慈徳寺の種まき桜

2014年04月17日
2014041321.jpg

福島市のあづま運動公園から車で山側に登って行くことしばし、慈徳寺が見えてきました。桜にはちょっと早かったなあ、残念。
それにしても立派な佇まい、桜を囲むように「舞台」があります。

2014041326.jpg
慈徳寺のしだれ桜は別名「いと桜」、樹齢300年以上。市指定天然記念物です。桜の開花にあわせて種を蒔いたことから「種まき桜(たねまきざくら)」。

2014041324.jpg
桜を痛めずに見上げることができるように、このような舞台が設置されたらしい。
まるで能の舞台ようですね。

2014041327.jpg
舞台は展望台のようなもの、桜越しに街が見えます。

2014041325.jpg
桜は咲き始めたばかり。びっしりついたつぼみのボリュームがすごい。
満開なら壮観に違いない。

2014041328.jpg
寺院の裏手の方へ上ってみると、しだれ桜と福島市街地が一望に、すばらしい眺め。
今年は無理でも、次回はぜひ満開の時に来なくては。

20140413300.jpg
桜には早いですが、カタクリが咲いていました。

2014041329.jpg
慈徳寺のことはあまり知らなかったのですが、ここは全国で11番目の樹木葬墓地があるところ。墓碑をつくらず苗木を植えるらしい。信仰、宗派に関係なく永代供養してくれるそうです。
寺の背後の杉山がよく手入れされ、あちこち伐採されていましたが、そういう理由なんですね。

慈徳寺(じとくじ)のしだれ桜
慈徳寺(福島市)

関連記事
桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示