FC2ブログ

フィギュアスケーター味付けMAP Ver.6(2013.6)

2013年06月29日
時が流れれば、スケーターの個性や方向性も変わる。その印象を分布図にしたらどうなるか?独自データ(=妄想と偏見)を元に作成するフィギュアスケーター味付けMAP。
頼まれもしない年2回企画、今回でもう…6回目ですよ!(汗)今回は2012-13シーズン終了時の現在地確認。

…の、つもりだったんですが、回を重ねて…毎回頼まれもしない図を描いてますとですね…なんとなく方向性が見えてくる…ような気もするわけですよ。
なので、今回はシーズン終了後に伴う、来季の方向性を織り交ぜてみます。
というか、2013ワールド直後から、皆さん次のシーズンにシフトしてると思うので(苦笑)
そうはいってもあくまでお遊び、私の勝手な印象に基づいていますのでご容赦を。

白文字が振付師・コーチ。成績は完全無視!センター付近にいるからバランスが良いという意味ではありません(笑)
前回のポイントから移動が大きかった選手を→で表記。●が前回の位置、ネームが現在地。
Ver6
ローリーとウィルソンで2大勢力の昨今です。
○人気ブランド、ローリー
やはりブランド力が違うとしか。顧客も王道路線。
一見普通に感じる味付けも、奥深く飽きがこない。見た目は品良く美しく、それ以上を感じ取るのは客の力量。気がつかないうちに試されている事に気がつけ!
この味がわからない、理解できないとは言わせない、言いにくい(汗)

○オーサー&ウィルソン&時々ジェフ
オーサーのプロデュース&ウィルソンの味付けは、勝利の方程式か?くらいの勢い。
顧客の好みとステップアップ、このバランスが絶妙。どんな顧客にも対応可能なメニューの多さも繁盛の理由かも。
時々やってくるシェフ…じゃないジェフが、これまたいい仕事するのもポイント。

○亀さん&クリロワ&マッシモ
一時期の飽和状態は落ち着き、逆にほっとしてるかも。
誰でもモノにできる味じゃない、向き不向きもある。客に迎合しすぎないのは通好み、味のわかる人だけくれればいいんじゃないかと端から見ててそう思う。

○佐藤家&ユカ
こちらも一時期の飽和状態から落ち着いたかも。
基本は水、清流のごとき味を求める者が門をくぐればいい。

○格式のタラソワ
母国開催の一大イベントを控え、力が入りまくり。血圧気をつけて!
芸術性は何か…語り始めると300年くらいしゃべってそう(汗)
母国選手も大事だが、フィギュアスケート界を押上げ、リーダーシップを取るべきはロシア…という意気込みは頼もしい。

○老舗ミーシン
母国開催の一大イベントを控え、力が入りまくり。血圧気をつけて!
(ほぼ)ロシア系以外お断りはある意味わかりやすい。ロシアにおけるロシア人のためのミーシンレストラン…と言える。

○ニコライ食堂
なんだかんだありつつも顧客が安定しているタラソワ、ミーシンに比べて波乱が多いのはニコライか?
人気がないわけじゃないが、繁盛してるかどうかは微妙。(ペアやダンスにも力入れてるという理由もあります)
一時期のような屋台でどこでも…ではなく、店開くのはせいぜい2~3箇所?になったとしたら良かったけど、どう?
誰でもおいしいと思う味じゃないのはたしか。ロシア若手女子は、とりあえず近いしニコライでって感じ、大人になったら別の味でいいのかも。
誰でも引き受ける門戸の広さが、懐の広さではなく、がめついと思われてしまう損な店(汗)
そろそろ、誰も文句いえない看板メニューがほしい。

○旅の料理人ミヤケン
客層は日本から一気に世界へ。旅も多くなりました。
○ディクソン
夫婦二人で堅実経営、無理な客は引き受けない。
--------------------------------------------------------------------------------
顧客状況
リーザ…筋は通っている、がんばってる気がする、しかし苦悩が味付けを濃くしてる感が(汗)
レオノワ…引き続きニコライ食堂を周回中~もう他を試してもいいのでは?
ヴォロノフ…2013.1時点でニコライ食堂からちょっと離れたと思ったのですが、ホントにニコライ離れるとは思ってなかった、予言したみたいでコワイ(汗)
プルさん…いろいろ試してみるがミーシン味でないと受付けない体なのか?

