キクザキイチゲ

2015年04月04日
2015033009.jpg

青空の下に白い花。
土手にたくさんの花が咲いています。イチリンソウかな?ちょっと早いな…と近づくと、イチゲでした。

2015033007.jpg

キクザキイチゲの花は、白色から紫色まであるようなんですが、私の地元では白しか見たことがありません。

2015033006.jpg

ここは公園に隣接した山、そう頻繁に見られる植物ではないので、保護されているのではないかと思う。

2015033010.jpg

全て太陽の方に向いています。
4cmくらい、大きい花ではありませんが、かわいいですね。



春先に花が咲き、初夏には枯れ、翌年の春まで地下茎で過ごす。落葉樹の森では葉が繁る前の春先が一番日光が入る。そこからの2ヶ月が勝負というわけだ。
カタクリなど、そのような植物を総称して、スプリング・エフェメラルというらしい。

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示