世界ジュニア 男子シングル ショーマ初優勝!

2015年03月13日
Starting Orders / Result

⚫︎SP
佐藤洸彬選手、アッァンア〜ン、伸び伸びできて良かったんじゃないでしょうか。アァンア〜ン。

デニス・バシリエフ、15歳、おもしろいなあ。よく動く動く、ステップが早い!スピンも早い!ガジェットみたい。動きがいいと杉田さん。3Aが入るようになればねえ。キスクラにウルマノフ〜。

草太君、3Aちと危ない、コンボのセカンドがフェンスによりすぎた。ただ元気よくスピードに乗っていたのは良かったです。

ネイサン、長い構えから3A…ああ転倒。ステップうまい。スケーティングの巧みさはバシバシ伝わってきますが、もっとできるよね?ノリの意味でも。ケガの影響ではないかと。それでも69点は立派。

ピトキーエフ、衣装が正しい王子!いい感じに来たのですが、後半のスピンがもったいないことに。76点、悪くない数字でも、これじゃまずいことをみんなよく分かっている(汗)

ショーマ!麗しい〜。3Aスムーズ、スピンの入りが美しい〜、3Lz危ない、コンボOK、ステップすばらしい。
ルッツが危なかったけれど、あとは良かったです。スピンは相変わらずすばらしい、最後の高速スピンがプログラムをビシッと締めている。
音楽表現が、スケーティングはシニアでもトップクラス、もう別格にすごいとしか言えない(笑)

ペトロフ、衣装が若干古臭い(すまん)まずまず良かった…アテンションが付いたこともあり、以外と得点が伸びなかった。ショーマのあとだったのが不幸だったかも(すまん)

ボーヤン、衣装はラーメンマーク?3+3が3+2になったのは痛い。SPはどちらかというと苦手な方、…あ、杉田さんが同じこと言う。
でも気迫のこもったいい演技だったと思う、「自分はプルシェンコ!」と思い込もうとしてるような…(汗)スケーティングもつなぎも以前よりずっといいです。

ジンソ、ジャンプがでっかい。ダイナミックで男らしい 演技でした。
ただこの男らしい〜さわやかスッキリプロでは、高得点は難しい…あ、74点で4位か?すごい。

SP終わって、ショーマが84点で飛び抜けていますが、9位69点のネイサンまで表彰台圏内という僅差。

⚫︎フリー
佐藤洸彬、振り付けが音楽にぴったりあってすてきです。いろいろミスはありましたが、初出場で健闘です。
「いいところと頑張らなくてはならない所が同居している」と杉田さん。禅問答みたいだな〜。

バシリエフ、大技はないしミスもありましたが、ユニークで見ていて飽きない、いい選手です。スピンも個性的。200点越え、いいですいいです。

ネイサン、危うい4Tを2本入れる構成(汗)危ない場面もありましたが、なんとかまとめたという感じか。
ネイサンとゆづのブレードはうまくないとノイズが出る難しいものだと杉田さん。
暫定1位でも表情厳しい。

草太君、3A+2T、3A決まった!最後までスピードに乗り、でも落ち着いてしっかりやりきりましたね。15歳でこの演技、将来の大物の予感。終わってさわやか〜。SB145。

ボーヤン、冒頭は歌麿の「ちょっとお前さん」ポーズから(個人の感想です)
4Sお見事!4Tお手つき、3A、ちょっとおもしろいステップ、後端に4T+2T決まった!ジャンプをバシバシ決めました。ボーヤンやはりすごいです。終えて満足そうでよかった。
ジャンプのためのプログラム、つなぎはあっさりというか「棒」です(汗)年々良くなっているとはいえ、まだこれから、ここが充実してくるとPCSも上がり、もっと強くなりますね。

ジンソ、人柄の良さが伝わってくるような。しかし衣装はなんとかして!ダサい…そして突っ込むほど変ではないのが残念!

ピトキーエフ、前年度銀メダル、4Tでっかく転倒、軸の細い3A、ふたつめ1A、うーん、ぴりっとしない演技だったかもしれません。
それと一本調子でメリハリがなかった。美しくてもっとムードのある選手なんですが、そこまでの余裕がないという感じか?

ショーマ、冒頭から音楽への乗り方が別次元、美しいウェーブを感じる。4Tは3T<<、3A、3A+2Tなんとか。ステップの身のこなしも別次元。スピンもすばらしい。
ミスもあるし、危ない場面もいくつか。スケーティングや音楽表現もいい時に比べると70%くらいだろうか?しかしそれでも見応えがあるショーマのスケート。ジャンプの重複も考える冷静さもさすが。
フリーはボーヤンに次いで2位ですが、SPの得点差で逃げ切り優勝。調子が上がらない中でもここまでできたことは自信になるでしょう。
キスクラの美穂子先生が、以前は子どもを見守るママか、園児をほめる保母さんっぽかったのが、「うふふ」と年下の恋人に甘えるみたいになっていて〜なんか月日の流れ感じる(他意はない)

ペトロフ、ヤグディンリスペクトな衣装。う〜ん、ミスが多すぎました。元気なかったなあ。いい選手なんですが残念。
ピトキーエフと二人、ロシア男子がここまで沈むとは…。

ショーマ、ジュニア最終シーズンで初優勝。おめでとう!難しい大会だったと思う。完璧とは言えないけれど優勝は本当によかった。
ボーヤンはやはり強かった。ジャンプだけでは勝てないことがわかるのですが、まだまだ伸び代があるということで、これからも楽しみ。
そして草太君、なんと初出場15歳で銅メダルってすごいですよ。来季のジュニアは彼の時代になるかも。頼もしいです。
ジュニアといえども、それぞれのスケーティングにカラーがあっておもしろかったです。

キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ 宇野 昌磨 選手インタビュー
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示