FC2ブログ

2018年火星の旅

2013年03月01日
「2018年火星の旅」、米民間団体が計画 501日間で往復 2013.02.28 Thu  CNN
米富豪らの設立した団体が27日、2018年に男女2人を乗せた宇宙船を打ち上げ、501日間かけて火星付近まで往復する宇宙旅行の計画を発表した。
宇宙船は火星から約160キロまで接近するが、着陸はしないまま地球に戻る。米航空宇宙局(NASA)も火星への有人飛行を計画しているが、着陸を伴わなければ計画は、はるかに容易だ。乗員の選考は打ち上げの半年~1年前に行う予定で、夫婦が選ばれる公算が大きいという。
NASAには資金提供を求めず、米国のための「慈善事業」として実施。記者会見では放映権の販売やスポンサー募集などで資金を調達する計画も発表された。


有人火星ミッション、計画の詳細発表 National Geographic News February 28, 2013
【求む】男女各1名。50代初め~半ばで、夫婦が望ましい。冒険を楽しみ、ともに長期間を同じ空間で、例えば501日間を0.93立方メートルのカプセルおよび居住空間で過ごせる人。さらに火星に興味がある人。

ついにこういう話になってきたのだなあと。
まあ、今の時点ではハードルありすぎて突っ込みようもないですが(汗)
火星に着陸しないならば、早い段階で実現可能、宇宙船は定員2名なので、夫婦かカップルがいいのでは?ということらしい。

vddlkimsva
火星ミッション用宇宙船(想像図)

これとは別に、NASAは2030年代に火星有人探査を計画しています。

関連記事
サイエンス・ネイチャー | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
乗船料は無料なの?
推進力は地球や火星の引力だけだとか…。
地球を飛び出し火星に近づいたら、その火星の引力で方向転換して地球に帰還するらしい。

船内娯楽とか全くなさそうだし、外は見えるのかな。
見えたとしてもプラネタリウム張りの天空ショーが見られるわけではなく、来る日も来る日もほぼ暗闇ではねぇ。

心身どちらも健康なままいられるとはあまり思えないけど、超目立ちたい熟年夫婦向け事業かしら?
>春紅葉さん
この報道の感じだと、スポンサーとって打ち上げ、参加者は実験台って感じですね。
1年以上二人きり…(汗)考えただけでもめまいしそうですが。
ISSはネット環境が整っていて、クルーは時間があれば家族に電話できたり、Twitterでそこらへんの人たちと交流できたり、テレビ番組や映画を見ることも可能で、ここ2、3年は孤独感にさいなまれるようなこともなくなったと言われてますが、火星となるとねえ。

>超目立ちたい熟年夫婦向け事業かしら?

あはは、思わず吉本の芸人夫婦とか?と思ってしまいました(笑)


管理者のみに表示