全日本フィギュア2014 男子フリー それぞれの道

2014年12月29日
リザルト
スポーツナビ 

優君、初めての全日本、他ミスしても3A決まってほしかったですが、残念。まだまだこれから、成長を楽しみにしましょう。

刑事君、「椿姫」、実況でマッシモ振付と言ってくれる西岡アナ、グッジョブ。
4S転倒、3AOK、2F+2T…、腰を痛め練習不足のせいか、ジャンプにダブル止まりも多くなってしまいました。テクニカルがこうなると厳しい。
ただ演技としてはとても素敵でした。青年の一途な思いに貫かれていたように思います。ステップの音楽表現は、小刻みなステップも上体の伸びも音楽にぴたっとはまっている。
後半はかなりばてていたけれど、最後のコレオもかっこよかった。
演技後の悔しそうな顔、PCS68点でちょっと救われたかな。よくないなりにも総合8位(シニアだけなら6位)に踏みとどまれたことにほっとしました。
またがんばれそうです。

宮田大地、健ちゃんコーチはが憑依した「ブレイブ・ハート」なかなかよかったです。
佐藤ひろあき、時代物の迫力がかっこいい。印象的な演技になりました。

フェイ、「キング・アーサー」かっこいいプログラム、衣装がまたいいですねえ。
う〜ん、ジャンプが決まらない。PCSはそれなりにでました。課題はいろいろありそうな気がするけれど、コンパルソリーから…じゃないか?

草太君、青いワカメちゃん的衣装でローレライ、そうか海のナニモノかに引きずりこまれちゃうわけか?(妄想〜)
最初からとても大きく動けていますね〜。3Aは今回も決まらず。しかし他のジャンプはいずれも高くて確実。ミスがあっても並々ならぬ才能が感じられる14歳、いいねえ。

ショーマ、「ドンファン」カメラ目線で腕を振り下ろした時「うは!」って変な声がでちゃいました(笑)
4T決まった!クロスがセクシー、ターンを美しく描きながら3A、こらえて決まった!イーグルから3A+2T完璧。スピンは安心のクオリティ、ステップも濃厚〜、このねっとり感がたまらん…。
3連続も決まった。パーカションにぴったりはまる腕の振付が気持ちよくて「うは!」って変な声がでちゃいました(笑)
ジュニアにないコレオは変形イーグル他ショーマらしい動き。このあたりでかなり足にきた模様。最後の3F+3Tでつまづいたのが残念でしたが、そんなことよりすごかったんで(笑)
251点!

無良君、冒頭の怪人の雰囲気がすごくいいので、一気に引き込まれる。
4Tなんとか、4T+3T決めた!3Aも2本決まった。
ステップよかった。後半は盛り上がってくるところにもよく乗っていました。コレオの激しさが半端なく、無良君の意地を感じました。
ミスはあったものもいい演技だったと思います。ファイナルの時もそうなんですが、クワド2つ、3Aを2つ決めても、まだ表彰台に届かない。加点の取れるエレメンツ、PCS、まだやらなくてはならないことがたくさんありますね。
やってもらいましょう!覚悟決めたんだし。

ゆづ、4S転倒しても何事もなかったように4T完璧!
ステップがちょっとあっさりなんだなあ。そして後半からすごすぎ、3A+3T、3A+1L+3S、他3lzも完璧。いやはや羽生様すごいです。
オペラ座と言われると、ファントムというより戦士的、英雄的なんですが、だからなんだと、勝ちプロとして完璧じゃないかと(笑)
ひゃ〜技術点101.90!

こづ、顔つきが昨日と違う。4TはUR、ジャンプは危ない場面も多かったのですが、こづの華麗なスケーティングに見とれました。ちょっとうるさいと感じていたボーカルも、今日は思いの強さにシンクロしてよかったです。少し哀愁を帯びたこづに大人の男を見ました。
終えてガッツポーズ、信夫コーチも!

町田君、4T、2つ目の4T転倒、3A危なかった、いい時に比べるとジャンプが全体に不安定だったかな。3Aは1本、コンボが1つしかなかったのが得点的に痛い。
第九に全身全霊で立ち向かう、強い町田君が見られたのはよかっです。

ダイス、調子は良さそうだったんですが、気負いだろうか。4Sは2つ転倒、3A他、得点源になるジャンプが決まらなかったので得点はしょうがないかな。
終わって呆然とするダイスの表情が切ない。これがトップ争いですね。

終わってみれば、予想通りゆづの強さに圧倒された男子でした。
ショーマの輝きもすばらしかったですね。
予想してなかったこづの復活、今季は耐えるのみかなと思っていました。ワールドへの派遣、本当によかった。

そして…まさかの引退発表の町田君。
ずっと準備をしてきたんですね。今となるとインタビューの端々に、におわせるものがあったのかもしれませんが、まさかこの時点で…。
それなりに実力もあったけれどなかなか目が出なかった時期を経て、別人のように輝き始めた昨年、そして今季はあらゆるタイトルを狙う、そんなシーズンだと思っていました。でも彗星のように短く輝いて去っていくのも町田君らしいのかもしれない。
今は驚きばかりが大きくてなんと言っていいのか。ただ、それぞれの人生、精一杯考えた上のことだと思う。
春からは早稲田の院生、学業に影響ないくらいの範囲で、アイスショーなどには出演もしてくれる模様。
町田君の新しい門出を祝いたいと思います。

いやでも…びっくりだよ町田君、どうしていいんだか(汗)
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示