian Joubert Senior Men Free Skating Challenge Cup 2013
音声つけた動画は勝手に探してください(爆)
チャレンジカップのジュベ優勝!…と素直に喜びたいですが、…ああでも優勝は良かったなやっぱり(笑)
いろいろやらなくてはならんのがジュベ的に大変ですが、まずはやりたいジャンプを決めることですよね。
ジュベはジュベらしく元気に終わって、ソチのことはあとで考えるってことでどうだ?…そうもいかないか(汗)

パトリック・チャン選手 インタビュー(キヤノン ・ワールドフィギュアスケートウェブ)
満を持してのパトちゃん、プレッシャーがかかる中、どこまでできるか。
バンクーバーの頃とは違う、強いと思いますよ、マジで。

フィギュア五輪枠どう決まる?(朝日新聞デジタル)
------------------------------------------------------------------------------------
World Junior Championships 2013
Milan / ITA 25.02.2013 - 03.03.2013
Starting Orders / Result Details
ジュニアワールドも、滑走順とかいろいろ出てくるころですね。
------------------------------------------------------------------------------------
Jsportsのインターハイを見てました。レベル高いですね。
国際大会とは違って、少しゆるい雰囲気だからか、実況の赤平アナが、こんな風に見えるんですがみたいな主観を結構話していて、それが的確で新鮮。それに杉田さんがきちんと答えてくれるんですよね。

フェイがどんどん大人びて、男臭くなってきたのにびっくり。
最初に見た時は頼りなげだった中村優君は、ジャンプの軸がすごくしっかりしてきていい感じです。本田コーチもうれしそうですね。
あと、中庭健介コーチ(!)がいっぱい出てた〜。
女子は、本郷選手の勢いがすばらしい。どうして宮原さんがいないのだろう?…あ!中学生か!(汗)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
素朴な学生風EX?
別にまっちーが悪いことしたなんて最初から思ってないけど(笑)。気分転換かなーと。
気合入れたかったんですね。ただ試合終わってからの方が良かった気はするけど、思い立ったら切っちゃったのでしょうと思うことにします。
世選のことは残念だけど着実に成長していることは確かなので、GPFを経験できたことを励みに来季に向かっていってほしいです。

「月光」にすっかり心奪われほぼ毎日観てます。本当に大ちゃんの中に曲があると思う。
選手としての大ちゃんは太陽っぽく思うのだけど(氷上ではオーラで輝いているから)、大ちゃん自身の私のイメージは“月”なのでそういった意味でも「月光」で滑ってくれたらきっと素敵だろうなと想像(妄想?)はしていました。

1月はショー続きですから振付けてもらっても練習自体はSOI終わるまでほぼできないに等しかったってことですよね。
それでも変更を選んだことを応援したいし、こういう状況だったからこそ「月光」を選んだのだろうと思えるので緊急事態なのにもかかわらずなんだか嬉しいのです。
とても大変なことなのにごめんね、大ちゃん。
世選での素敵な演技、楽しみにしています。

世選にナンソン君が出られてよかったけど、ハンヤンはいきなり今季終了ってちょっとかわいそうかな。
でもジュニア優勝より四大陸3位の方がポイント高いので、試合出たいとしたら気の毒だけど連覇というのも結構大変だからランキング的に損はしないということで納得してくれればいいなと思います。

ジュベも5クワドやるとか言ってるらしいけど、怪我だけは気を付けてくださいね。
ソチの男子はジャンプ特化組と総合力で勝負組との戦いになるのかな。
パトチャンは期待を一身に受けて立つ覚悟なんですね。やっぱり強敵です。

それでも強いライバルがいてこそ今の大ちゃんがあるのかなと思うし、ソチで大ちゃんがやりきったと思う演技を観たいから、集大成の五輪に向かって突っ走っちゃってください。
私も精一杯応援していきます。
長めが好きなのに
町田君の坊主もびっくりしましたが、マリアンベスでの大ちゃんのコボちゃん?もちょっとショックでした…伸びるのが早いからワールドの頃には素敵になっているはずですよね?
以前精神状態が良くない時は髪型が奇抜になると言ってたような気がするけれど…今回のスタイルは1ヵ月後を見越した大ちゃんの美的センスの賜物と信じたい(祈)
>春紅葉さん
町田君が、ここ2年くらいでスケーティング含めどんどん成長してるのはたしかなんですよね。一般的には表彰台とか、華やかな場でようやく注目された感じですが。
ばっさり坊主って、やっぱり若いなあと(笑)

4CCのダイスケは結果はアレですが(汗)、日にちが経つと実況なし映像を繰り返し見たりしてます。
実況が入れば競技結果を意識せざるをえないですが、前後抜きで実況なしだと純粋にダイスケの演技が楽しめてしまう自分がいて…特異なスポーツですよね、フィギュアスケートは(苦笑)

> でもジュニア優勝より四大陸3位の方がポイント高いので、

ああ、そうなんですね。教えていただくまで気がつきませんでした。ありがとうございます。
ジュニアワールドも連覇するには強豪がいますからね。

ワールドの男子は、クワド合戦がますます加熱ですね。この流れはソチまで続きそう…もう戻れませんよね、これだけクワドジャンパーが多いと(笑)
ジュベ的には、望むところだと言いたいところですが、いろいろ不安はありますねえ。まずはジュベらしくパワフルな滑りをしてくれればいいかなと思っています。

パトちゃん的には、結果はどうあれこのプレッシャーに勝たねば、ソチに不安を残すことになると思うので、越えるべきハードルですね。
「結果はどうあれ」というのは、単純に全員パーフェクトなら、結果はわからないという意味で、まずできることをすべてやる、力を出し切れるかどうかということですが。まあそれは、どの選手ににも言えますね。


>Mieさん
コボちゃん、よくやるなあと思いました。
私もどちらかいうと長めが好きなんですが、今のダイスケはそういう気分じゃないみたいですね。

>以前精神状態が良くない時は髪型が奇抜になると言ってたような

シーズンオフの茶髪とかですよね(笑)今回はあれとは違いますって。
そう言えば昨年のワールド前も、ものすごい刈り上げでびっくりしましたが、あの時もワールドの時を想定しての長さでしたよね。
冷静に1ヶ月後を考えて準備する、そういう慎重さはダイスケらしいなと思いました。
調整もそんなふうに着々と準備できているのではないでしょうか。


管理者のみに表示
« 雪解け | HOME | 春は遠く »