FC2ブログ

最近のドキュメンタリーから(6/13)

2013年06月13日
詳しく感想を書いている時間がとれないのでざっと。

BS世界のドキュメンタリー  
オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史

見逃した回もあるのですが、「オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史」がおもしろいです!
アメリカのダークサイドという感じですが、なんだかんだでアメリカンカルチャーに親しんで来た我々日本人なら一度は見てもいい。
只今最終週、再放送もあると思います。夏には特番もあるのかな?
------------------------------------------------------------------------
旅のチカラ
「失われた故郷の記憶を求めて~サヘル・ローズ イラン~」
TVや舞台で人気のイラン人女優、サヘル・ローズ(27歳)。幼い頃、イラン・イラク戦争の空爆で家族を失ったサヘルはがれきの下から救い出してくれた女性を養母として7歳で日本にやってきた。今、活躍の一方で、自分を根なし草のように感じて自信が持てないという。そのサヘルがこの春、自分の原点を確かめるために故郷イランへ。記憶をたどりかつて自分が過ごした場所を訪れる中で見えてきた意外な事実と新たな思いとは?

なんとなく録画して何となく見はじめましたが、…あの元気なイランのお嬢さん、サヘルの過酷すぎる人生に言葉もなかった。
もう再放送も終わってしまいまいたが、サヘル・ローズで「ようこそ先輩」が放送されるらしい。

課外授業ようこそ先輩「私が生かされてきた理由」サヘル・ローズ
Eテレ 2013年6月14日 (金)午後7時25分 〜
タレントのサヘル・ローズさん。人に言えない過酷な人生がありました。生きる理由が見い出せない日々。そんな時、サヘルさんのチカラになったのは、「自分の辛い過去」と向き合う事でした。
------------------------------------------------------------------------
BS1スペシャル 「それでもジャーナリストは戦場に立つ」
[BS1]2013年6月1日(土) 午後7:00~午後8:50
シリアの内戦を取材中に亡くなった山本美香さん。彼女は、砲弾が降り注ぐ下で懸命に生きる人々に寄り添い取材を続けた。なぜジャーナリストは命の危険にさらされながらも戦場に立ち続けるのか。その原点はベトナム戦争。敗戦国、日本のジャーナリストは、民衆が犠牲になる戦争の悲劇を世界に伝えた。テレビ放送60年、日本人が伝えようとした戦争の真実とは。女優・満島ひかり演じるジャーナリスト志望の若者がその足跡をたどる。

自国でないなら、ジャーナリストがどこの国の人でも関係ないと思っていましたが、日本人であるが故のジャーナリズムがあるのだと知ることができました。
満島ひかりでドラマ風に始まり、こんな芝居仕立てはいらないのでは?と思いながら見ていましたが、後半、山本美香さんの足跡を辿る過程で、リアルな戦争を前に、人として向き合わざるをえない満島さんから「ジャーナリスト志望の若者」という役が消えてしまうのが印象的でした。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示