FC2ブログ

福島のこのごろ 復興庁って何?

2013年06月16日
友人から「WBC」に行って来た…と、メールが来て、あれ今頃「野球か?」と思いながら読んでいくと…
WBC=ワールド・ベースボール・クラシック( World Baseball Classic)ではなく…
WBC=ホールボディカウンター(Whole Body Counter)のことでした(汗)
まあ、何も出ないと思いますが。

野球と言えばプロ野球の統一球、野球はことはまるでわからない私ですが、対戦競技でそりゃないぜと…選手とファンをバカにしていると思いました。
とまあ、腹立たしいニュースは山ほどありますが(汗)最近ですとコレです。

<復興庁>幹部ツイッター暴言「左翼クソ」「懸案曖昧に」毎日新聞 6月13日(木)
  復興庁で福島県の被災者支援を担当する幹部職員が個人のツイッター上で「国家公務員」を名乗り、課題の先送りにより「懸案が一つ解決」と言ったり、職務上関係する国会議員や市民団体を中傷したりするツイートを繰り返していたことが分かった。政府の復興への取り組み姿勢を疑われかねないとして、同庁はこの職員から事情を聴いており、近く処分する方針。
<復興庁暴言ツイート>水野参事官を更迭 処分は検討中 毎日新聞 6月13日(木)
  谷公一副復興相は13日、ツイッターで暴言を繰り返していた復興庁の水野靖久参事官(45)を福島県の被災者支援の担当から外したことを明らかにした。
同庁の調査に対し、水野氏は一連のツイートを認めた上で「大変な迷惑をかけて申し訳ない」と反省を述べているという。。

復興庁幹部ツイッター問題 復興副大臣、福島県庁訪問し謝罪 フジテレビ系(FNN) 6月14日(金)

ひどい話です。
震災と原発事故以降、復興が進むのならば、ちょっとくらい腹黒い政治家や感じの悪い官僚でも目をつぶろうと思ってきましたが、時にはどうにも許せないと思う人間もいます。

報道を見る限りですが、問題は2つ、一つは人間として、社会人として。
国民や被災地のために仕事をする人間が、ツイッターで関係者に対し誹謗中傷を垂れ流す。相手は国会議員からサヨク系市民団体から、被災地自治体。
避難区域が残る福島県川俣町に出張すれば「田舎の町議会をじっくり見て、余りのアレ具合に吹き出しそうになりつつ我慢」
国会での質問通告が多数寄せられると、ツイッターで「今日も大量被弾なう」

あり得ないと思う。誠意以前、例えばビジネス相手や顧客の陰口を、大通りで叫ぶようなものではないだろうか。
ところがこのニュースに対し、大変な仕事だからと、同情的なコメントが多い事にさらに驚きます。仕事をすれば、やりやすい相手ばかりではない。様々な人や価値観に苦労することはよくあることです。
いろいろな見方はあるかもしれませんが、特権階級のエリート意識で上から目線、自分は頭がいいからウィットにとんだTweetだってできちゃう。という風に私には見えます。
田舎(被災地)のおっちゃんや、ジイサン(議員)はツイッターなんてできないと思っているのでしょう。

ぶっちゃけ、フツーは思っていても口にしないものです。そんなことにも気づかないほど、気が緩んだ組織なのか復興庁は?
というのが、もう一つの問題点。
のらりくらりと課題の先送り、全員おかしな人とは思っていませんが、復興庁は税金使って何しているのだと、不信感がつのるばかりです。
こんな時、復興大臣がせめてスカッとすることを言ってくれたらいいのですが、我が福島県出身の大臣も知事も不甲斐ない対応…なにしろツイッターのネタにされてるくらいだし(汗)

復興庁水野参事官のツイッター暴言問題について考える 河﨑 健一郎 | 弁護士 2013年6月13日
関連記事
福島で暮らす | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ニルギリさんに一言一句同意します。
私はこんな時適した言葉が思い浮かばないから誤解を招くだけになってしまうのがオチなのですが、あえて語るとすれば最近想像力のない人が増えた気がします。

今回の件には関係ないけど某市長の発言だって発言自体どうなの?と思うと同時に、「この人って世界中の人が自分と同じような考えと思っていそうだな」と思わせられるその後の発言に心底うんざりするのです。その上そもそもそういう考えの持ち主だということが明るみに出たのに、これでも支持者がいるのかと思うとなんだかなぁって気持ちです。

まあ少し脱線してしまいましたが、拡散された言葉は回収できませんし、権威を笠に着ると万能感を持ってしまうのかしらねぇ。
実は・・・
こんばんは。
ニルギリさんのお怒りはごもっともで、公務員が職務に関してそんなことを公の場で書いてはいけないと思うのですが・・

実態はこんな感じみたいです。

復興庁 水野靖久参事官の主なツイート
http://togetter.com/li/516870

復興庁幹部暴言騒動・役人「叩き」ではなく仕事を「減らす」で福島を救え
http://agora-web.jp/archives/1542293.html#more

相手は井戸川元町長をはじめとするアレな人たちですので・・・
>春紅葉さん
>某市長

なかなか理解しかねる…東北では成立しない政治家だなと思います(汗)
全員とは言わないまでも、関西ではこういうタイプの政治家が人気があるのかなあ…国民性がちがうのか?と、漠然と感じています。

様々な考え方があっていいと思いますが、自分の立場、公私の別、TPO(古い〜)を考えれば、こんな墓穴はないと思うのです。それが想像力と言うことですか。
もっとも、某市長はブツギを織り込み済みで話しているようにも見えますが。
>いちやんさん
許せないというのは言い過ぎだったかもしれません。そこまで私がムキになるほどの大物じゃない(汗)
当該の人物は、さりげなく自分の地位をひけらかしながら、得意げに物言いをしているところが、私のカンに触るようです。
そして、福島県民としてバカにされた感はやはりあります。

とにかく、復興庁のあり方には疑問が拭えません。仕事というのは快適にすすむものではないし、理想的かもしれませんが、価値観の違う相手と時には魑魅魍魎とも冷静に渡り合うのも仕事です。
それをいうなら、田舎の自治体のあり方に問題が多いのはわかりますし、理解できない行動の市民団体もあります。文句も言いたくなるでしょう。私が仕事をしてもたぶんそうなるでしょう。ですが、それを前提として仕事をするのが復興庁の本来の仕事のはずで、そのためにはあんなつぶやきを垂れ流すべきではありません。さっさと進めて欲しいんですよ。

紹介の記事興味深いですね。あとでもう一度よく読んでみます。

管理者のみに表示