新しい命を吹きこめばいい

2014年02月05日
関大ブログ

今朝のニュース、びっくりしました。
心配してないと言いきったら嘘になりますが、ここまできたら何が起きても…と腹をくくっているので、私はわりと平気です(笑)
それはチームダイスケも同じではないかと。

なぜこの大事な時に…とも思いますが、ダイスケ的には迷う暇もないのでかえってよかったと思うことにします。
これから聞きたくないような事実が出るかもしれませんが、ダイスケ側に落ち度があるわけでもないし、事務レベルで(汗)仕事増えそうですが、スケ連もそこはサポートしてくれると思います。
と、書いていたら…そうか、文春だったのか…

週刊文春
いろいろ出てくるでしょうが、支障になることはなさそう?
大丈夫ですね、良かった!

ソナチネは純粋に美しい曲だと思う。
ダイスケは音楽を自分の感性で表現するスケーター。作曲家がどんな境遇だからとか、理由付けで表現はしないし、できないと思う。
その美しいメロディに、何か空虚なものがあるとしたら、吹き飛ばせばいい。音楽に新しい命を吹き込めばいい。
ダイスケならできると思う。
今は何事にも惑わされす、自分がやるべきことをしっかりやるだけですね。

宮本賢二「報道の件について」
--------------------------------------------------------------------------------
茂木健一郎 twitter
茂木さんの今朝のツイート、「音楽自体を、聴いてあげるべきだと思う」
(1)〜(9)まで。あっという間にまぎれてしまうと思いますが(1)をリンクしましたので興味のある方はここから辿ってみて下さい。
--------------------------------------------------------------------------------
フィギュア高橋を万全支援「やり切って」 京の医師、ソチへ同行(京都新聞)
『君の膝は僕の膝』こんなラブリーな言葉を発するとは原医師もなかなか(笑)
近い言葉は「お前一人の体じゃないんだから…」かな?(爆)
誰にでも使える言葉じゃないですね。あったかい記事です。
--------------------------------------------------------------------------------
【浅田真央選手、いってらっしゃい!】JAL
真央ソチへ 3回転半は「計2回跳ぶ」 2014年2月5日

元気に旅立ったようで一安心!
彼女も今できることは全てやったと思う。迷いなく大舞台に臨んで欲しいです。

間もなく開幕ですね!
ソチの宿泊ホテルはまだ工事中なんてニュースもあり、おいおい大丈夫か?…とツッコミいれてますが、まあ、なんとかなるんでしょう、ロシアは(笑)

関連記事
フィギュアスケート | Comments(10) | Trackback(0)
Comment
No title
>なぜこの大事な時に…とも思いますが、
ダイスケ的には迷う暇もないのでかえってよかったと思うことにします。

付け加えさせて頂くと彼が滑る際、誤った情報がクレジットされ、
またS氏のバックボーンが世界中の実況担当によって語られ放送される前で良かったなぁと。

それにしても…
団体戦のメンバーも確定し(町田選手の打撲が気になるけど…)、
あとはN杯の気迫を超える演技を見るだけ! と思ってたので
もう「どこまでヒロイン気質なの!」「ドラマティック過ぎでしょう!」っていう^^;

彼に非はないですし、公式ブログでの対応の早さも見事でしたよね。
ソチ入りの際、囲み取材はありそうですが、
それ以降はご自身のペースで集中して本番を迎えて欲しいです!

高橋選手が「希望を感じた」て選んだ曲。
その光はきっと金メダルだと信じてます!!

追伸。 色々もどかしいスケ連ですが、
    高橋選手のバイオから作曲者名が消えてましたので
    今回は迅速対応してくれたようですわ。
>まっきーさん
びっくりですね〜(汗)
おきて欲しくなかったことですが、渦中の人の目的はオリンピックのアシを引っ張ることではないようですね。でも公表するきっかけはオリンピックだというし、ダイスケの注目度はやっぱりすごいですね。
エージェントにつづき、ミヤケンさんのコメントも見事ですね。
「出来上がったプログラムには自信があります。」
実はちょっと心配してました。反省や弱気発言だったら立つ瀬がないので。私はこの言葉が聞きたかったのだなと。
まあでも最小限の騒動で収まるかなと思います。おお、バイオも変わったんですね。

> もう「どこまでヒロイン気質なの!」

ホントにねえ、小説より奇なりですね(笑)
今夜はもう団体ですね。町田君は問題なさそうに見えます。一瞬ダイスケが引っ張りだされるのかと思いました(汗)
みんな無事に本番迎えてほしいですね。

マスコミ対策?
ニルギリさん、こんばんは。

シーズン前のサンデースポーツの特集、なんか感じ悪かったんですけど、「作曲家」もNHKも。商売っけたっぷりな感じで。 文春といい、大ちゃん本当に利用されてばかり…。(ため息)
ソチの空港ではニコライにぴったり大ちゃんの横に張り付いてもらって、マスコミに睨みをきかせてもらいたい。 今回ばかりはくっついても許す!!

