FC2ブログ

木の葉散れば…

2014年11月28日


をぐら山ふもとの里に木の葉散れば こずゑに晴るる月を見るかな
西行 新古今和歌集

山々では木の葉が落ち、すっきりとした梢の向こうには月が見える。
せわしなく日常生活を送っていると、梢に見るのは月ではなく、街路樹のイルミネーションの方が多いかもしれないですね。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示