FC2ブログ

ふたご座流星群の見頃は12月13~14日(14日追記あり)

2009年12月12日
雨のように降る流星を、一度は見たいものですが、そうそうないですね。
それでも流星には心ひかれるので、今回もまた適度に期待しつつ、まったり夜空を眺めようかと思ってます(苦笑)

世界天文年HPによると、ふたご座流星群の活動が最も活発になるのは、日本時間12月14日の昼、北米東海外が観測には最も適しています。
しかし、前後の時間帯も活発な状態ですので、日本でも見られると考えられています。

○日本での見頃
12月13日の夜(14日明け方)…13日23時頃~14日5時頃
12月14日の夜(15日明け方)…14日22時頃~15日3時頃

ふたご座流星群の活動は12月11日頃から16日頃まで続きます。
13~14日前後の日にちの場合は、夜22時~翌2時頃がいいとされています。

流星が最も多く見える日時に観察できる流星の数は、平均的な空で、1時間に15~20個と予想。
市街地では、1時間に5個程度。
条件の良いきれいな空では、50個以上。
あくまで、予想!(笑)

positions

○見る方向
ふたご座流星群の放射点は、ふたご座のα(アルファ)星カストルですが、流星はどこにでも現れるらしいので、広い範囲で空を見るのがいいようです。
となると、ふたご座流星群かどうかわからないのでは?という話が、世界天文年HPにも出ていますが、まあどっちでもいいんじゃないかと(笑)

私の住む地方は、どうやら暖冬、皆さんのお住まいの地方はいかかがでしょう?
しかし夜は大変冷えます。流星を見ようという物好きな方は(笑)、防寒には十分配慮して、風邪などひきませんように。

世界天文年HP
ふたご座流星群を眺めよう
ふたご座流星群を観察するには(Q&A)

○12/14昼追記
14日1時頃~3時位まで、適当に休み休み見てました。
私の場合、比較的見やすい天頂から南の空にかけて。
大きな期待はしていなかったのですが、思いがけず、たくさんの流星を見ることができました。
20個くらいまでは数えていましたが…
この夜見たのが、小さいのを入れると40個位でしょうか。
じゃんじゃん…という感じではありませんが、これくらいの頻度なら飽きません。
中に、長い尾を引く大きな流星が3つ、私が見た中で今年一番の大きさ、これはうれしい!

しかしずっと上を向いているのは、結構大変ですね。
首が…回らない(汗)
関連記事
サイエンス・ネイチャー | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
今のお願いはひとつ
こんにちは~。

しし座流星群のあとこのふたご座流星群のことを知り楽しみにしていたのですが、こちらは今晩曇りの予報(と言うかすでに曇ってます)。
その上市街地で見られる予想個数から考えると残念ながら期待できそうもありません。私も降るような流星を一度でいいから見てみたいと思っているのですが…。
まあ見えなくても流星に願いを込めておこうかな(笑)。
>春紅葉さん
春紅葉さんのお住まいの地域はいかがでしたか?
私は思いがけずたくさんの流星を見ることができました。
…そうだなあ、お気に入りのスケーターを上げて、お釣りがくるくらいの数は見られました。
まあ、見えなくても、流星はまちがいなく降っているということで、願い事をしましょうか?
こんにちは。
昨夜はあいにく一時的にですが、星ではなく雨が降ってきました。
でも今夜は晴れる予報でしたので、再チャレンジしてみますね。
お願いはしてみました…。
こんばんは~。
先ほどちょっと見に行って来たのですが、あまりの寒さに5分ほどで挫折しました。
一部雲はあるものの天頂は晴れていたので、見られるかなぁと頑張ってはみたものの面目ない。
でも流星はどこかで流れているんだし、つぶやいてきてみました(笑)。
>春紅葉さん
そうですか、残念でした。
深夜は冷え込みますよね。その分空気が澄んで星を見るにはいいのですが。

こちらは、14日の深夜はあいにく曇りで、早々に諦めました。
1時頃見上げると、5分経たないうち、雲の間から一つ見えてはいたので、やはり活発なのかなと思いました。
雲の向こうに流星が流れているのは間違いないですね(笑)

管理者のみに表示