また会う日まで

2014年03月04日
皆様へ 2014年03月04日 関西大学・アイススケート部

少し覚悟はしていたのですが、とても残念です。
オリンピック後の長光コーチの談話もそうですが、やはりケガは難しい状況にあったのだなと思います。

「一日でも早く皆様の前でスケートができるよう、日々の体の変化に対応しながら、治療に専念したいと思います。」
大事なのはこれから。どんな形かはわかりませんが、きっと元気な姿を見せてくれるでしょう。その日を楽しみに待ちたいと思います。

高橋大輔、けがで世界選手権欠場 補欠の小塚崇彦が出場 2014年3月4日
高橋大輔が欠場=フィギュア世界選手権―進退は持ち越し 時事通信 3月4日

それにしても、ダイスケの人生、将来には何が待ち受けているのだろうか。
彼と彼のスケートに、たくさんの幸せが訪れることを願って、これからも応援します。


関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
タイトルが寂しい、また会えると言って…。
私も練習からしっかり見ようと張り切っていましたから残念ですが、EXチケットをどうしても購入する気にならずに買っていなかったことが今考えれば予感だったのかなという気がして、今はただ怪我から派生した(と思われる)故障をしっかり完治させて戻ってきてほしいと願うばかりです。

間接的な話なんだけど、件のドキュメンタリーは私個人的には『大輔さんをエースの呪縛から解放してあげる』ためのあの質問だったのかなと番組を見ていて思ったので、その後の騒動に驚いてしまいました。
確かに「そんなこと聞かないで」とも思ったけど、スケート界のことを考えすぎなくらい責任感が強い大ちゃんなので、これからは少し我儘になってみてというメッセージかな~と。

だって昨季新旧エースとかさんざん世代交代をあおって世界に向けてはエース交代を印象付けておきながら、今季になったら急にまた大ちゃんをエース呼びしていて、マスコミ対応などの煩雑なお仕事は大ちゃんに押し付けようっていう魂胆なの?って感じられて私は心外だったからです。
だから今回選ばれた責任とかチケット購入してくれたファンのためとか考えて無理を重ねるのではなく、大ちゃん自身を一番大事に考え欠場を決断してくれて本当に良かったと思っていますし、あの番組はこういう行動をとっていいという指標だったのではないかとさえ思っているのです。考えすぎかな?

プルさんアイスショーが延期になったゆえだろうから単純に喜べないところはあるんだけど、トマシュ世選に来てくれるようなので全力応援します。
>春紅葉さん
残念ですね。出たいと本気で思っていただろうし。
EXプロはいったいどうなってしまうんでしょうね?(汗)いろいろなことが混沌としてきたような…。
たぶん、各所から言われていると思うけれど、あれこれ気にせず、まずはケガを治し、心身共に疲れているのだから、ゆっくり休んでほしいですね。

例のドキュメンタリーはネットで見ました。
ダイスケにとって明るく元気なソチではないけれど、状況が状況でしたから切ない内容にはなりますね。
最後の質問は、まあここで聞かなくとも…と、言われてみるとそうなんですが、だからなんだというほどでもないように感じました。
膨大な取材があり、番組になるのはほんのわずか、それがダイスケの全てではないし、まして真実とか、なにか判決受けたみたいに落胆するファンには共感できません。

> これからは少し我儘になってみてというメッセージかな~と。

そうですね。まわり見えすぎる男ですから、自分のことだけ考えてほしいですね。
ただファンが心配するほど、周りに合わせているとは、私は思ってないですよ。

エース交代ってどうなんでしょうね。もちろん今一番手はゆづですが、「交代」という表現が、個人の演技、らしさを見せるフィギュアスケートにそぐわないような気が、個人的にはしています。
言い方がちょっといやらしいですが、日本のマスコミは若い選手が好きじゃないですか。でもダイスケの人気にマスコミは戸惑っているんじゃないかなと…ファン層が一般的なスポーツと違うし。
要は、ダイスケファンが減ってゆづファンが増えたのではなくて、ダイスケファンはそのままで、新規(笑)のゆづファンが増えた!…ってことだと思うんですよね。まして乗り換えなんかではない。
だから、交代か?と一瞬思わして、実はそうでもないみたいな(苦笑)

あ、なんかコメントの主旨と違うかも(汗)

ワールド、欠場も多いですが、トマシュはうれしいですね!
トマシュとアボちゃんには頑張って欲しいなあ。

管理者のみに表示