FC2ブログ

楽しみにしている番組「大沢たかお 神秘の北極圏」

2013年03月28日
1年前に放送されたプローズンプラネットは南極、そして今回は大沢さんが北極を旅します。
圧倒的な自然美を撮影できるのはNHKの独壇場かな。
「光と闇が交錯する神秘のスペクタクル」などと聞くと、わくわくします。楽しみです。
--------------------------------------------------------------------------------
BSプレミアム 大沢たかお 神秘の北極圏

2013年3月31日 (日) 午後8時~8時59分
プロローグ「北極 もうひとつのフローズンプラネット」
35日にも及ぶ大沢の北極の旅に密着。人も機材も凍りつく困難な撮影の舞台裏のメイキングと、空撮やラジコンヘリを駆使した壮大な自然の極地をハイライト映像で紹介。シリーズの見所を伝える。

2013年4月13日 (土) 午後9時~11時
第1夜「奇跡のオーロラ大爆発」
極寒のカナダ、ツンドラ地帯へ。夜空一面を光が覆いつくす“オーロラ大爆発”を求めて冒険の旅に出る。2013年は太陽活動が活発になり、巨大なオーロラが発生する可能性が高い。しかし、いつどこで発生するかは直前までわからない。凍りついたツンドラに冬の間だけ開通するアイスロードを、オーロラハンターとともに疾走し、大沢は宇宙から降り注ぐ光の洪水を体感する。

2013年4月20日 (土) 午後9時~11時
第2夜「幻想の夜明けブルーライト」
舞台は、北欧ノルウェーのフィヨルドの海と北極海に浮かぶスバールバル諸島。2月、数か月にわたる長い夜が終わり、太陽が姿を現す。ブルーライトと呼ばれる幻想的な青い光に、空と大地が包まれる。極北の人々は太陽の復活に喜びを爆発させ、氷の原野では陸上最大の肉食獣のホッキョクグマが冬籠もりから目覚める。幻想的な光のなか、大沢は北極の氷の海へと旅立ち、ホッキョクグマ母子と遭遇する。

スペシャル動画
--------------------------------------------------------------------------------
特集 極地を旅した男 大沢たかおさんにも美力インタビュー


関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示