FC2ブログ

映画「オブリビオン」

2013年06月25日
ovyereww69je
映画『オブリビオン』公式サイト
映画『オブリビオン』予告編 - YouTube
エイリアン“スカヴ”の侵略を食い止めたものの、その戦いによって地球が半壊してから60年。生き残った者たちがほかの惑星へと移住してしまった中、ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)だけが地球に残って上空から偵察していた。パトロールに向かっていた彼は、誰一人として生存しているわけがないエリアで何者かの襲撃を受けてしまう。混乱するジャックの前に現れたのは、ビーチ(モーガン・フリーマン)という謎の男。彼との遭遇を機に、ジャックは地球、人類、そして自身の運命を担う冒険に出ることに。

ovu6689=ophu7e45
レビューをいくつか読むと微妙な感想も多く、見るかどうかは迷いましたが、私は楽しめました。
消され記憶が蘇るとか、空から美女が降ってくるとか、侵略戦争の衝撃の事実とか、過去の名作の焼き直しっぽいところとか、突っ込みどころは満載ですが、SF映画とはそのようなモノであろう(笑)
映像が美しい、マシンがかっこいい、ヒーローヒロインがかっこいい…これが現代のSF映画の基本です(断言!)。それで結構満足してしまうかもしれない自分(苦笑)
随所に雄大な風景が広がりますが、これはアイスランドロケだとか。
688jnuddrwxeaw
舞台は最終戦争(核戦争)の地球、人々は土星の衛星タイタンに移住。不毛の大地と偵察するのはジャックただ一人…といっても恋人ヴィカを通信員としてカップルとして赴任、スカイタワーに暮らしています。
ovu3866998tteww1
監督のインタビューには、おしゃれで無機質なスカイタワーは、そこで暮らす者たちの記憶がないことに対応しているそうだ。
外観、内装はすごくコルビジェっぽい。
obuy4eq2q268
パトロール機がかっこいい。でも地球対応の偵察機で宇宙まで行けちゃうか?(汗)
装備されている折り畳み式バイクは、ホンダCRF450Xらしい。
ovueawwqegwa998
ジャックがメンテナンスする無人偵察機ドローンが、タチコマ(攻殻機動隊)っぽくてかわいい(笑)
obuee2qw45r6ui5
トム・クルーズはさすがに年は感じさせるけれど、ギラギラ…ムキムキ…していない魅力があり、これこれで好感。
美しく荒涼とした風景にたたずむジャック、野の花を摘むジャック、住めなくなった地球にこだわる理由はないのに、地球に強く引きつけられるジャックの思いが全体を筋の通ったものにしているように感じました。

ovu64wx4w3t67to
アンドリュー・ワイエス『クリスティーナの世界』 1948年 テンペラ ニューヨーク近代美術館

映画の後半、ワイエスの代表作「クリスティーナの世界」が登場します。監督によれば、舞台が荒廃したNYということもあるらしい。「劇中でジャックとジュリアは“もっとシンプルな世界に戻りたい”と思っています。そのことをあの絵は象徴していると思います」と話しています。
絵のモデルのクリスティーナは足が不自由で、生涯をごく限られた世界で暮らしていました。貧しくとも援助や助けを拒み、誇り高く生きた女性だったそうです。
限りある世界、不完全な世界にも、自分らしい生き方が見つけられる…ジャックが求めた理想でしょうか。

謎に満ちたドラマを読み解くヒントは? 監督が語る『オブリビオン』

ストーリーがわかりづらいという感想多数(笑)トム・クルーズは、キャンペーンで来日した「徹子の部屋」で「2回見ろ」と言ったらしいし(汗)
そしてネットには微に入り細に入り解説多数。ただしネタバレすぎなので、見終わってからした方がいいです。
そして、ラストの「再会」シーンに違和感という意見も多数、パロディで別エンディングまである…
バカウケ!(笑)
ただし、これから見る人は見ちゃいけません!
How Oblivion Should Have Ended

関連記事
映画 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
私もついこの前見てきました。
トムクルーズを最初に見たのがトップガンだったせいか、トムクルーズ空飛んでるのが似合うよなぁ、かっこいいなどど思いつつ見てました(笑)。

<「2回見ろ」、
わかります!私も最初のところ「ちょっと待って、今のとこ巻戻してもう一回見せて!」とか思いました。頭フル稼働みたいな(笑)。ラストはやっぱり別エンディング思い浮かんじゃいますよね~(笑)?でも、人間らしさに目覚めたのは彼に出会った52号だけだったのかな?そういうことにしておこう・・。
トムにはもう少しシンプルな作品を
先日私も見てきました。
トム・クルーズらしくない(と言えば本人にはやや失礼かもしれませんが)、やや難解な話でした。
眠い目をこすりながらみた後、自分の理解が正しいのかな?と、色々とネットで検索してみると、結構当たっている。
ということは、難解なストーリーと言うより表現下手かな、などと思ったりして。
こういう場では当面ネタバレをまずいでしょうから、突っ込みづらい点ばかりですが、個人的な感想をまとめてしまうと

1.トムの秘密基地はかっこいい
2.ラストは納得できない

この2点かな。
どこかプロメテウスに会い通じるような作品でした。

SFといえば、予断ですが昨日Star Trek試写会を見てきました。
これもネタバレ禁止作品なので「面白かったです」とだけお伝えしておきましょう。
>kuruto さん
コメントありがとうございます。
トップガン…なつかしい〜。あの頃は若かったですね、トムも私たちも(笑)

ちょっとわかりにくい所が多かったですねえ。トム自ら「2回見ろ」ってねえ…(汗)
別エンディング、すごくウケました、何番でもいいのかと(笑)
>クッツさん
クッツさんは見てるかもと思ってました。
言われてみると、トムならシンプルに勧善懲悪、めでたしめでたし…が似合うかもしれませんね。
レビューに「難解」とあったので、私はてっきり「2001年宇宙の旅」みたいなものを想像していたので…ある意味「難解」ではなかったですよ、わかりづらいだけで(笑)
ネタバレ解説がものすごく充実してて、そっちも驚きました。

秘密基地はいいですよね。
ラストは「男」として「夫」として許せないという事でしょうか?(爆)

スター・トレック見る予定、楽しみにしてます。
TV版シャーロックを演じた彼が出てますよね。

管理者のみに表示
« 睡蓮 | HOME | ルドベキア »