No title
ニルギリさん、宮本先生のコメント素晴らしかったですよね!
私もともすれば高橋選手以上に心配していたので…。
本当に堂々たるコメントでホッとしました。
もちろんメッセージも残してきましたよ^^

KUNIさん、横から失礼します。
全文同意ですわ。“なんか感じ悪かった”のニュアンス、すっごいわかります!
個人的に、今のところ全く知らなかったことになってますけど、
なんやかんやでNHKの責任は大きいだろうっていう…。
モロ蔵は団体戦のキスクラにいましたけど、
ぜひとも高橋選手を空港に迎えにいって頂きましょう^^
私も意外に平気です。
いずれ発覚したであろうということを前提に考えればこの時期で良かったのかもしれないとは思うけれど、18年も黙っていたのなら秘密は墓場まで持って行ってほしかったと個人的には思います。
軽く聞き流していると美談に聞こえてしまいそうだけど、明らかに共犯者なのに言い訳に高橋大輔を利用するな、とも言いたい。

不幸中の幸いなのは今現在大ちゃんがノヴォゴルスクというある種世俗と隔離された空間にいるということかな。
すべてのことに意味があるを体現している大ちゃんの本領発揮というか、ニコライとの再タッグのおかげといっていいかもしれません。

以前も書かせていただいたことだけど、ここ数年は大ちゃんの使用曲と成績が何となくシンクロしてしまう感じだから五輪シーズンに世界中で愛されているビートルズの曲で滑れるのはとてもよかったと思っているけど、本当に曲の通り「長く曲がりくねった道」を今季は進んできたなぁって思います。
曲がっているからなかなかゴールが見えてこないけれど、これほどの紆余曲折の先に視界が開けたときどんな素晴らしい世界が見えるのか楽しみに待ちたいです。
>KUNIさん
> シーズン前のサンデースポーツの特集

今季の報道は、ゆづという新しいスターも登場して、TV局的にも、なかなか難しい選択を迫られているんでしょうね(苦笑)
今回の件は、もちろんこういうことはおきて欲しくなかったですが、ダイスケ的には利用されたとしても、その中でも最大限に穏やかに済んだのではないでしょうか。
日本にいなかったのはよかったし、弁護士とも相談し、時期を狙ったのでしょうね。
ニコライはあてになるかどうか、第一はニキータたちですからね。
>まっきーさん
ミヤケンさんのコメント、かっこいいですよね!
ダイスケは今、自分に集中しているので問題ないと思います。
海外ではそう大きく取り上げられてはいないと思います。日本のマスコミも芸能記者ではなく、スポーツの報道に関わる人ですから、ここでアシを引っ張りたくないと、それくらいは気を使ってくれるでしょう。

今回の騒動はマスコミに責任があると思いますが、NHKだけではないですね。
まず楽曲が海外で評価されたことをありがたがって、深く考えなかった。取材していくとドラマチックなネタの宝庫で…安易に食いついてしまったのかなと。
もっといえば、見抜けなかった我々にも責任はあるでしょう。その場合、純粋に楽曲に感動したのか、プロフィールありきで感動したのか、ずいぶん違うような…でも今となるとどっちでもいいのかな。


>春紅葉さん
> いずれ発覚したであろうということを前提に考えればこの時期で良かったのかもしれないとは思うけれど

私もそう思います。
ただ文春を立ち読みしてきたんですが、義手の少女のためにも、これは明らかになるべき秘密だと思っています。それが新垣氏のせめてもの誠意だったんじゃないかな。

> 以ここ数年は大ちゃんの使用曲と成績が何となくシンクロしてしまう感じだから

あはは、そうなると「道化師」じゃあ、たまったもんじゃないですね(笑)
ビートルズメドレーは、ダイスケにぴったりのほんとにいいプログラムだと思います。
曲がりくねった道、いいじゃないですか。
その道を降りて、楽な道を歩くことだってできたはずだけど、しなかった。そのことに意味があるような気がします。
私は散歩やトレッキングが好きですが、いつも「悪路」を選んでしまいます。あ、関係ないか?(笑)
曲が先ですよね
ミヤケンさんのコメントがファンには一番心強かったですよね。ミヤケンさんはこの騒動が起きる前に、あの出荷停止になってしまった家庭画報(私はポスター欲しさに2冊目を買ってしまったおバカです)のインタビューで「耳にした瞬間、いいなと思って心に残っていた」とちゃんと言っているんですよね。ニルギリさんがおっしゃる通り、大ちゃんはいつも音楽そのものを自分の感性で表現しているのであって作曲者の代弁者ではない。物語性があるものは苦手だったはず。

テレビの報道はやたらこの問題に高橋大輔を絡めてくるので、フィギュアに関心はなくても事件への興味本位で大ちゃんの演技を見る人もいるかもしれないけれど…きっとその人達も大ちゃんの演技を見たら曲についての騒動なんて忘れて純粋に惹きこまれてしまうんじゃないでしょうか。

一つだけ気になるのは著作権の問題。使用は大丈夫だけれど放送は?みたいな記事を見たのですが…煩雑な手続きみたいだけれどNHKも公共放送として責任もってちゃんとやってくれますよね?
>Mieさん
こちらのコメントに返信しそびれて申し訳ないです。
今回の作曲家報道のことでは、ダイスケに影響はないと思っていましたが、それ以外に思うことがいろいろあり、記事を書くべきかどうかあれこれかんがえているうちに、返信も紛れてしまいました。
実は今も記事書こうか迷ってます。問題発言ではなくて、うまく言えないので迷ってるだけですが。

> ミヤケンさんのコメントがファンには一番心強かったですよね。

そうですよね。これが聞きたかったです。
マスコミはまあしょうがないですね。
ただ、一連の報道を見る限り、ダイスケには迷惑をかけたくないということは真実だと思います。
競技で使用は問題ない、ただこれからどうなって行くかはわかりませんが、著作権は作曲家などの正当な権利を守るためにある法、その目的をみれば面倒なことにはならないかな?と思っています。


管理者のみに表示
« 野バラの実 | HOME | 待つ »