フィギュアスケート雑感 ソチオリンピック閉幕

2014年02月24日
オリンピックもあっという間に終了、選手団も帰国、早いなあ。
何はともあれ、大きな事件もなく終わって良かった。ロシアをとりまく国際情勢を見て見ない振りしてた自分もいます…すまん(汗)
女子の感想をじっくり書こうと思いつつ、体力的にきついので、それ以外のことをだらだら書くことに…。

女子の採点をめぐっていろいろあるみたいですが、このまま落ち着きそうですね。…え?違うのか?(汗)
個人的に順位には納得ですが、カテゴリーに関わらずロシア選手に高めだったなとは思います。特にPCSですが。

ソトニコワ金は意外…ということになるのでしょうが、スケーティングなどはロシア女子では一番と思っていました。これまでミスが多過ぎ、2本揃えられないという状況が続いていたので、高難度を全て決めればかなり出るはずだと。ただプレッシャーに弱いから…と私も期待薄とうか、ここまでできるとはびっくり(汗)
団体戦に選ばれなかったことは、モチベーション的にも、ピーキングにもよかったとうことになりましたね。

ヨナはんは、ブランクがありここまでできるのは驚異的ですが、バンクーバーから4年、皆テクニカルなり他の面でも差を詰めて来たので、以前のレベルを維持するだけではアドバンテージにならなかったというふうに解釈しています。

日本選手のことは置いておくと、もっとも魅力的、素敵だなと思ったのは、エミューちゃん(コストナー)です。とくにSPはすばらしかった!記憶に残るアヴェマリアでした。
相対的にPCSでぶっちぎりでトップでもおかしくないんじゃないか?まあ、そんなこんなでロシア選手のPCSに高いかなあと。

ユリアはユーロから、少しづつ調子を落としていったように見えました。
とにかくロシアコールがすごくて、あの叙情的なシンドラーのリストを堪能できる雰囲気ではなかったかあ。
そうなってくると、スケーティングの幼さが目についてしまう。いやもう、十分すごいんですけどね。
あとマスコミの注目と取材攻撃の餌食になってしまったようで、ちょっとかわいそうでした。
---------------------------------------------------------------------------------
女子終了後、メダルを逃したにも関わらず、真央ちゃんへの関心度はすごい。国中が応援してしまう威力。こういう求心力は真央ちゃんだからなんですよね。
インタビューもいろいろ見ましたがが、真央ちゃんがこの4年間を肯定的に捉えていることがなによりうれしい。こんなにがんばってきたんですから。

独占インタビューでは日テレ系、荒川さんのインタビューが印象深いです。まだ見ていない方はぜひ見て欲しい。
(編集されながら何度か放送、どれがどうだったか…)
SP後、荒川さんが真央ちゃんにメールを送ったなかに(いろいろふまえた上で)「楽しんで」という言葉があったらしい。
トリノオリンピックシーズン、ストイックに追いつめてやってきた荒川さんは、彗星のように現れた真央ちゃんから「楽しむ気持ち」を知った(取り戻した?)という。その気持ちをいつか真央ちゃんにお返ししたいと、ずっと思っていた。

浅田真央×荒川静香 ロングインタビュー(前半)
浅田真央×荒川静香ロングインタビュー(後半)

「浅田真央 ラストダンス」 朝日新聞

女子応援に専念していたダイスケですが、真央ちゃんのSP後の号泣には、こちらも動揺するじゃないか(汗)一部始終がテレ朝系「総集編」で見られますね。
おいおいそんなに泣くなよ…すっかり涙もろくなったダイスケでした(笑)
---------------------------------------------------------------------------------
総集編と言えば、プルさんからゆづへのメッセージが、「今は僕が君のファン」…時代がどんどん移り変わっていく寂しさも感じます。
「でも一番大事なのは健康であること」
って、マジすぎてどうしていいんだか(汗)

