FC2ブログ

2013ワールド アイスダンス ・シュピルバンドコーチ出ずっぱり

2013年03月27日
Starting Order / Result Details

アリソン・リードが西川史子に見える(汗)
スペインのカップル、ウルタード&ディアズ、なんか面白いな。コーチはマリパト〜。

ギルス&ポワリエ
ポールがんばれ!ポール姿勢いい、ポール美しい〜。今日もポールに目が釘付け。
楽しい、競技であっても、このほんわか明るい雰囲気がいいな。
パイパーのTwitterに、真央ちゃんと2人ポピンズの写真あるよ。

前半にポールたちだと、その後の選手が辛いかも。
トビアス&スタグニナ、ちょっといいなあと思う雰囲気。

チョーク&ベイツ
華やか〜振付が個性的で見ちゃいますねえ。テクニカルはよくわからないけれど、二人のラインがとてもエレガント、独創的な振付でも品の良さを失わない。

ゾロビナ&シツヌコフ、おもしろい〜不思議ちゃんなプログラム。
リード&リード、ツイズルのミス以外は良かったと見えましたが、リフトのタイムオーバーか〜。
リャザノワ&トカチェンコ、優雅なワルツから、いつもよりはちょっとおとなしいかな。
キャロン&ジョーンズ、楽しいプログラム!
それにしても、さっきからシュピルバンドコーチ出まくり!

デイビス&ホワイト
すばらしい〜。パンチのある冒頭、バレエらしい美しい振付、弾むポルカ、それぞれ楽しめるプログラム。リフトが空飛んでるみたいだねえ。おおSB〜。

クームス&バックランド、楽しいけれど、きっちり決めてる感じ。SBでお〜プラトフコーチ嬉しそう。ちょっと貫禄が(汗)

ジガーシナ&ガッシー
雨の日に始まる中年男女の不倫…みたいな出だしから。かわいいんだが、なんか中年っぽい雰囲気が(汗)
悪くない、悪くない、もうちょっと若さがほしい。

ウィーバー&ポジェ
故障明けの今回は厳しいと思ってましたが、すばらし〜!
サウンド・オブ・ミュージック、ケイトリンが雪山に咲く青いケシのような。美しい、そして爽やか。

バーチュー&モイア
4CCの時のような明るさからちょっと落ち着いたような感じ。すばらしくうまいのはわかるけれど、このプログラムは何をしたいのかよくわからない。
SDに関してはメリチャが上だろうなあ。

ペシャラ&ブルザ
フレンチ〜。この小洒落た雰囲気を維持しながらエレメンツをこなすのはやっぱりすごいな。
ブルザはまだ足に痛みがあるらしい。

カッペリーニ&ラノッテ
スケーティングのキレ、スピード感、いいですねえ。こじんまりした感じからスケールアップ。

渋谷&渋谷
衣装がブルーに一新、こっちの方が似合うが、メイクはあれでいいのか?
気迫のこもった、今シーズンベストの出来だったと思う。

イリニフ&カツァラポフ
なんだこのアウェー感?(汗)悪くないよね?ピシッと決まる感じがちと弱いかな?

ボブロワ&ソロビエフ
コーチ変わって若返った感じ…まだ若いんです(笑)
カーチャがかわいい。流れのあるいい内容、スタンダードですがパーフェクトです!SB、すばらしい。

SB続出も、ハイレベルなので、最終グループにも残れない組が多数(汗)おもしろかったです。
リード姉弟、フリーギリギリセーフ。

◯FD
リード&リード
素人目ににもわかるミスということは、得点が伸びないだろうなあと、なんとなくわかる。極端に低いわけではないですが、全体がハイレベルだし…ぶっちゃけ今回は、得点より順位が大事なんですよね(汗)
素敵なプログラムだけにいろいろ残念でした。

トビアス&スタグニナ、ラフマニノフピアノ協奏曲2番、始まりは普通な感じだったんですが、どんどん引き込まれました。美しくて雄大なプログラムでした!
ウルタード&ディアズ、おお〜見たことないスピン?…じゃないリフトか?お盆みたい。

ジガーシナ&ガッシー
でた!ゾンビ!
昨シーズン非業の死を遂げたロミジュリが、ゾンビで蘇ったとしか(汗)しかも、死んだら年取らないはずがなぜか年取って、倦怠期の夫婦みたいな(笑)
ダメだ…いちいちおかしくて、おかしくて…競技とかどうでもいい。
やった〜SB!インタビューも楽しい。

