FC2ブログ

震災から2年、関連報道番組の予定など

2013年03月06日
3.11に向けて、福島でもイベントやら何やらが開催される模様。昨年のような鎮魂や危機感をスローガンに掲げたイベントは少なくなり、今年は音楽祭みたいなものが多いようです。私は特に参加の予定もなく、平常通りです。

「震災を風化させない」とか言いますが、それは無理(汗)止めようもありません。
問題は、風化ではなく「復興」ではないかと思う。

3.11にむけ、TVでは特別番組が多くなってきました。おもだった報道番組だけでも相当あります。
見て下さいというわけではないですが、多少なりとも、ご縁や関心のある分野で番組があるようでしたらご覧になって頂き、震災を自分なりに考えるきっかけになればいいなと思っています。

震災から2年、今になってわかること、できることもたくさんあります。
今になって、何かをしようと思うこともあるかもしれません。それが遅いということもありません。
いろいろな考え方があります。
たとえば、この番組おかしいんじゃないかなと思うことも、問題をクリアにするためには大事なことです。
番組をきっかけに少しでも被災地を理解していただけたらと願っています。

暗い番組ばかりではないと思いますが、くれぐれも無理はしないで下さい。無理に見ていいことは何もありません。
それにしても多い、すべてを網羅しているわけではないのでご了承ください。

番組内容は見ていないので保証できません…すまん(爆)
正直、有名人出してやっつけかな?とか、いわゆる美談シリーズかな?という番組も多そう(汗)
私とて全てを見るのは不可ですが、必ず見るだろう番組に「★」をつけておきます。地球規模の巨大地震も原発も人も、あの時何が起きたのか、私は知りたいという観点です。
(※一部地域では、放送されない場合があります。)
------------------------------------------------------------------------------------
●3月7日(木)
3.11 あの日から2年
何が命をつないだのか~発掘記録・知られざる救出劇~

NHK総合 2013年3月7日(木)午後10時00分~10時49分
被災直後、自衛隊などが救援に到着するまでの間、被災した人々は瀬戸際の状況を自分たちで乗り越えるしかなかった。瀕死の重傷者の搬送。ライフラインの確保。飢餓の克服。極限状態の現場には、名も無き人々の、多くのドラマがあった。そこには、次世代に引き継ぐべき教訓が満ちている

青春リアル 特別シリーズ 福島をずっと見ているTV vol.22
「避難している人と地元の人をつなぎたい」

Eテレ 3月7日(木)午後11:30~11:24
再放送/3月12日(火) 午前1:00~1:24 ※11日深夜
福島の人たちは、この2年間、震災前にはありえなかった選択を迫られ続けてきました。避難するか、しないか。子どもを外で遊ばせるのか。国や県の発表をどこまで信じるのか。福島の野菜を食べるのか。
そして、違う選択をした人たちのあいだには、お互いに悪気なんてないのに、どこかぎくしゃくした空気が流れることがありました。今回は、番組始まって以来の公開収録です。

(3/8追記)当初の告知と違う内容になっていました。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月8日(金)
3.11 あの日から2年
わが子へ~大川小学校 遺族たちの2年~

NHK総合 2013年3月8日(金)午後10時00分~10時49分
巨大津波によって全校児童108人のうち70人が亡くなり、4人の行方が今もわかっていない、石巻・大川小学校。学校の管理下で唯一、多くの犠牲者を出した“震災最大の悲劇”といわれている。
今なお続く大川小の“悲劇”を見つめる。大災害が人々にもたらした傷の深さ、「復興」という言葉からほど遠い現状を踏まえながら、深い悲しみの淵からの、「人間の再生」を見つめたい。

BS1スペシャル 「波のむこう~浪江町の邦子おばさん~」
BS1  3月8日(金)午後11:00~午前0:40
国際共同制作。ロンドン在住で母の故郷が福島県浪江町の三宅響子ディレクターが今も原発事故の渦中にいる親類の姿を追った。

バリバラ 東日本大震災から2年~被災地の障害者はいま
Eテレ 3月8日(金)夜9:00〜
日本大震災から2年。被災地の仮設住宅では、孤立している障害者が数多くいる。さらに福島県の障害者は原発事故でヘルパーが県外に避難、十分な支援を受けられなくなった。被災地を訪ね、いまだ困難を極める障害者の暮らしについてリポートする。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月9日(土)
報道特別番組「0311 知られざる心の闘い」
フジテレビ系列 3月9日(土) 午後1:30~ (約2時間)
東日本大震災発生から、まもなく2年。
被災地で疎外感・孤立感を抱え、苦しむ被災者の方たちと支える医師らに長期密着取材。さらにアメリカにおける「惨事ストレス」へのさまざまな対処についても、現地で徹底取材。こころの危機を抱える人たちの「こころの再生」の道筋をドキュメンタリーで探っていきます。

