「アミノバイタル」一日営業部長 髙橋大輔が来る! スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店

2014年06月15日
記憶で書いているので、覚えていることだけ。内容は順不同、また言葉が違うかもしれませんが、大体の意味、ニュアンスということでご容赦下さい。
目新しい情報はな特にないですが、今のダイスケはこんな感じということがわかります。

今回のイベントは、味の素アミノバイタルの販促。
なぜここかというと、アミノバイタル販売日本一だからだそう…知らなかった〜。この辺りでは大きいスポーツ用品の小売店ですが。
会場は整理券を持つ180名と前列に小学生位の子ども達20〜30人くらい、スピードスケートやアイスホッケーをやっている子たちを招待したのでしょう。

トークショーのMCは味の素の方で、ダイスケとは10年来の付き合い。味の素のサポート、栄養指導がそれくらいになるということでしょうか。
話は子ども時代の話から、スケートを始めたきっかけや体育は決して得意ではなかったこと、球技は苦手だった。オリンピックを意識したのはいつ頃かなど、ファンならよく知っている内容が続きます。

ただスケートが楽しかった。親にスケートで叱られることはなかったというと、MCが、トップアスリートをたくさん見ていますが、トップになる選手はみんな叱られたことがないと言うらしい。

そして食事の話、家族はダイスケが練習から帰ってくるのを待って、みんなで夕食、今思うとありがたい…みたいな話。
家庭の味(おふくろの味ってやつね)で好きなのは、ハンバーグとか…あと餃子。ああやっぱりという会場のリアクション(笑)
会場の子どもに「何が好き」と聞くと、「ハンバーグ」という答えが。子どもはねえ…という笑いが会場に。
MCが味噌汁は食べてますかと会場に聞く。味噌汁は体にとてもいい、なぜなら出汁に含まれるアミノ酸が大事…つまりアミノバイタル…という流れ。
食生活の大切さみたいな啓蒙もトークショーの目的でもあるのかなと思う。
ダイスケがアミノバイタルをどう摂取しているかなど。

食生活について、ダイスケは料理はできない(あまりしないという位の意味か?)けれど、子どもたちには、これからは料理はできた方がいい。子どものうちから、体づくりを意識した食事ができたらいいと。

ダイスケは19歳の頃、MCに「(年を取って)疲れが取れない」というようなことを言ったらしい(笑)
成長期から大人になる時期で体質も変わって来るからとMC。
ダイスケ自身は、その頃より今の方が体力あると。MC、それはすごいことで、体づくりをしているからだというような話。

MCはフィギュアスケートは優雅なスポーツだと思っていたけれど、ダイスケが、例えて言えば中距離走や1500m障害と教えてくれて、そこから見方が変わった。その後合宿を見たりして、ハードなことに驚いた。
(記憶で言葉がちょっとあいまいですが)フィギュアスケートのトレーニングは、筋トレで鍛えたり筋肉つけるのは違う、体幹、インナーマッスルが大事。
あと呼吸法、スピードのあるところから止まったり、緩急のある動きをする(1500m障害はそういう意味の例え)転倒すれば一瞬呼吸も止まり、(流れが途切れ、呼吸を整えるために)体力を消耗してしまう。
MC…トップアスリートは自分の筋肉の隅々まで意識している、細かな動きも把握していると。
ダイスケは、バレエを数年前から始めて、ダンサーこそ自分の筋肉を知っている、そして呼吸法に学ぶものが多いみたいなこと。

印象に残っているのは、MCがソチオリンピックについて振ったのですが、今更というか、もうだいたい話も出尽くした感が、ダイスケにも我々会場にもあり、さらっと流れたことですね。
私としても、ソチは過去のこと、あれはあれ、もう考えてもしょうがないような気がします。
今後のことは、まだわからない…この辺りもだいたい予想通りですね。

これから子どもたちにメッセージ。
続けることが大事、そこで勝てなくても(トップアスリートはみたいな存在にならなくてもという意味で)続けることでわかる、人生でムダにならないみたいな話。自分はたくさんの人に支えてもらってきた。甘えて叱られたこともあるけれど、そこで学ぶことも多い。

子どもたちを見るダイスケの目がとにかく優しい。
会場で唯一自分の仲間に思えるからかもしれません(汗)

ダイスケは白のTシャツにブルーのシャツ、ゆったりした紺のパンツ。髪も短くてなってさっぱり。
営業部長は、もしかしてビシッとスーツ?…と、ちょっと期待していましたが残念(笑)ラフで爽やかな夏の装いでした。

会場はファンばかり(そりゃそうだ)、終始熱気に押され気味のダイスケでした(笑)
こういう場だと、シャイで控えめな雰囲気、話し方も穏やか。
ギャップはわかっているつもりでも、このおとなしい好青年が、リンクでオーラと色気を放つあのスケーターと同じ人物だとは信じられない。
もちろんかっこいいですよ、でもどっちかいうと…かわいい(笑)

夕方のローカルニュースでちらっと流れましたが、TVだとこの小動物っぽさと、かわいい小動物に熱狂するファンの熱さが、半分くらいしか伝わらないのが残念(笑)

整理券は、先週の土曜日午前中にアミノバタルを購入した方先着180名に配布されました。私は早めに行ったつもりでしたが、100番台。田舎の町ですし、楽勝と思ったのが甘かった。遠方からも多数。一番乗りは前日夜8時、札幌から…だとか(汗)
抽選で30名はダイスケと写真撮影&前方のイス席。さらにそこから5名はダイスケとアミノバイタルで乾杯?らしい。
トークの前に抽選が行われましたが、会場が急にヒートアップして、扇風機投入(汗)
会場は店内のフィットネススペース、オールスタンディングフラットなので、後ろの方の私は、時々背伸びしないと見えない(汗)
ただ通路側にいたので、ガラス越し至近距離をダイスケが通って行きました。

はにかんだ笑顔が…やはり…かわいいとしか(笑)

スーパースポーツゼビオ郡山西ノ内店 『アミノバイタル一日営業部長』
関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
レポートありがとうございます
ニルギリさん、詳しいレポートあげて下さって感謝です。

2週続けて土曜日に郡山に行くとは言い出せず、最初からあきらめてしまった自分に落ち込み中です。4か所すべてに参加された方もいるんですよね…その行動力、尊敬します!

