FC2ブログ

GPS2009 ロステレコム・カップ男子

2009年10月28日
どんどん放送があるのに追い切れません。
CSの放送はまだ全部見てないので、まだらな感想になりそう。
ところで、私が大穴で推薦したムロズ君はいったいどこに?
SPはまさかの最下位(汗)CSでは映ったんでしょうか?
あ、でもFPで4T決め、FSだけなら4位、総合7位みたい。
やれやれ、故障明けだったんですね。

○エフゲニー・プルシェンコ選手
言い尽くされていますが、今回の目玉。
SPで1位でも、FSでスタミナ持たないんじゃないの?とか言われてましたが、持ちましたね。
ランキングの関係で、SP第一滑走、FSは最終滑走、メイクドラマってことでしょうか?さすがです(笑)

競技を離れていたころとは別人のよう、体も顔つきも競技者になっていました。
事実上最高難度のジャンプ4T+3Tを華麗に決めたこと、他を圧倒する存在感、オーラを振りまき、複雑なステップワークは健在。
見るものを惹き付ける、見飽きない、なんだか説得されてしまいますね(笑)
役者が違う…優勝にふさわしかったと思います。
一方で、SP、FP共に、タンゴだろうとロマンチックだろうと…全部マートン味プログラムで、振付もどことなくワンパターン、密なプログラムとも思えない。

いろんな方のブログ読ませて頂いて、おもしろいと思ったのは、トリノ以前の旧採点法時代のプルさんを知っているかどうかで、良くも悪くも見方がずいぶん違うところでしょうか。
私は昔を見ているので、「ここまで戻ってきたのはすごい!」と思ってしまいますが、そういう過去の栄光とかの先入観なしで、新採点法で見た場合、これでいいわけ?みたいな意見もあるようなんですね…なるほどと(苦笑)
すごいんだけど、すごいんだけど…いいわけ?…みたいな。

○小塚崇彦選手
冒頭のウィンクに、クラッ…じゃなくて、ギクッとした私です(爆)
SPの衣装は腹に虎が描いてあってびっくり!…嘘です(笑)
なんだか柄がロールシャッハテストみたいだと思って…だったら虎の顔が見えてもおかしくないか…なんて、あはは。

JOでは不安を残しましたが、ちゃんとまとめてきました。当然といえば当然ですが、トップ選手にふさわしい成長をしているとうれしくなりました。
今季のプログラムでは、どちらも好きです。FPは彼のさわやかさ、すがすがしさがいかされていて、特に好きですねえ。
あとは4Tの成功ですね、惜しかった両足着氷。
そしてお約束なんでしょうか、後半の3A、これが決まるか決まらないかで…以下昨年と同文(笑)
「彫刻のように見せたい」と言っていたそうですが、ポージングというような意味かな?
プルさんと較べてもしょうがないか(笑)、決めポーズみたいなのが、まだ弱いのは確かですね。

今大会では、新採点の元で育ち、評価されてきた小塚とプルさんの比較も見所でした。
結果もさることながら双方にとって、とても収穫のある大会だったのではないでしょうか。
ノーミスのSPは、思った程得点が伸びなかったと小塚、これはプルさんの得点に対してどうなのかという意味もあると思います。
今回の結果が、今後のジャッジ傾向を予測するものになるかはわかりませんが、なるほどねえ…そんな風に見てました。

それにしても、2位以上をキープした小塚はさすがです。
最終結果では、プルさんに大差をつけられましたが、実際の差はこれほどないと思います。
ファイナルへ向け、次のNHK杯を頑張ってください。
…NHK杯で、勝たせたい選手がたくさんいるんですが(滝汗)…今は深く考えるまい。

○ジョニー・ウィアー選手
今季からウィルソン振付。
ジョニーらしさ、独特の美意識みたないなところは健在だと思いましたが、ジャンプが決まらなければ…。
SPの3A、この失敗がある意味全てかも。ここがが決まっていたら、出遅れも最小限だったはずだし、波に乗れたと思うのですが。
キスクラのがっかりした表情が、傷つきやすい少年みたいで…
彼も次の大会はNHKなんですよね。
今季の場合、ファイナルは行かなくてもいいと思いますが、残念な結果になってしまいました。

○アドリアン・シュルタイス選手
キモカワな唇ピアス君、SPは「マイウェイ」「クリスマス・ファンタジー」という選曲にびっくり、でも思ったより違和感もなく。
技術的には、国内のライバル、ベルトソン選手より上かなと感じました。
FPは、キモカワな唇ピアス君らしいプログラム!
薄気味悪い首のフリフリはじめ、随所に妖しく、変振付が楽しい。
小学生とか女子高生に受けそう!
ジャッジには…どうかな?