土曜プレミアム・突入!福島原発に挑んだ男たち~激闘秘話!命と執念の12日間
フジテレビ系列 3月9日(土)21:00~23:10
2年前、東日本大震災によって福島第一原発は制御不能となった。東日本壊滅という“最悪のシナリオ”を食い止めるため、自衛隊、消防隊は言うに及ばず、名もなき人々がさまざまな行動を起こし日本を救ったことを知る人は少ない。
それはALL JAPANとも言うべき総力戦だった。

3.11 あの日から2年
福島のいまを知っていますか

NHK総合 2013年3月9日(土)午後9時00分~9時58分
原発事故によって、世界がその名を知ることになった福島。しかし、世界も注視するこの異常な状況は、断片的には報じられるものの、トータルとして伝えられることはなかった。住民はどう移動し今どこにいるのか。大地の汚染はどう変化したのか。そして、人々の暮らしや健康への影響はどこまで分かり、これから人々はどう生きていこうとしているのか・・・。
最も困難な復興の道のりを歩む福島の、再生への手がかりを探っていく。

ドキュメンタリーWAVE 
★「原子力“バックエンド”最前線~イギリスから福島へ~」
BS1 
放送: 3月 9日(土)22:00~22:49
再放送: 3月10日(日)12:00~12:49/3月15日(金)18:00~18:49
これから何十年かかるかも分からない東京電力福島第一原子力発電所の事故処理。東京電力や経済産業省では、諸外国の技術や知見も導入しなければ、この未曽有の事故処理に対応できないとして、その導入計画を進めている。なかでもイギリスは、1957年にレベル5の原子炉事故を起こし、その処理が未だに終了しておらず、他にも様々な事故処理や廃炉といった、いわゆる原子力の「バックエンド」の課題を「先進的」に抱えており、政府や企業などが一体となった機構の創設や、新技術の積極的な開発に苦心してきた。その姿は、福島の事故処理の「これから」に重なり、その技術が今年福島に導入される予定である。「事故処理先進国」イギリスの原子力“バックエンド”最前線をルポする。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月10日(日)
東日本大震災から2年 特集 明日へ~支えあおう~
NHK総合 
3月10日(日) 午前10時05分~11時54分 午後1時35分~4時30分
3月11日(月) 午前10時05分~11時00分 午後1時05分~4時00分
岩手県大槌町をキーステーションに、震災から2年になる人々の“今”を、2日間にわたって伝える。10日午後の番組は、岩手・宮城・福島の3県からの報告。被災した人々の現状と課題、復興に向けた動き、原発事故で県外避難を余儀なくされた人々の現状などを、中継を交えて伝える。ゲストは俳優・村上弘明、南果歩、医師・鎌田實、歌手・臼澤みさき。

BS1スペシャル  THE NEXT MEGAQUAKE 巨大地震
BS1  3月10日(日)午後7:00~8:50
日本を襲ったM9.0の超巨大地震。地震研究の最先端を行く日本の科学者たちが築き上げてきた自信は、完全にうち砕かれた。しかし、日本列島にくまなく張り巡らされた世界でも類を見ない地震観測網は、人類史上初めて巨大地震と巨大津波の全貌を捉えていた。
人類が初めて手にした「膨大なデータ」と、その瞬間を捉えていた「膨大な映像」。それらを手がかりに、次の巨大地震に立ち向かう地震学者たち。地震学がたどり着いた最新の知見を地球規模の視点で取材し、“次の巨大地震”に迫っていく。

3.11 あの日から2年
メルトダウンⅢ~“同時多発”事故の全貌~(仮)

NHK総合 2013年3月10日(日)午後9時00分~9時58分
再稼働をめぐって社会的な議論が続く原発。福島第一原子力発電所の事故が、なぜどのように起きたのか。取材で浮かび上がってきたのは、“複数号機”が同時多発的にメルトダウンを起こすという世界で初めての事態が、事故の対処をより困難にした、という事実だった。型が全く異なる冷却装置を使ってメルトダウンへの対応を行った1号機と2号機。現場では2号機への危機感が強かったにもかかわらず、実際の事故の進展は1号機の方がより危機的だった。また3号機と4号機では、稼働中だった3号機の原子炉の冷却に力を注いでいる間に、運転が止まっていた4号機燃料プールの1535本の使用済み核燃料棒がメルトダウンの危機にさらされるという事態に陥った。
番組では、さらに国内外の専門家チームとともに、原子炉を模した海外の巨大な施設での実証実験やコンピューター解析(コンピューター・シミュレーション)を実施。そこからは原発の安全性の根幹に関わる驚くべき事実が浮かび上がってきた。事故は本当に防げなかったのか。全国で原発再稼働の動きが進む中、事故の教訓はどこまで生かされているのか。証言に基づく再現映像やデータに基づくCGを駆使して検証する。