ギルス&ポワリエ
ポール頑張れ!
ああ〜ポールが、すばらしいツイヅルから両手付き、これは痛い(汗)
ポール悲しそう。

イリニフ&カツァラポフ
プログラムはすごく良くなってきたなあと思いますが、好きかっていわれると…(汗)
ミスはあったけれど、雰囲気は伝わってくるし、今回はスケーティングがすごく良かった、リフトはエレガントで流れも美しい。
ニキータのしなるような体の動きは、男性ではあまりいないような気がする。
あ〜得点が(汗)

渋谷&渋谷
SAYURI、テクニック的はうまいなあと思う。ツイズルすばらしい。プログラムがちょっと地味なんだよね。
来季のSDフィンステップは得意そうだし、もう来年に期待ってことで。

選手の囲みインタビューが、相手に関わらず常に率直で、相手の言葉を待つという姿勢、トップアスリートとして扱っているのも気持ちいい。もちろん答える選手も大人な内容。
かわいい女の子は子ども扱い、感動的な涙やあらかじめ聞き出したい言葉を考えながら、無駄な努力をする日本のアホなインタビュアーとは大違い。

チョーク&ベイツ
カーブリフトの流れが美しい。
ロマンチックなメロディーで一気に世界観に引き込む、中盤盛り上がったところで、華やかでおおきなリフト、構成、振付がすごくよくできてるんですよね。
すばらしい、SBも納得。

ウィーバー&ポジェ
初披露の頃は彫像を意識しているせいか、文字通り硬い感じが損かなと…でもとてもドラマチックなプログラムになってます。
ケイトリンの衣装が純白に。ケイトリンが神々しいまでに美しい。ポジェも優雅で力強い。エンディングもちょっと変わって、ハッピーエンドっぽい感じが良かった。
そしてパーフェクト!ガッツポーズ、すばらしい。亀さん夫婦もうれしそう。
インタビューは、ケガで十分な練習ができなかったこと。ケイトリンの「最下位でもかまわない」という言葉に覚悟がありますね(涙)

バーチュー&モイア
カルメン、曲アレンジがちょっと変わったかな?
テクニカルは高いレベルあること以外はよくわからないけれど、男女の深みにはまっていく怖さ、エロさ、スリリングさはシーズン前半の方があったような気がする。なんか明るくなったような。
インタビューはちょっと冷めた感じが(汗)

カッペリーニ&ラノッテ
またカルメン!キレのいいツイズル、スピードがすごいな。とにかくスケートの進化がすごいです。
小悪魔カルメンに翻弄されるホセ、展開の速さが見所か。良かったです。

デイビス&ホワイト
冒頭から濃い〜。ジプシーのエキゾチックな雰囲気たっぷり。
速すぎるリフト、疾走感がすごい。なんか、すさまじい気迫です。
そして…優勝です!
オリンピックを来季に控えこの結果は大きいですね。

ボブロワ&ソロビエフ
トスカ病院、精神を病んだ男女の話。雰囲気がガラッと変わります。
基礎的なところがしっかりできているからこそできる前衛的なプログラムなんでしょうね。
この難プロを迷いなく、でここまで引き込める表現は立派です、ズーリンさん。

ペシャラ&ブルザ
今度はローリングストーンズ!
ロックでもおしゃれ〜。メリハリもありますよ。
あ〜ちょっと点が伸びないかな、パワーがちと弱かったか?総合6位。故障明けですからね。
ブルザ「ケガを忘れるような演技がしたかったけれど、ちょっと早すぎた」

メリチャとテッサたちは抜きん出ていますが、ペシャブルは故障明け。ボブソワ、アンナちゃん、ポジェ組、ベイツ組、渋谷、この辺りはいつどんな入れ替わりもありの混戦です。
ハイレベルなダンスでした。今季に限っていえば、プログラムの良し悪しも順位に影響したような気もします。
インタビューはいずれも来季のことにフォーカスしてますねえ。あと1年。

おお〜メダルセレモニーの国歌は今回も生歌、アメリカ国歌が新鮮に聞こえる。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
ウィーバー&ポジェ組♡
ニルギリさん、遅くに失礼します^^;

