FC2ブログ

雨乞い

2015年06月01日


ことわりや 日の本ならば 照りもせめ さりとては 又天が下とは
小野小町

伝説では、小野小町が神泉苑(京都)で雨乞いをした時に詠んだという歌。
雨が降らないですね。気温が高くてもからっとしていいけれど、これでは畑も庭も干上がってしまう。
誰か雨乞いの踊りをした方がいいんじゃないだろうか。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示