○他気になった選手
ボロデュリン選手、ジュニアの美少年という印象しかなかったので、すっかり男っぽくなってました。
3Lzにeがついているのが、気がかりですが手堅くまとめ総合3位、国内ではどれくらいの位置にいるのでしょうか、ヴォロノフ選手と競ってるくらいかな。
アモーディオ選手は、フランス男子らしく個性重視で行くつもりなんでしょうか?不思議ちゃんなFPはワタクシ的には微妙。表彰台に絡んでくるかも…と思いましたが、残念でした。
ソーヤー君は男前度がアップしたような、課題の3Aは…うーん。

今頃ナンですが、ロシア大会のエントリーって、すごくおもしろいですよね。
旧採点時代の皇帝プルさんと従者(スマン)ヴェンデルペレン
新採点育ちの小塚、ボロデュリン
個性的な面々、ジョニー、唇ピアス、ソーヤー
新世代のクワドジャンパー、ムロズ

今季のジャッジ傾向を探るには理想的なセッティング…だったのか?…
どうかな?…わからん(爆)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
もう勘弁して(笑)
プルさんの演技をちゃんと見たのは、今回が初めてだったのですが、彼が宇宙人と言われる所以を思い知りました。終始、「うわーすごいなー」と、口をポカーンと開けて見てる感じで(笑)。
EXでも、4Tとか3Aとかポンポン跳んでて、「ハイハイ、キミがすごいのはよく分かったから。もう勘弁して」と言いたくなりました(爆)。

小塚くんは、SPでもFSでも良い演技を見せてくれて、大満足です。
クワドはあともう一息ですね。頑張って!

シュルタイスくんは、SPは清楚系、FSは凶悪系って、いくらなんでも両極端すぎじゃないでしょうか(爆)。フィギュアスケートのすばらしいところはその多様性にあると思いますが、彼は、男子シングルの多様性に大きく寄与してますよね(笑)。

ムロズくんのSP、CSでもちゃんと放送されてましたよ。CSは、シングルの選手の演技はみんな放送してくれるみたいです。
SPでは、クワドの連続ジャンプを失敗した上に、アクセルがシングルになったのがイタかったですね。
でも、フリーではクワドも決めたし、PCSもぐぐっと上がって、ほっとしました。
SPからクワドに挑戦するところを見ると、調子は悪くないと思うんですよ。SPにクワドの連続ジャンプが入るようになれば、大きな武器になるので、めげずに頑張ってほしいです。
>マイキーさん
コメントありがとうございます。
マイキーさんのプルさんの印象、聞いてみたいと思ってました(笑)
やっぱりすごいって思いましたか~。
プログラムに入れるか入れないかもふくめ、ハイリスクハイリターンのクワドに苦戦している選手が多い中、失敗する気配がないのはすごいですよね。
ただ、じゃあこれでバンクーバーはもらった…みたいな話には…うーん、ならないと…たぶん…思うのですが(苦笑)
いろんな意味で、物議をかもしてくれるのも、プルさんの役目かななんてことを期待しています。

>フィギュアスケートのすばらしいところはその多様性
「どうぶつ奇想天外」「生き物バンザイ」みたいですが(爆)、ええ、おっしゃる通り同感です。
シュルタイス君は、フィギュアスケートの新たなファン層を獲得するためにも、どんどん放送してほしいですね。
小学生が放送の翌日「昨日のシュル太、すっげーキモかった!」なんて話題になるのが、私の理想。

ムロズ君、CSにいましたね!なんだかんだ言って結構好きなんですよ(笑)
SPは残念なできでしたが、当初危惧していたタンゴのプログラムは、なかなか素敵でした。
彼は、このように奇をてらわないシンプルな衣装がいいなと思いながら、引き続きFPを見てみると…。
なんでしょうか、あの王子崩れな衣装は!(汗)
派手とは言わないけれど…。私は奇抜な衣装が好きなんですが、これは貴族風フリフリな胸元に対し、全身タイツみたいに見えて、バランス悪いと…。
あんな衣装でFS4位とは?どんなすばらしい出来だったのだろうか?
衣装に気をとられて、内容憶えてません…(爆)
コメントへのご返信ありがとうございます。

>ただ、じゃあこれでバンクーバーはもらった…みたいな話には…うーん、ならないと…たぶん…思うのですが(苦笑)

わたしも同感です。「オジサン」世代(笑)がそれをゆるさないんじゃないかなと期待してます。

>小学生が放送の翌日「昨日のシュル太、すっげーキモかった!」なんて話題になるのが、私の理想。

ああ、そんな日がきたらサイコーですよね!
シュル太くんのフリーは、ある意味プルさんより衝撃的でした。「フィギュアスケートでこういうこともできるんだ」と新境地が拓けたように思います(笑)。
ベルントソン君と、オリンピック代表を争わなくちゃいけないのが、実に惜しいですね。

ムロズくんのタンゴ、わたしもいいなぁと思って見てたんですが、ステップは二つともレベル1だわPCSは低いわで、残念でした。
フリーの衣装は…ちょっとショボい感じですよね(汗)。ムロズくんはクラシカルな衣装が似合うと思うので、こういう「王子」っぽい路線自体は間違ってないと思うんですが…。
>マイキーさん
なんだかんだ言ってプルさんはすごいな、という気持ちは変わらないのですが、つい突っ込みたくなるのも、何でも言ってもいいような気になるのも、プルさんの人徳でしょうかね(笑)

シュル太はのFPはある意味癖になりそうかも。
私には新境地と言うより、「…そうか、やっていいんだ!」って感じです。
ベルトソン選手とは、いつも拮抗してますから、代表選は悩みますよね。その時いい人が、大舞台で力を発揮出来るかというと読めないし、期待値で代表になって結果を出せなかったらそれこそブーイングが起きそうだし…。

ムロズ君は、昨シーズンの衝撃的な衣装に較べれば、マトモなんですが(笑)
それなりの衣装なら、男前だと思うんですが…とりあえずさわやか系にしてみたいです。
いやそれより全米で2位になったのは、決してまぐれではないと思うので、これから頑張ってほしいです。

管理者のみに表示