FC2ブログ

ロシアだよ、真央ちゃん

2009年10月26日
タイトルに全く意味はありません(笑)

さてロステレコム・カップ終了、とりあえず5位の浅田真央選手のことを。
順当ならマオミキで…
順当でないのが競技というもので…
真央ちゃんの不調は、ある程度予測できましたが、このような結果になるとねえ、ワタクシも…
今シーズンはGPFに出なくてもいいかも…なんて言ってましたが、実際そうなると…。
ま、でも過ぎたことは過ぎたこととして、腹をくくって次に進むだけですね。

エリックに続き、またもやSPは鬼門、3Aはのコンボならず…回転不足の2Aと見なされ、しっかり決めた2Aが同じジャンプとして無効に。
実況の荒川さんがすぐ気がつきましたね。
このジャンプ構成の弱点だったわけなですが、う~ん、残念(涙)
目に見えた大きな失敗は、この3Aのコンボだけなのですが、2Aが無効のため51.94という、かつてない低い得点に…。2Aがカウントさていれれば50点台後半くらいになっていたはず。
そういう理由があるのだから、得点だけを見てショックを受けなければいいけれどと思っていました。
しかし演技後のインタビューはなんともせつなく涙目で、打ちのめされた感じでした。ここを見て、一日で気持ちを立て直すのは難しいかもな…と。

SPで3Aのコンボを決め、より優位にFPに進みたいという気持ちはわかります。
3Aに固執しすぎという意見も多くあるようですが…。
どうでしょうかね、私には何とも言えない。

FPは、ジャンプがここまで決まらなければ、やむを得ない得点。
冒頭の3Aが決まらない、得意なはずの3Fで回転不足。
唯一の救いはPCSの高さ
やはりSPの敗北感を引きずっているように見えました。
エレメンツ構成やプログラム曲の問題ではなくて、まず気持ちの建て直しかなと感じます。体調はわるくなかったというし。
キスクラではジャンナさんの目も赤いような。

いろいろと外野はうるさいようですが、インタビューによると、振付は多少変わりそうですが、プログラム曲は変えないとのこと。
タラソワさんも迷っていたようですが、2人がよく話し合って決めたことなら、それでいいと思います。
気持ちの建て直しにどれくらい時間がかかるかわかりませんが、あとはやるべき事をやるだけ。
悪い結果を忘れるのではなく、きちんと受け止め、次の試合に生かせればいいと思います。

FPの「鐘」はいいプログラムだと思います。
すごみを増したスパイラルがかっこいいです。
曲は、なんか巨大なものが出てきそうでおもしろい!と思った私ですが…
「ゾンビが出てきそうでヤダ」といったのは、カート・ブラウニング…らしい。
…意気地なし!(爆)
ゾンビの映画だってヒットしたし、マイケルの「スリラー」だってある!
ま、好みでしょう。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
怖いけど楽しみ…
ここでは初めましてですe-265
御贔屓さんはいるけど、真央ちゃんは一番気になる選手です。
今回、この結果は負けず嫌いの彼女にとって悔しいの一言でしょう。

でも、ほぼ丸々、2ヶ月全日本まで時間が作れたのですから、外野を無視して、思いっきり基礎からじっくり取り組んで立て直し、全日本で完璧なSP&FPを見たいと思います。
荒川さんもオリンピックのときGPFに出られなかった事が逆にプラスになったのですから…大丈夫。
ピンチはチャンス♪
晴れやかな笑顔の真央ちゃんが見たいな~~
>pakuさん
こちらでは初めまして。
コメントありがとうございます!

真央ちゃんは良くても悪くても、騒がれてしまうのが大変なとこですね。
しかし、今回ばかりはテレビ的にも手出しが出来ないはずなので(いや、でもどんな裏技を使っても?)、じっくり調整できたらいいですね。
次は、笑顔の真央ちゃんに会いたいですね!

私も荒川さんのトリノシーズンを、やっぱり重ねてしまいます(笑)
スルツカヤ選手が圧倒的な強さで君臨し、GPSでは真央ちゃんにことごとく破れ、ファイナル進出も逃すという…荒川さんを見てるこちらもハラハラしてました。
その荒川さんが今、真央ちゃんの実況をしているという…なんだか不思議な巡り合わせですね。
全日本が楽しみ
こんばんは、ご無沙汰しております。

SPはWebTVで観てて、最初のジャンプが2Aになったので、3Aのコンビネーションをやり直せる、ラッキー、って思って観てましたが、跳びませんでした。

どうしちゃったのだろう、と思いますが私ごときにわかるわけも無い。

フランス大会の後で、山田満知子さんのコメントが何かに載った記憶がありますが、その中の言葉に、安心した、とありました。
真央さんの技術や性格を現コーチの次にわかっていると思う方のコメントですから嬉しい限りで、全日本は本当に楽しみです。

