FC2ブログ

福島のこのごろ 糸井さんと福島の桃

2014年09月22日
糸井重里さん「馬鹿にされたような思いになる」 福島の桃への中傷に怒り
2014年08月23日  The Huffington Post

コピーライターの糸井重里さんが福島で桃を購入したとするTwitter投稿に、「食べないほうがいい」などの批判コメントが多数寄せられ、糸井さんは8月22日、「馬鹿にされたような思いになる」と反論ツイートを投稿した。
------------------------------------------------------------------------------
糸井さんのツイート
福島の桃を買ったとか、それがおいしかったと書くと、一部の人たちから三年も前と同じような「反論?」が飛んでくる。あらゆる不安に丁寧に答えようと地道に調査して計測してきた人たち、安心でおいしい農作物を自信をもって届けられるようになった人たちのことを、馬鹿にされたような思いになる。
2014年8月22日 12:23
------------------------------------------------------------------------------

私は糸井さんを(なんとなく)フォローしていたので、リアルタイムで知っていました。
普段はまったりした内容なんですよね。三陸など被災地に時々いらしていて、ああ、今福島に来ているんだな、桃買ったんだ、余ったらジャム作るのか〜とのんきに読んでいました。
桃を買ったときのフォロワーのコメントは、あたたかい内容も多くて批判的なコメントばかりではないのですが…きついコメントはめだつんですよね。
「食べないほうがいい」、「何ベクレル?」、「自分で食べる分を買うだけなら勝手だけれど、有名人が福島産の宣伝をしてはいけないと思う。影響力が大きすぎる」
攻撃的なコメントには正直引いてしまいました。
また、失礼かもしれないけれど、有名人糸井さんの威力はすごいなと(苦笑)

福島の産品は受け入れられない、放射能汚染に対し慎重な態度の方がいるのはわかりますし、無理強いするつもりはないのですが…、なんの根拠もないと思われる方の無責任なコメントには、腹立ちを超えてがっかりです。
3年以上たって、その間地道な努力を重ねてきても、まだこんなことを言われるのかと。
そして、福島で暮らし、福島で生産し、福島の産品を食べている私たちを、「終わった」「かわいそうな人たち」と上から目線で見ているのだろうなと感じました。
被災地支援、復興となんとなく建前で言っていても、私たちをひとくくりで原発事故という悲劇の中に閉じ込めておきたいのかなとも思えます。人って「悲劇」っぽいところで納得(満足?)してしまうことってあるじゃないですか?
残念ながら、我々は終わってはいなくて生きているので(苦笑)、そういうくくりは大変迷惑なんです。
2014091203.jpg
危険や安全を訴えるなら、根拠、しかるべきデータを示す、それだけは守って欲しいです。
先日見ていたTEDで、カナダの宇宙飛行士が「危険と恐怖は違う」と話していましたが、そういうことです。危険は回避しなくてはならないけれど、根拠(実体のない)のない恐怖は感じなくていい。むしろ物事の見方をゆがめてしまうかもしれない。
なんとなく不安だからと、無責任な言動は謹んでほしいです、大人なんですから。

関連記事
福島で暮らす | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
根拠
「危険や安全を訴えるなら、根拠、しかるべきデータを示す」
これに尽きると思います。

福島産のものがどれだけ厳格に検査されているのか、もっとアピールできると良いですね。

桃、大好き!最近、バラ科の果物にアレルギーが出るようになってしまって、思いっきり食べられないのが残念。もっともこちらの桃はいまいち。日本にいたら、福島まで買いに行ってしまうな、きっと(お近くだし)。ちなみに私は柔らかいのが好みです。
福島の桃
私も糸井さんをフォローしてるので、彼が被災地の地道な支援を続けているのを知っています。福島の桃や三陸の海産物を紹介してるのを見て、「美味しそうだな〜」とうらやましく思ったり(笑)他にも捨て犬捨て猫の保護をしてる人たちの活動を紹介したりしてますね。
今年は「桃モッツァレラ」という食べ方をフォロワーさんに教わって、何度か福島の桃で食べました。簡単で美味しくて、しかも酒のつまみになる!(爆)私にピッタリな食べ方です。
出荷できるってことは、基準値をクリアしてるってことだと、頭では理解していても感情的に納得できない人もいるでしょう。しかしそれは個人的な問題であって、他人に押し付けるべきことではないと思うのです。
糸井さんは個人的に食べたいと思い、食べて美味しいと思う。それを述べただけのことです。それを誰かに押し付けたわけでも何でもないのに、周りが勝手に騒ぐ。こういう時、親切づらする人の方が、なんだか胡散臭いなと。

とにかく私は桃が好きだし、また福島の桃食べますよ。だって美味しいもん!
>matie さん
ふくしま 新発売。農林水産物モニタリング情報
http://www.new-fukushima.jp/monitoring/

こういうサイトもあり、その気になれば一発で検索ができますし、観光客の多いお店などでは検査データを掲示しいます。
ですが、良くないイメージを持っている方は、そこから調べようと思わないですからね(汗)
福島は果物や野菜、あとお米もおいしい土地なんです。誇りをもって作っていたのに、こいうことが続くと、生産者は心も折れてしまうだろうなと思います。

> 桃、大好き!最近、バラ科の果物にアレルギーが出るようになってしまって

え〜、そんなアレルギーがあるとは知りませんでした(汗)
バラ科の果物は多いですから大変ですね。

>美輪さん
福島市の産品は、かなり厳しく検査されています。
特に小売店に並ぶ野菜などは、そこをクリアしないと出荷できません。
なんですが〜なかなかわかってもらえませんね(涙)
でも、こういってはナンですが、普段から(震災前から)果物や野菜を食べない、好まない方に限ってこういうことを言う傾向があるのは確かです…つまりそもそも好きじゃない(汗)

糸井さんは使命感を持ってということではなく、自分にできる範囲で被災地支援を続けていて、あんまり力んでいないところがいいなと思っています。そうはいっても有名人はすごいけど。
何か大きなことをではなくて、日常でできることで十分被災地支援になると思うんですよね。
美輪さんの住む関西だと、福島への理解はまだまだだと推測していますが、こうして福島についてのブログを読んで頂いたりするだけでもありがたいなと思っています。
これからもよろしくお願いします。

「桃モッツァレラ」はまだためしていません。モッツァレラ高いんだもん(汗)
その気
>その気になれば一発で検索ができます
「その気」。ここが一番の問題だと思います。あまり関心のない人にも、ちゃんと検査しているんだ、という情報が行き渡るような手段はないのかな。

今回の糸井さんのように有名人が情報発信してくれるのは、そういう意味で有意義なことですね。

この前の桃の記事を読んでから、(日本の)桃が食べたくて仕方ない~。
>matieさん
> 「その気」。ここが一番の問題だと思います。あまり関心のない人にも、ちゃんと検査しているんだ、という情報が行き渡るような手段はないのかな。

昔に比べたら、調べるのは簡単なんですけどね(汗)
あまりやりすぎると、かえって怪しい…なんて思う方もいるみたいです。
いずれにしても、無理のない範囲でできることはたくさんあるのだから、あとは福島に限らず被災地や災害に見舞われた方を支援する、継続することが大事なんじゃないかなと思います。

果物は旬がありますからね〜その時期ここにいないと食べられないですねえ〜。
今度ブログで、ドイツの果物を紹介してくださいよ。

管理者のみに表示