いい一年になりますように

2014年04月24日
高橋大輔、1年間休養へ=進退「ゆっくり考える」-フィギュアスケート
「1年くらいかけてゆっくり考える。来季は試合には出ないと自分の中で決めている」

そうかなという予感もありましたし、何より故障がありますから、休養宣言にほっとしたというのが正直な気持ちです。
心も体も、中途半端なまま進む時期ではないですよね。充電しながらゆっくり考えてくれればいいです。

多くの選手にとってソチは一つの区切り、そして来シーズンがどんなシーズンになるか?
もしダイスケが復帰するとしたら、その頃はどうなっているだろう。想像つきません。
ああでも、今のダイスケにとっては、周りのことより、空っぽになった自分を満たすことですかね。

アイスショーはあると思いますが、どうなるでしょうか?
先日の本田さんの講演会では、ダイスケは氷上の練習を始め振付も…とは話していましたが、いつなのかは言っていません(少なくともマイクの前では)
荒川さんのオメデタでFOIもどうなるか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「誰も知らない高橋大輔」
ようやく見ました。2006年からの映像がなつかしい。競技の映像はたびたび流れるけれど、練習シーンやオフアイスの映像はなかなか見ないですよねえ。
顔つきどころか、体つき、姿勢や歩き方まで全然違う(汗)
声や時々現れる子どもっぽい口調は変わらないけれど、話す内容が違う…当たり前か(笑)
大人になりました…当たり前か(笑)

2012シーズン頃からの苦しいシーズンは、故障があるからですが、自分の心や弱い気持ちのことばかりを語っている。
思えばたくさんの選手が大なり小なり故障を抱えています。実力があってこそですが、人気があり恵まれた環境を手にしている彼は、故障を言い訳にしたくないのらもしれません。そしてプライドかな。

オリンピックシーズン序盤、モチベーションがもっと上がっていたら、GPSをもう少し余裕を持って戦えただろうか?
急な追い込みが故障を引き起こしたのだろうか?
今となるとなんとも言えませんが、そういうもろもろの弱さも、故障も全て受け入れて、リンクに立たなくてはならない。
人生という意味なら、それを糧にできることはわかっているけれど…ソチは過酷でしたね。

全日本フリー直後、涙のインタビューを見ながら、ここで終わってしまったかもしれないと思うと、オリンピックの演技は奇跡のようなきらめきにも見えてきます。
同時に、こんなもんじゃない高橋大輔の力は…と思う。
現役もいいけれど、プロの道もいいかもしれない。
ダイスケが道を決めかねているように、ファンである自分も判断を決めかていることがなんとも(苦笑)

やっぱり時間が必要ですね。いい一年になりますように。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
ニルギリさん。こんなんめっけました!
http://www.vogue.co.jp/blog/vogue-wedding/archives/954
なので出演者はわかりませんが、ショー自体は公演されるかと。
ただ衣装のプロデュースとなると、
着る人=スケータがある程度前に決まってないと縫製が間に合わない?

関大に続き、昨日は岡山でも授与式に出席されてましたね。
特に地元でのニュース映像にあった
(遠慮がちだったけれど)お自身を褒めた高橋選手を見て、
涙腺が崩壊してしまいました…。
「やっと褒めはった! そんだけこの4年間は壮絶やったんやなぁ…」と改めて。

おっしゃる通り、時間は必要だと思いますし、
その時間もまた、彼は意味のあるモノにされる事でしょう。
ゆっくりご自身と向き合って欲しいなぁと思います^^
No title
☓ お自身 → ○ ご自身

失礼いたしました^^;
>まっきーさん
FOI、アナウンスが出ましたね!どんな形になるのかわかりませんが、いつものメンバー+でしょうか?荒川さんはブロデュースで関わるのかなと想像しています。
となると、トリはあの男…?

ダイスケの帰郷と表彰のニュース、ローカルですがたくさん出ていますね。
やっぱり愛されてますね!(笑)
顔つきもしっかりしてきて(汗)気もそぞろから、ここに来て、いろいろなことを認め、まとまってきたような気がします。
だんだんと覚悟も…決断するという意味ですが。

やっぱり競技が好きなんですよね。
そして現役である以上勝ちたい…ここ大事です。勝負にこだわらず現役はないような気がしていましたので。
あとは体次第、ここが難しいでしょうね。気持ちだけでは決められないのがくやしいですが。
いずれにしても、彼らしく、どんな決断でも彼らしくなりそうですが(苦笑)

管理者のみに表示