FC2ブログ

繭の緑

2015年01月14日


初詣の山中、色彩が地味な林で、黄緑色の繭が目を引きます。
我が地方ではヤママユ(山繭)とひとくくりに呼んでいますが、正しくはヤママユガ科ウスタビガ(薄手火蛾、薄足袋蛾)となるらしい。
テンサン(天蚕)とされるヤママユとは違うんですね。
養蚕の楕円形の繭とは違って、優美な曲線にほれぼれします。

2015010301.jpg

そして、その数日後にも見つけました。こちらの方が緑がはっきりしています。
正確には繭の付いた枝が落ちていたのですが。拾って近くの枝に引っ掛けておきました。

ウスタビガ wikipedia
大人になると、当然ですが蛾になります(笑)

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示