美の巨人たち クロード・モネ「カササギ」

2015年03月05日
クロード-モネ-カササギ-1869年-1
クロード・モネ「かささぎ」1868-69年頃 油彩/カンヴァス オルセー美術館

美の巨人たち クロード・モネ「カササギ」
3月4日 BSジャパン

描かれているのは、夏の避暑地として名高いフランス北部の街エトルタ。多くの画家を魅了した地です。のちにモネにとっても重要な場所となりました。枯れた木々や降り積もる雪に覆われた、誰もいない白の世界。その中に存在感を放つ1羽の黒い鳥“かささぎ”が…。果たして“かささぎ”にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

3月4日の「美の巨人たち」はモネの「カササギ」でした。
この作品は昨年のオルセー美術館展で見て、とても印象に残っていた作品で、再びじっくり向き合えることができてうれしい。

以前の記事 オルセー美術館展 印象派の誕生 ―描くことの自由― 2014年07月31日

私は雪の朝の風景だと勝手に思っています。
一晩中降り続いた…降りたての柔らかい雪(笑)に朝日があたる。木々の枝に積もった少し重い湿った雪は朝日に輝き、今にもはらはらと落ち、融けようとしている。
水分を含んだ空気は、冬の鋭い光を乱反射させ、あたりを柔らかい光で包む。
真夏に見た雪景色の作品ですが、そんな鮮明なイメージを持ちました。

雪に覆われた風景は、モノトーンではなく、きらめく光、青い影…光と影の中にあらゆる色を含んでいる。モネもそう見ていたのだなと思う。
そしてこの作品は、印象派の先駆けということになるらしい。

この作品が好きなのは、取りも直さず私が毎年目にする景色だからなのだなと思う。このブログでも、雪にまつわる記事をだいぶ書いていることに気がつきます。
雪は生活する上ではやっかいですが、雪景色は好きなのです。

以前の記事 
雪の日の朝 2015年01月31日
大雪の日 2014年02月11日
ふりはるる 2013年01月31日
青い影 2013年01月20日
関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« まんさく | HOME | 春雪 »