猫返し

2015年04月28日
2015042501_20150427140031ce7.jpg

立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む
中納言行平 小倉百人一首(在原行平・古今和歌集) 

あなたと別れ、因幡の国へまいりますが、因幡の山の松(待つ)のようにあなたが待っていると聞いたなら、すぐにでも帰ってまいります。
38歳の行平が、因幡の国(鳥取県)の国司に任命された時、恋人に贈った和歌だとか。

最近、この歌がいなくなった猫が帰ってきますようにという「猫返しのまじない」だと知りました。
やり方としては…
「歌を書き込んだ紙に、いなくなった猫が使っていた食器を被せておく」
だそうである。
ちなみに写真の猫は、声をかけても知らん顔、散歩道で出会った猫です(笑)

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示