吾妻山の火山活動

2014年12月16日
私にはなじみ深い山、吾妻山の火山活動が活発になり、警戒レベルが1(平常)から2(火口周辺500m規制)へ引きあげられました。東日本大震災後、やや活発化した火山が全国にあちらこちらにありますが、吾妻山もその一つです。
警戒されている火口周辺に人家はなく、この地帯を通るスカイラインは冬期閉鎖中、もっとも近い温泉まで直線で4km、ですので現時点で危険は考えにくいといえるでしょう。

吾妻山に火口周辺警報 噴火警戒レベル2に 12月12日 NHK
吾妻山火口周辺を規制 警戒レベル2 2014/12/13福島民報
気象庁は12日、吾妻山(福島市、山形県)で小規模噴火の可能性があるとして、火山活動の程度を5段階で示す噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)へ引き上げた。火山性微動が発生し、火山性地震も増加しており、活動が活発化していると判断した。
 気象庁は、一切経山の大穴火口から500メートルの範囲では噴火に伴い飛んでくる大きな噴石への警戒を求めた。この範囲に居住地域はなく、付近を通る道路も冬季閉鎖中だが、風下側は降灰や小さな噴石、火山ガスへの注意も必要とした。

動画ニュース
吾妻山で火山性微動観測 大穴火口から半径500mの範囲で警戒(福島14/12/12)
吾妻山に火口周辺警報 噴火警戒レベル2に NHK

浄土平・吾妻山 スタッフブログ 吾妻山の噴火警戒レベルが2に。2014.12.12

[吾妻山火山防災マップより一部抜粋]
-----------------------------------------------------------------------------------
吾妻山とは、福島県福島市西部から山形県米沢市南部の天元台の山々を総称した名称です。
そのひとつ一切経山に、私は今年の夏に登っているんですよね。絶好の登山日和でした。
上の航空写真で見ると、黒い点線が登山道、浄土平登山口から、警戒されている大穴火口の左を通り、一切経山に向かうルートです。
このあたりはずっと噴気が上がっている状態で、気にもしていなかったですが、火口のすぐそばを通る登山道は数年前から立ち入り禁止になっていました。
レベル2だともう登れない、残念だけれど、今年登っておいてよかったとも思います。

以前の記事 一切経山と魔女の瞳 2014年08月04日
2014072615.jpg
一切経山、頂上からの景色。五色沼(裏磐梯の五色沼とは別)、通称「魔女の瞳」

四季折々の自然が楽しめ、眺めのいい山です。
福島市内からもよく見え、福島市のシンボルでもあります。
-----------------------------------------------------------------------------------
福島県の吾妻山が噴火警戒レベル2に引き上げ 火口周辺警報が発表 ねとらぼ
火口から500m、人が住む場所までだと4kmまでがわかる図
福島市吾妻山火山防災マップ(PDF)
すごく詳しい、見るの大変なくらい(汗)

関連記事
トレッキング | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 雪の日 | HOME | 師走の雀 »