卯の花

2015年05月25日
2015051716.jpg

「夏は来ぬ」
作詞:佐々木信綱 作曲:小山作之助
(1番)
卯の花の匂う垣根に 
時鳥(ほととぎす)早も来鳴きてしのび音もらす
夏は来ぬ

~夏は来ぬ~NHK東京放送児童合唱団(YouTube)

2015051725.jpg

以前から気になっていたのは「卯の花の匂う垣根に」と歌にあるけれど、卯の花の香りってないような気がして…私だけだろうか?
調べてみたら「匂うように美しい」という意味で、花の香りをさしているわけではないらしい。う〜ん、日本語って難しい。

空木 (ウツギ)の別名「卯の花」は、卯月(旧暦4月)に咲くことから。
この写真のウツギは、庭木ではなく山地に自生するウツギです。

2015051712.jpg


関連記事
動植物 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
卯の花
「夏は来ぬ」なつかしいなあ。この歌、こんなに長くて花の名前とか鳥の名前とか、たくさん出てくるんですね。この動画、歌詞に出てくる花などを映してくれてすぐれものですね。また見ちゃおう。こういうの聞くと、ハモリたくなる私である。

卯の花、空木っていろいろな種類がありますね。たまたま庭に植えたヒメウツギがすごくかわいくて気に入ってます。

ニルギリさんの写真のウツギも、清々しくてとってもきれい。

それにしても、なぜにオカラを卯の花と言うのだろう。


>matieさん
> 「夏は来ぬ」なつかしいなあ。

なつかしいですよね〜。最近ではあまり聴かなくなりました。四季の草花動植物をちりばめた歌詞って、とても日本的だと思うけれど、どうでしょう?

ウツギはたくさんの種類があっておぼえきれないですよね。スイカズラ科、ユキノシタ科でまたいちだんとややこしい(汗)
おから=卯の花は、卯の花の様に白いからなど、諸説あるみたいですが、はっきりした説はないみたい。




管理者のみに表示