Jスポのアイスダンス、解説がSDとFDで違う方でしたけれど
お二人とも凄く丁寧で、選手への愛も感じられて
快適に見る事が出来ました!
また、千鶴さんのかゆいところに手が届く、
でも、決してでしゃばり過ぎない実況に感心した次第です!!
まぁ、これが当たり前なんですけどね~

ウィーバー&ポジェ組よかったです♡
今季、ケイトリンの怪我→手術を乗り越えて
自国開催のワールドに間にあった2人。
もう、滑る喜びがひしひしと伝わってきてウルウルしました!
本当にマリアも彫像もキラキラと美しかったなぁ…

国別にも来てくれますよね、楽しみです!!
それから、ペシャプル組のローリングストーンズの
パーフェクトな演技を是非とも見たいなぁと^^
(ファビアンの怪我が良くなってますように)
>まっきーさん
アイスダンスの実況は、ずばり通好みですよね(笑)
Jスポはありがたいですが、ダンスもペアも地上波でどんどん放送すれば、日本の競技人口も増えると思うんですが。

ウィーバー&ポジェ組は今季はないなと思っていたのですが、すばらしくて感動しました!
国別はシーズン最後、いい演技ができそうですよね。
ペシャブルも楽しみです。
遅くなりましたが
私も感想を。
あ(汗)、こんにちは!ニルギリさん♪

録画しておいたJ-spo版アイスダンス、この週末やっと見終えました。いやー、ペア同様こちらも第一グループから予想を裏切る好演技・良プロの連続に何度拍手をしたことか。20組もいたのに最後まで飽きることなく楽しかったー!全体的にレベルが上がりましたよね。

リード組はオリンピック枠を逃す結果となり本当に残念でした。。。(涙)来シーズン初めの予選を何とかクリアし、ぜひぜひオリンピックに出場出来ますように祈っています。
スペインのウルタード&ディアズ組、ショートダンスだけでなく、得点こそあまり伸びませんでしたがフリーもとっても良かったです。オープニングの女性による(笑)力技リフトや最後のコレオリフト等、印象的な振付が満載で都会的なセンスに溢れていて北米的だなぁ、カナダのスケートファン絶対これ好きだよなぁと思って見てたら、コーチ・振付ともマリパトで納得した次第です~。
前半ではイタリアの若手も良かったです。あとアゼルバイジャンのショート・フリー両方、ちょっと変わった振付で大いに笑いました。減点ギリギリのラインで振付けをし、「これはどう?」「じゃこれは??」と窮屈なルールに挑戦し続けて『とんがってる』ズーリンさん、私は大好きです~♪素晴らしい技術を持ち合わせているのにシニアで伸び悩んでいたボブソロ組が(ペシャブルの故障明けの影響がありも)念願のメダルに今回届いたのも、殻を破らせたズーリンさんの功績ですよね。そういった意味ではイリカツ組がもう少し我慢してズーリンさんの所に残っていたら、今頃どんな風になっていたかなと思うとちょっと残念です。
今回国際ジャッジの前でロシアの一番手が誰か明確になったので、ソチではロシアのスケ連もボブソロ組を押すだろうし、銅メダルに届くかもしれませんね。ナタリー達を応援している身としては複雑ですが。。。
ドイツのゾンビー組(爆)はもう涙が出るほど大笑いしました!PCSがここではSSに連動せずPCS後半のカテゴリーに8点台連発だったのも痛快で!個人的にはメダルをあげたいくらいです~。全米でお馴染みのPewter medalでどうでしょう♪

今回私が目を見張ったのは、シュピルバンド門下生達のスケートの進化でした。特にアンナちゃん達は今シーズンは『大化け』した感が。続けてカルメンを見ても、しかもオリンピックチャンピオンの後でも全く見劣りせず素晴らしかったです。あと、チョーク・ベイツ組もカーロン・ジョーンズ組もトビアス組、ロシアの3番手も!ジョーンズ君、男前になって(笑)何よりスケートが上手くなりましたよね。昨シーズンまではシロート目にもカーロンと実力差がわかってしまい可哀想でしたが。元の所属リンクとのトラブル(シュピルバンドさんが追い出されたような形)でどうなるんだろうと少し心配してましたが、今回門下生はどのチームも素晴らしくて、シュピルバンドさん、本当に良かったですね。