中国情勢…ハンやん、ナンソン、ジジュン。素材の良さ、ポテンシャルは文句なし。あと必要なのはドリームかな?(笑)というわけで、ローリーに押し掛ける模様(ボーヤンとクーシンはおいてけぼり?)
今後最も味付けが変わるのは中国だと思う。

ヨナはん…今シーズン国際大会は2回のみ。1回目こそ緊張はあったけれど、キレのいい味、基本の水に濁りなし!…つうか隙がないのでツッコミづらい(汗)

ハビ…4回転重視から味付けがこってりしてきたような。…あれ、このまま行くとオーサーをいずれ離れるような?…他意はない(汗)特にウィルソンである理由はないような気もする。

アボちゃん…揺らぎが(汗)ガンバ!
ジェイソン…甘さ重視から、基本がしっかりして来た感じ。
アシュリー…基本路線は変わらずも、王道、女王プログラムを突き進み中。
ガオ…環境も変わり、ヨナ味からいったん消したのがよかった、独自の道を見つけた

ジュベ…オレの塩味爆走中、体のために塩分の取り過ぎは気をつけて。
アモちゃん…気がつけばランビが近くにいたんですが、来季は一層ランビ風味が加わるらしい。
メイテ…淡白なパワー系から、個性的なレディへ、今後の熟成が楽しみ。

マオ…信じた味は間違っていなかった。あとは磨きに入ります。
あっこ…亀さんちで手厚くもてなされているようでうらやましい限り。
カナコ…おふくろの味マチコにどっぷりから、大人の味になりつつあるような。

ゆづ…評判のいい味付けは来季も変えず?ちょっと変えてもいいと思うのは少数派?(=私)
たつき…一回地元で仕切り直しってことで。ガンバ!

ダイスケ…ややロシア寄りは事実、といってもニコライ風味でもない気がする。ニコライの引力とダイスケの目指す高みのバランスでナナメ上方向。この方向で行くと来季はロマンチックプログラムが投入される予感が…違う?

過去のMAP
フィギュアスケーター味付けMAP Ver.5(2013.1)
フィギュアスケーター味付けMAP Ver.4(2012.5)
フィギュアスケーター味付けMAP Ver.3(2012.1)
フィギュアスケーター味付けMAP Ver.2(2011.5)
フィギュアスケーター味付けMAP Ver.1(2011.1)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ソチシーズン
ハラハラドキドキのスケート新年明けましたね。

このマップ、いつ見ても楽しく飽きませんが語れるほど大勢の選手には明るくないので、ニコちゃんロシア語記事のSPミヤケン、FSローリーらしいというところからだんだんイメージが湧いてきた私の新プロ妄想を語らせていただいちゃいます。

SP「Diva Dance」
通常曲選びから振付師にお任せの大ちゃんがミヤケンさんに依頼するということは、もしかして何度かやってみたいと語っているこの曲でお願いしたのでは?と思ったの。
それに「フィフスエレメント」を見たことがなく「ランメルモールのルチア」のアリアってことでピンと来ていなかったけど、映画の中の歌を聴いてみたらなんかインパクトありそうだし…。

FS「春の祭典」
ローリーだったらソチでロシアのバレエ曲いいかな~と思うし、大ちゃんだから滑りこなせる素敵な振り付けにしてくれるんじゃないかと期待して…。

ということで私も大ちゃんはロシア寄りだけどニコちゃん風味ではないに一票(笑)というか、モロゾフにはEXの振り付けでお願いしたいです。
一応例年を参考にすればFOIでSP、JOでFS、COIでEX初披露かなと思うので、一抹の寂しさも感じながらも楽しみに待ちたいと思っています。

そして例年よりチケット争奪になるとは思いながらも座席選んで買いたいと予約していなかったら、JOチケットぴあでは売り切れで驚きました。
他も良席は完売だし戻り券出るとは思うけどずっと気にかけているのも大変だから、なんとかまだ買えるローチケセット券S席購入してみました。
JOでこれではNHK杯以降のチケ取りどうなっちゃうのか超不安(苦笑)。とにかくがんばりましょう!
>春紅葉さん
新シーズン始まりましたね。
今年もいろいろあるんでしょうね…あ、しょっぱなからあるか(汗)

「フィフスエレメント」は、それこそインパクトがあって(笑)結構好きな映画でした。かなり無茶な映画ですが、音楽やファッション系でもすごく話題になってたんですよね。
プログラムでは、ラジオノワだったかポリゴラヤだったか、ロシアのジュニアが使ってましたね。

> FS「春の祭典」

ああ、いいですねえ。ローリーなら品良くゴージャスに仕上がるかも。
あとは、あの男がどこまで口出すか…いや、どこまで黙ってられるか?でしょうか(笑)
ニコライが久々ヒットでもかまわないんですが…どうなることやら。

JOが完売で驚きましたよね。今までだとA席以降は余裕、最前列も当日買えたんですが。ローチケは、COIとセット売りなんですね。
まあ、追加販売とありそうではありますが。
たまアリでこの状況だと、NHK杯は先が思いやられます(汗)みなさん、今年はなんとかと考えますよね。すでに当たる気しないんですが…。






管理者のみに表示