FC2ブログ

GPF2009東京 女子シングル他、勝手な展望 

2009年12月03日
ところでファイナル、当日券が出るもよう。
いつもお世話になっている、荒川静香情報ブログさんより。

公式リザルト

○女子シングル
ユーロは、レオノワしかいないのがちょっとさみしいような。
GPFの結果に、今後を左右される(かもしれない)のは、安藤、鈴木、ワグナー。

キム・ヨナ選手
波乱があるとしたら?とか、考えなくもないですが、よほどのことがない限り、多少のミスがあってもヨナちゃんの優勝でしょうか(笑)
うーん、仮にここで優勝できなくても、圧倒的優位はやっぱり変わらないような信頼のブランドか?

ジョアニー・ロシェット選手
安定して評価が得られるようになってきているので、こちらも表彰台は濃厚。
バンクーバーは内定出てるでしょうし、無理しなくていいといえばいい。ただ、ここで少しでもヨナちゃんに迫っておきたいと、攻めのジョ兄~を見たい気もします。

アレーナ・レオノワ選手
アシュリー・ワグナー選手
のびのび演技ができれば、結果がついてくる?…というほどは…甘くないかな(苦笑)
実力者総崩れなら、表彰台もありですね。
のびのび演技に3+3のコンボが入ったらうれしいな。

安藤美姫選手
そこそこにまとめることができたGPS。次は結果より、本人が納得できる演技を望みます。
4Sを大事な競技で入れてくることは、当分ないと思うのですが、3Lz+3L、2A+3T、これは決めて欲しいなあ!

鈴木明子選手
周りに惑わされず、自分演技をすることにつきるとは思います。
勝負の見所となると、ヨナちゃん、ジョアニー、美姫ちゃんと比較された時、どんなPCSが出るかが注目ですね。
賛否あるでしょうが、PCSが格付けの側面がある以上、ここでがっつりもらえることが次につながるのではと、勝手ながら思います。

女子全体を見て、ヨナちゃんを比較対象にしてしまうのは申し訳ないけれど、上から目線で申し訳ないけれど…。彼女に、現時点ではどの選手も迫れていないような気がします。
ただ近い将来を考えれば、不調のヨナちゃんでなくても、また必ずしも真央ちゃんではなくても、チャンスはあるような気がします。
覆すのは誰か?
ジョアニー?美姫ちゃん?真央ちゃん?レイチェル?

あと、少しきつい言い方ですが「GPSの日本女子はふがいなかった」そう思ってます。
(鈴木選手のチューハイ優勝は見事でしたが、ノーマークだったということもあるので)
その時精一杯の事を出来たのならまだよいのですが、全体に消化不良だったなあという大会が多かったですよね。
真央ちゃんはもちろん、美姫ちゃんや中野さんも村主さんも、彼女たちの実力はこんなもんではないってわかってるんですから。
代表選考や体調、その他、いろいろあるのは当たり前、やはり乗り越えなくてはならないのだと思います。
ファイナル出場のチャンスをつかんだ日本選手には、日本の大きな期待を背負ってもらって、なおかつ勝つ、そういう強いアスリートの姿を見たいですね。

○ペア
どんどん実力が拮抗してきているペア、バンクーバーのメダル候補が勢揃いして、見応えがありそう。
最大の見所は、サフチェンコ&ゾルコヴィーとシェン&ツァオの対決ですね!
TESもそうですが、PCSで高い評価を得ている2組、どちらに軍配?
そこに絡んでくるのが、パントンかな?

SP、FP2本そろえられる上記の選手に較べ、ムホトワ、川口家、ジャンジャンはミスをしてしまうと、ちとつらいかも。
川口さんのケガもちょっと気になりますが、国内のライバル、ムホトワにむざむざ負けたくはないはず。
いつの間にか中国3番手になってしまったジャンジャンも頑張れ。

○アイスダンス
GPSスキップ、ファイナル欠場者が相次ぎ、ちょっと薄いエントリー。ここの結果でバンクーバー展望は語れないかもしれませんね。
見所は、同門のデイヴィス&ホワイト、ヴァーチュー&モイアの直接対決、シーズン序盤、バンクーバーの金に最も近いのはテッサたちだと思ってましたが、メリチャの勢いが止まりません。
ドラマチックに盛り上がるメリチャのオペラ座に対し、格調高いマーラーで勝負するテッサたち、どんな評価が、楽しみです。
おなじみカー姉弟、気がつくと存在感を増しているカッペリーニ&ラノッテ組も楽しみです。

○ジュニア
残念ながら、競技を見ていないので、結果だけでは判断が難しいです。
村上佳菜子選手、羽生結弦選手には優勝の期待、高橋&トラン組には表彰台を期待します。
アイスダンス界のカツオとワカメ、アメリカ代表シブタニ兄妹も楽しみ。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示