待つ

2014年02月05日
2014012604

道の辺の草を冬野に踏み枯らし 我れ立ち待つと妹に告げこそ
万葉集 作者未詳

何年か前、なんとなく見ていたTVで、街頭インタビューを受けた女子高生が「(昔の人は)ケータイなくて、デートどうやってできたの〜?シンジラレナイ〜」みたいことをしゃべっていた。
彼女たちには喫茶店や路上で何時間とか…「待ちぼうけ」などという経験はありえないのだろうな(笑)
ケータイがあるかないかで、生活がこんなに様変わりしてしまうとはね。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示