そうだったのか!池上彰の学べるニュース 2時間スペシャル
復興のいま 緊急SP

テレビ朝日系列 2013年3月10日(日)午後9時00分~

ETV特集
何が書かれなかったのか~政府原発事故調査~
2013年3月10日(日) 夜10時
【再放送】2013年3月17日(日)午前0時50分 ※土曜日深夜
数十名の専従チームが1年がかりで史上空前規模の調査を行い、東電や国の問題を次々と明らかにした政府原発事故調。実は、調査にあたった元委員の多くが報告書に満足していませんでした。新たな安全規制の原点となる事故調報告に、一体何を書くことが出来なかったのか。なぜ書けなかったのか。非公開で進められた政府の原発事故調査の内幕が、初めて明かされます。

NNNドキュメント’13
3・11大震災 シリーズ 命の砦…災害医療 石巻市立病院の教訓 55分枠
日本テレビ系列 2013年3月10日(日)24:50~
津波に襲われ患者、医師、看護師ら450人が孤立した宮城県・石巻市立病院。命をつなぎ止めようと奮闘した医師たち、家族の安否もわからぬままに患者に尽くした看護師の献身。災害派遣医療チームDMATが到着したのは震災3日目の3月13日。聞いていた任務は術後患者1名の転院搬送。しかし、目の当たりにした状況に、到着したDMATの医師は決意する。病院を丸ごと脱出させなければ…前例のない作戦には様々な壁が立ちはだかった。組織を超えて、病院脱出は成し遂げられる。
------------------------------------------------------------------------------------
●3月11日(月)
”震災”今も…732日目の真実
テレビ朝日系列 TBS系列2013年3月11日(月) 午後1時55分~
去年4月、約1年ぶりに立ち入りが可能になった原発から15キロの街・福島県南相馬市、そして津波で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市からの2元中継を中心に、被災各地から生中継。

3・11報道特別番組 大震災2年 復興と現実 ~被災地の「今」あなたは知っていますか~
TBS系列
第1部:3月11日(月)午後2:00~午後5:00(生放送)
第2部:3月11日(月)午後6:15~午後7:55(生放送)
未曾有の被害をもたらした、東日本大震災は、3月11日で、発生から丸2年を迎える。この間、復興が進んだ場所もあれば、遅々として進んでいない場所もある。被災地が今、抱えている問題とは、一体何なのか。そして、被災した人たちは今、何を思っているのか。

3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 
故郷を取り戻すために~3年目への課題~

NHK総合 2013年3月11日(月)午後10時00分~10時58分
東日本大震災の発生から2年。この間、津波で甚大な被害を受けた東北の沿岸各地では、住民の高台移転と沿岸部の再整備が急ピッチで進められようとしている。ところが、莫大な国費も投じて動き出した各地の復興事業が、いくつもの壁にぶつかり暗礁に乗り上げている。番組はその現実を、①想定外の人口の流失や企業誘致失敗によって生まれようとしている膨大な「事業空白地帯」、②被災者同士による「住民合意」の膠着状態、③膨大な復興業務による「自治体職員の疲弊」という三つの視点から浮き彫りにし、課題解決の道筋を探していく。
-----------------------------------------------------------------------------------
●3月12日以降

BS世界のドキュメンタリー 
シリーズ エネルギー消費を考え直す
★○カーボン・ラッシュ ~CO2排出権ビジネスの実態~
BS1 3月12日 火曜深夜[水曜午前 0時00分~0時50分]
京都議定書の目標達成のために作られた<温室効果ガス排出権取引>という仕組み。本当に地球温暖化を防止しているのか。
○クリーンテクノロジーは地球を救うか
BS1 3月13日 水曜深夜[木曜午前 0時00分~0時50分]
クリーンテクノロジー(環境技術)はいまや最も注目される市場。ビル・ゲイツなども巨額を投入し、ベンチャー企業への投資額としてはITや医療機器を抜いてトップとなっている。これからのクリーンテクノロジーは、大規模に導入されるため大きな利益を生み、環境への貢献度も高いとされている。オランダや中国の実際のケースを取り上げ、世界で急速に進む技術革命の舞台裏に迫る。

海をわたる“震災漂流物”
BS1スペシャル 3月15日(金)午後11:00~午前0:49

証言記録 東日本大震災  福島県葛尾村 ~早期全村退避を決行した村~(仮)
NHK 2013年3月17日(日)午前10:05~10:48

関連記事
福島で暮らす | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
あの日から2年 何が命をつないだのか
●3月7日(木)
3.11 あの日から2年
何が命をつないだのか~発掘記録・知られざる救出劇~
NHK総合 2013年3月7日(木)午後10時00分~10時49分

前半の映像、あまりにも衝撃的でした


最後のナレーション
「(記録を)残してゆかなければならない…」
制作者の意思を感じました。


>サマーオレンジ さん
そうですね。
見渡す限り、何もかも破壊されたあの場所で、何日も孤立しながら過ごさなくてはならなかったことを思うと、胸が詰まりますね。
でもあれが現実であり、それでも人はあきらめないし、希望を持って生きることができる、人はすごいです。



管理者のみに表示