ゆづの今季の躍進には、体力面の強化、体のケアとサポートが整ってきたことが大きいと思います。やっぱり健康ですよね。
---------------------------------------------------------------------------------
オリンピックのEXに日本男子3人出場ってすごいです、うれしいです。
町田君はクイーン、町田君の存在感をアピールできるいいチョイスだったのでは?
ゆづのスワン、こうして期間をおいて過去のプログラムを見ると、成長をしみじみ感じますね。以前のがむしゃらっぽいところが消え、余裕感じます。

真央ちゃんのスマイルは、見てるだけで幸せになります。
ただかわいいとか、きれいなのではなくて、醸し出す雰囲気がやさしい、勝負の世界でこのオーラを持っていることがすごい。とてもいやされます。

ダイスケはピアソラ、衣装はあきらかに「Time to Say Goobye」…だよね?。ピアソラがリクエストだったのか、Goobyeの覚悟ができてないからかわかりませんが、そのうちどこかで話すでしょう(苦笑)
いつものギラギラ感がなくて、エレガント、しっとり大人のタンゴでした。ステップのしなやかな運びというか、最近フリーレッグの間のとり方に見とれてしまう。

見えない女性の存在までも感じるダイスケのタンゴ、しかし…
フィナーレで見せたカップルのぎこちなさ、幼さはいったい…今、生身の女性と手をとりあっているにもかかわらず色気が皆無。真央ちゃんだからというのもあるけれど(笑)
楽しみにしていたフィナーレですが、ニュースで見た練習風景の方が、本番より10倍くらい楽しいというへんな話(笑)
選手たちがみんな仲良くていいな。

エンディング、次期開催地、韓国のヨナはんにスポット。
「ピョンチャンで現役でなくて良かった」ヨナはんはそう思っているに違いない…と想像する私を許して欲しい(汗)
---------------------------------------------------------------------------------
閉会式は録画で見ましたが、楽しかったです。開会式は実はあまり印象に残ってないのですが、閉会式はファンタジー、バレエありサーカスあり、見ていて飽きませんでした。
楽曲が真央フィギュアスケートミュージック!とも言えますが、フィギュアスケートではよく使用される有名曲がということですね。

日本選手はみんな楽しそうでした。撮影しまくり…まあ、自分もこの場にいたらそうだろうな(笑)
ダイスケのはしゃぎっぷりはイマイチ映ってないと思ったら、ニュース映像に踊りたくて、踊りまくりが抜かれてましたね。開放感があるんだろうな。
町田君も突っ張ってきたところを緩めた感じで、ちょっとほっとしてます、ずっと張りつめていたように見えたので。
バンクーバーの閉会式で、風船追っかけどこまでも走る小学生のようだった日本男子は、メンバーは変わったけれどやはり子どもっぽい。ソチでは中学生くらいには成長してたかも(笑)
---------------------------------------------------------------------------------
ダイスケへのインタビューではNHKの生出演が気になりました。
4回転について、4年間かけて「これだ」というのが見つからなかったと…これはかなり切ない話。
ゆづにしても町田君にしても、こうすればというポイント、やり方が確立してるんですよね。故障で追い込んだ練習ができなかったこともありますが、この差は大きいと思う。

仮に(あくまで仮に)現役を続けるとしたら、勝ちたいからのはず。これからトップ争いをするなら、BVを上げることとその実行力、となるとまず4回転、できれば複数種類でないと厳しい。
追い込んでいけば、できる資質はあると思うけれど、今度は足は大丈夫なのか?という心配もあります。ダイスケに限ったことではないですが、やっぱり、故障やケガの代償は大きいですね。
いずれにしても現役を続けるなら、大胆な環境の変化とか、そういうことが必要なんだろうな…想像しただけでなんか動揺(汗)
ま、そんなことはワールド後にゆっくり考えればいいことですが。
---------------------------------------------------------------------------------
選手団帰国の空港すごいことになってます(汗)
ゆづのスピーチがどんどん立派になっていく〜。背負い過ぎずに頑張れ。

しかし外国人記者クラブの真央ちゃんが最高ですね!
さすが我らの真央!
現役続行は五分五分か、ゆっくり考えてほしいですね。ダイスケもそうですが、引退を明言ぜず休養するのもありです。

まずは来月のワールドで悔いなく、力を出しきってもらいましょう。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示