みなさん、ショーとはまた違って素の大ちゃんを見られて、そのかわいさにひたっておられるのでしょうね…

幸運なことにFskating.net.の先行予約の抽選で土曜昼公演が当たったので…なんと初フレンズ!!! 楽しみに待ちたいと思います。
>Mieさん
> 4か所すべてに参加された方もいるんですよね…その行動力、尊敬します!

ええ〜っ!すごい!そういう方いるんですねえ(驚)
今回は抽選で30名が一緒に写真、30名の中からさらに5人が、一緒にアミノバイタル飲んで10分くらいお話しできるということでした。
トークの前に30名の抽選があったのですが、整理券1番の方も当選されて、その瞬間拍手がおきたんですよ。先日夜から徹夜だとみんな知ってますからね、よかった、よかった…と。

熱いファンが見守る中でトークって、嫌ではないと思いますが、決して得意ではなさそうなダイスケでした。
やはり彼は、リンクで注目されるべき人なんだなあと再確認。
そのギャップがかわいいところでもありますが(汗)

FOIよかったですね!私は日曜の2公演にまいります。

出遅れどころじゃないけど…
実は私もスポーツオーソリティー西橋本店のトークショーに行ってきました。
ここは参加人数制限なし(条件は期間中にアミノバイタルゴールド購入)だったため来場者は約600人らしいですが、最初店内で行う予定だったものの(これはアミノバイタル買いに行ったとき店長さんがおっしゃっていた)全員参加できるように同じ建物内のフリースペースみたいなところに会場変更してくれたみたいです。

トークショーの進行自体は同じだと思うので特に目新しいネタはないし、他の店舗のレポを読ませていただく限り大人数だったせいか一番無難な進行になったように感じているのですが、とりあえず西橋本店で披露された話と思われることをちょっと書かせていただきます。

好きな食べ物の話はまずMCさんが子供たちに(自分からは見えないから多分だけど)質問、一人目「から揚げ」、二人目悩んでいるらしく答えられずにいると大ちゃんが「何でも好き?」みたいに助け舟を出し、三人目「から揚げ」再びでその後「から揚げ人気ですね」と大ちゃんに振るMC、大ちゃんすかさず「から揚げ美味しいよね~、僕も好きです」みたいに言ってこの回の大ちゃん好きな食べ物はから揚げということに…。流れを読む能力が素敵です。

家族で夕食の話では「簡単だから鍋料理が多かった」と言っていて、鍋が苦手なのは子供のころ食べ過ぎたからかしら、なんて思いました。
アミノバイタルの飲み方の話の時には、お酒飲む前や飲んだ後にアミノバイタル飲むと悪酔いしにくい、というおすすめがありました。

来ていたメディアはテレ東、報知新聞(記者のみでカメラマン見当たらず)、内外出版、他はIDカード読めなくてわからなかったけど食品関係の業界紙っぽい名前のカードの人がいたと聞き及びました。
テレ東の方には直接お聞きしちゃったんですが、特に放送予定があるわけではなく「撮ってきて」という指示で来ていたそうです。
忘れたころでも欠片でもいいから放送されるといいなぁ。

全然関係ないけど、横浜高島屋の真央展も行ってきました。
早めに行った方が比較的混まないかと思って2日目の開店と同時に行ったけど、それでもすでにかなりの人がいてちょっとびっくり。
せっかくだから一つ下の階のエアウィーブお試しコーナーも行ったらまだ他階はすいていて余裕でお試し出来(笑)、そこでは真央ちゃんが五輪に持って行ったエアウィーブ入れ(真央サイン付き)が展示されていました。

この日はまだマダムタッソーろう人形は展示されていなかったので、ろう人形見に後日再び高島屋へ行きました。
実物大の可憐な姿を見たらこの華奢な体のどこにあんなパワーがあるんだろうと不思議な気持ちになりました。
そういえば店内のBGMもずっと真央ちゃん使用曲がエンドレスで流れていました。真央ファンの方なら1日中店内にいても幸せな気分でいられそうです。
>春紅葉さん
こんにちは、お返事遅れましたが、レポートありがとうございます。
やっぱり、行った方から聞くってたのしいですね。西橋本店のトークショーは600人ですか、おおいですねえ!

郡山もそうなんですが、子どもたちへの態度や目がとても優しいんですよね。その場に置かれた子どもの気持ちになれるんだなあと思います。こんな時困るよね…わかるわかる…みたいな(笑)
そういえば郡山では、郡山に来たのは初めてで、本田コーチの出身地ですよねという会話がありました。そんな田舎での出来事のせいか、夕方のローカルニュースでちらっと放送されていました。

> 全然関係ないけど、横浜高島屋の真央展も行ってきました。

おお〜、機会があれば私も行きたいところですが、なかなか…。仙台くらいならなあと思うんですが。
衣装は、常日頃辛口ばかりの私なんですが(汗)実際見るととても凝っていますね。…そして細い!ろう人形でも細いんですね。




管理者のみに表示