ファイナルでは鬼の居ぬ間に、、、などと一瞬大変失礼な事を頭がよぎってしまい、猛反省しております。

順位は相手あってのこと。
演技直後に笑顔、又は感涙でも、、そんなであって欲しいです。
ピンチはチャンス
pakuさまの「ピンチはチャンス」というお言葉を聞いて、しみじみそうだなぁと思いました。そして、元気が出てきました。どうもありがとうございます。
トリノシーズンの荒川さんのお話が出ていましたが、昨季のエヴァンさんもピンチをチャンスに変えた選手ではないでしょうか。ファイナルに進めず、全米ではまさかの3位、四大陸ではクワドを決めたのに、クワドなしのパトちゃんに負けてしまったりと、苦難続きのシーズンだったように思います。それでも彼は諦めず、プログラムを改良したり、回転不足対策を講じたりして、努力を続けた結果、地元で、パーフェクトなSPとFSを披露し、みごと優勝しました。
真央ちゃんも、今回の経験を糧にして、気持ちを新たに、全日本に向けて、頑張ってほしいです。
ロシアじゃなかったのね。
こんばんは!

浅田選手が曲は気に入っているから変えない、と言っているならそれでいいのだろうと思いたいですが、あの曲の音源について考え直すということはしないのかな。もし音源が7月のコンサートの時に録音されたものを使っているのだとしたら、の話なんですけど…。
というのもそのコンサートの数日後に青島さんが指揮した別のオケをたまたま聴きに行っていて、その時「仮面舞踏会」も演奏されました。そうしたらマエストロ青島が「やっぱり○○(その日のオケの名前)は上手だから指揮していて楽しい、この前同じ曲やったんだけど下手だったの」というような内容のことをおっしゃっていたのです。おしゃべりのネタだったのでしょうが、正直な方ですから多分本音だったと思うのです。
私は浅田選手がその時の演奏を使うかもしれないというニュースを見ていたので、内心「そんな下手な演奏が大事な五輪プロに使われたらイヤだなぁ」と思ってしまいました。もっと素敵な演奏だと気分も変わるかもしれないし、そうすればいい演技ができそうだし…。
しばらくロシアに滞在するのかと思っていたけど帰国したみたいだし、日本でリフレッシュできるといいですね。
>びえいさん
コメントありがとうございます。
真央ちゃんは、演技中に構成を変えることはないんですよね。
荒川さんも言ってましたが、今回の場合、失敗した3Aが2Aと見なされるかどうかの判断は瞬時に難しいと。
2Aになってしまったと確信できれば、次に3A+2Tでもいいですが、失敗したジャンプが3Aと認定されていると思っていれば、次は2Aしかないわけで、悩ましいとこですね。

山田コーチの言葉は、中日スポーツですね。あれは読んでいてほっとしました。
真央ちゃんに関しては、いろんな意見があるのは当然だし、目標に向かう道筋も一つとは限りません。その中で、どういう道を歩むのかはわかりませんが、見守りたいと思います。
マスコミなど周囲が思っているより彼女は大人だと、私は思うのですが、仮に子どもだとしたら失敗や後悔、いろんな事を経験して大人になって行くのを見とどけたいです。

おっしゃるように順位はあとからついてくるものですよね。
悔いのない演技が出来れば、こんな幸せなことはないですね。
>マイキーさん
ライサは、端から見ててもなんかついてない時が多いんですよね。
スケートアメリカのタイトルはいつも日本人が持っていってしまうし、会心の演技だと喜んでいると、他の選手がもっとよかったり…
ワールドタイトルは、そういう意味で、耐えて耐えて、気迫と努力でつかんだプライドという感じがしました。

真央ちゃん、帰国後のインタビューでは、ずいぶん落ち着いた様子でしたね。
気持ちを切り換え、次にむかってくれるでしょう。
>春紅葉さん
真央ちゃん、プログラム曲は変えないそうですね。SPは変えてもいいかな?と私も思ったほうです。

プログラム曲は、選曲もありますが、演奏者によってずいぶんちがいますよね。
「仮面舞踏会」の音源ってどうなんでしょうね?
7月のコンサートで録画、あの記事読んだ時、私も正直微妙でした。失礼だけど、あのオケで?…と(すまん)ただの話題作りで終わってくれた方がと思いました。
ただあの時も、真央ちゃんは社交辞令として「気に入った」と言ったような感じがしたし、コーチと相談して決めるとも言っていたので、早まった(笑)ことはしないのではと思いました。
タラソワコーチの夫は、ピアニストと聞いてますので、耳は肥えているはずと…。
青島さん、そんなこと言ってましたか…なるほど!ああいう方は嘘はつかない…私もそう思います(苦笑)

管理者のみに表示