FC2ブログ

日本人船長(コマンダー)宇宙へ ~若田光一の挑戦~

2013年11月13日
NHKスペシャル 
日本人船長(コマンダー) 宇宙へ~若田光一の挑戦~

NHK総合
2013年11月10日(日) 午後9時00分~9時49分
再放送/2013年11月14日(木)午前0時40分~1時29分(13日深夜)

11月、4回目の宇宙飛行に挑む、宇宙飛行士・若田光一。日本人初のコマンダー(船長)として、世界15カ国が共同で運用する「国際宇宙ステーション」の指揮を執る。
逃げ場のない閉鎖空間。壁一つ隔てば、死の世界。その中で若田は、文化も言語も違う5人の宇宙飛行士とともに、およそ半年に渡って共同生活をする。
NASA=アメリカ航空宇宙局や、ロシアで行われてきた若田たちの訓練を、今年4月から密着取材。
日本の宇宙開発の未来を背負い、初のコマンダーに挑む若田。どのようなリーダーシップを実現し、発揮しようとしているのかを描く。


日本人初ISSコマンダー、若田さんの訓練を追った番組。
登場する若田さんの同僚の宇宙飛行士が皆おっさんで、おっさんたちが一生懸命、避難訓練している感じがおもしろかった(笑)

ISSコマンダーのポストは日本の悲願で、これまで人材を探してきました。
若田さんはもともとミッションスペシャリスト、技術者でありリーダー候補として登用されたわけじゃないんですよね…そういえばそうだったなあ、すっかり忘れていました(汗)
日本が今後も宇宙開発の中心にいられるかどうかは、若田さんにかかっている…らしい。

「和」の心でクルーを取りまとめようとする若田さん。ISSではコマンダー(リーダー)のあり方も、個人の裁量に任されているんですね。
そして科学技術の最高峰ISSなら、コンピューター制御とマニュアルで…と勝手に想像していると、ものすごく泥臭く物事に対応していることに軽く驚きます。最先端はアナログなんですよね。

若田さんに求められるのは、冷静なリーダーシップ。リーダーとしてデスクワークかというと、体をはってミッションもこなすし、トイレ掃除もする(笑)
頭も使うし、本社(管制室)への報告もしなくてはならない。体も鍛えなくてはならないし、とにかく忙しい。
そんな日常でも、仕事への情熱を語る時は、キラキラした目をしている。
かっこいいおっさんです。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示