GPS2014 第6戦 NHK杯 女子シングルフリー ちょっともやもや〜

2014年11月30日
2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会
2014年11月28日(金)~11月30日(日) なみはやドーム
エントリー/リザルト

オフチャロワの笑顔は何なんだろう?今ここでスケートをしている喜びに浸っているような、幸せそうな笑顔…そしてアスリートの笑顔じゃないっていう(笑)

エドマンズ、太ももの筋肉がエミューちゃん(コストナー)そっくり、長身、スピードの出るタイプ。今日は衣装もエミューちゃんっぽいので、余計そう思う。
悪くないと思うけれど、いまひとつ伸びないのは…そうか、< とか、! とか…。

ゲデ嬢、ジャンプが気持ちよく決まっていい感じでしたが、実況が「課題は後半」と言ったところからミス連発(汗)

利緒菜さん、すばらしくきれいな3F+3T!から始まって、ジャンプが次々決まる。全く危なげない。スピードもありますね。後半の2A+3Tも完璧!
いや〜すばらしい!こんなにできる子なんですね、びっくりです。

デールマン、なかなか良かったです。
ガオ、フリーはきれいにまとまったかな。
ジジュン「ムーン・リバー」、映画に合わせて黒の手袋だと思うけれど、長手袋でないとドレッシーな雰囲気が出ないのでは?…長いと重たい印象になるからか?

宮原さん、冒頭の3Lz+3Tが決まっていたら波にのれたかな?つまづきが残念、そのあともミスがあちこち、いいところもたくさんある、極端に悪いわけではないのだけれど、もっとできるはずだと思うと歯がゆい。

カナコ、だいぶファントムらしくなってきました。
2Lの跳びすぎで後半の3連続がキックアウトになったのが致命的、なんてこったい(汗)
しかし、全体にちとツメが甘いかも(すまん)
厳しい見方かもしれないけれど、今の日本女子において、カナコへは期待を大きくしてしまうので、日本のトップとして残念感が半端なく…。そういうプレッシャーもあるのかなあ。なんかもやもや。

レオノワ、フリーの失速は想定内でしたが、もしや神演技も?という期待はあっさり消え…。
3T+3Tはよかったのですが、ジャンプ全体が不安定でしたね。
芝居がかった部分は個人的にはあまり好きではないのだけれど、ずいぶんタンゴらしくなってきたかな?
結果として総合2位という喜ばしい結果でもイマイチうれしそうじゃないレオノワ(うれしいとは思ってるでしょうが)、国内で戦うにはこれでは足りないロシア女子戦国時代!(汗)

グレイシー、またオペラ座!
グレイシーもベストの状態からは遠い…と思う。ただしミスは最小限に抑えられたことが勝因でしょう。スピード、姿勢の美しさ、スピンもすばらしい。
個人的には、ラストのコレオで盛り上がる部分が、愛の勝利なのかな?悲しみなのか?怒りなのか?歌詞はあるのだが、イマイチわからない…このプロのよくわからないとこを象徴してる。
カナコとグレイシーの「オペラ座の怪人」正直どちらもピンとはこないけれど、どっちが勝てそうかというと、グレイシーかなあ。

女子後半グループはもやもや大会でした(汗)
結果はグレイシーが余裕で優勝、意外にもGPS初優勝なんだ〜。おめでとう!競技後の笑顔がナチュラルでかわいい、こういう笑顔が似合うプロが見たいな。
そして宮原さんも表彰台おめでとう。
GPS残り2枠は、アシュリーとグレイシー、日本女子は残念でした。またがんばりましょう。
日本女子的には、暮れの全日本がどうなっちゃうんだろう?って方に早くもシフト(汗)
----------------------------------------------------------------
スポーツナビ
GPSポイント表 
男子 女子 ペア アイスダンス
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示