最終組は当然のことながら見ごたえありましたね。オリンピック前年のワールドで、しかもテッサ達の地元でメリル達が明確に勝てた事実は本当に大きいですね。解説の方が現在のツートップに関して、スコットとチャーリーのプログラムへのアプローチの違いと、それに百点満点で応えられるテッサ・メリルの確かな技術があってこそとの説明、とても面白かったです。私的には、スケートが凄く得意でスゴ~ク負けず嫌いで大人に成り切れない少年がふたりいて、それを支える女性陣の、技術だけではない性格のおおらかさと大人な対応、それこそお釈迦様のような包容力があってこそと思ってますが!(笑)
>deedee1さん
ワールドのダンスも楽しかったですね!
リード組は10位圏内も狙っていたはずで、本人達の落胆ぶりがブログからも伝わってきます。まだソチへのチャンスはありますから、なんとかがんばって欲しいです。

ダンスはキャラいろいろいておもしろいですよね。
カナダという事もあるのかマリパトがたくさん出てましたね。
それより、シュピルバンドコーチは大会のプロデューサーかなんかですか?というくらいの登場頻度であっけに取られてました(汗)
すっかり悪役扱いになっていたあの騒動はなんだったんでしょうね(汗)
でも彼が見た選手達の多くがすばらしいステップアップをしていて、すごいコーチなんだなと改めて感じます。

ボブソワはちょっと古くさ…いやいや、クラシカルな雰囲気が好きだったので、ズーリンさんのところで大変身した事は、喜ばしくも実はちょっとさみしいような気もしてるんです。
でも彼らを表彰台を狙えるところまで押し上げた功績は大きいし、おっしゃるようにロシアで何番手かというのはとても重要なんですよね。

イリカツは…どうなんでしょうねえ?ニコライは基礎が必要な若い選手を見るのが(シングル含めて)あんまり得意じゃない気が…(汗)
イリカツは正直ズーリンさんの所にいたほうがよかったのでは?と思ってます。ただ聞いた話では、ニコライがシュピルバンドコーチにも見てもらうと言ってるそうなので、いい方向へいけばいいですが。
またシュピルバンドかよ!…ですが(苦笑)
ちょっと気になっていたのはシブタニ組みで、彼らこそシュピルバンドについて行くべきだったんじゃないかなあと。言ってもはじまらないですが。

ペシャブルは今回故障明けでしたからね。ちょっと辛いとこです。そういえば去年はナタリーの鼻が骨折でした~(汗)
彼らの大人でおしゃれで雰囲気は、他の選手にない強みですから、故障さえなければ大丈夫ですよね。

ジガーシナ&ガッシーは、もう競技を忘れますよね。でも結果がなければモチベーションにも影響しますから、今回SBも更新できたし、ウケたし(笑)よかったなあと思います。

テッサたちとメリチャの2トップは、ソチまで続きそうですね。2組ともすごいです。
テッサたちはソチで引退を表明したみたいですが、メリチャは故障もあまりないようで、フィジカルの心配がないなら、まだ若いですし次のオリンピックまで突っ走ってくれていいなと思ってます。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>kさん
チョーク&ベイツ、すてきでしたね!
もともとうまいカップルだとは思ってましたが、一気に花開いたような感じです。
ウィーバー&ポジェは、今季は無理ではと思ってましたが、すばらしかった。演技後のコメントにも泣かされました。テッサたちが長くトップに君臨し、2番手か3番手かでも苦労してきたカップルですからね、やっぱり芯が強いのかなと思いました。
リード組は10位圏内狙ってましたら、落胆も大きいですが、今季のプロは本当に素敵だし、実力もだんだんと認められてきたと思うので、頑張ってほしいですね。
渋谷組は残念でしたね。ぶっちゃけシュピルバンドコーチの不在の影響をもろに受けたような気がします。スケーティングがちょっと甘くなったような気がして、彼らには徹底した基礎がためが、シュピルバンドコーチのような存在が必要なんじゃないかなと。

テッサたちとメリチャは、全ての面で抜きん出ていると思うのですが、この2トップ体制が長くなりましたねえ。ここに迫るカップルが出てくれば、またおもしろくなるんでしょうけど。
テッサたちは、ソチで引退と聞いていますから、最後のプロに何を持ってくるのか、そこは楽しみです。


管理者のみに表示