FC2ブログ

2009全日本フィギュアスケート選手権 男子FS TV観戦

2009年12月27日
観戦する方もメンタルの強さを要求される全日本が終了しました。
選手の皆さん、スタッフの皆さん、現地観戦の皆様、テレビ観戦なのに緊張でおかしくなりそうだった私みたいな皆様、みんなまとめてお疲れ様でした。
ヘトヘトなので、ひとまず男子の感想だけ先に。

放送は最終グループのみでしたが、町田君がいる幸せをかみしめつつ。

○町田樹選手
最終グループで大崩れせず、よく頑張りました!
ノーミスではありませんが、3Aを見事2本決め、総合4位、陰ながら応援してきた身としては感慨深いですねえ。
目標としてきた四大陸出場もつかみました。おめでとう!

それにしても、ミスしても他に影響しなかったのはすごい成長です。
上位3人に比べれば、スケーティングは粗いし、表現も後半になると一本調子な感もあり、まだまだ差はありますが、これからです。 全日本4位を誇りを胸に前に進んで下さい。

○織田信成選手
4Tに挑戦、残念ながら転倒、ちょっとスピード足りなかったような。
しかし、ミスを全く引きずらないのは見事、むしろ吹っ切れたように、後半どんどん良くなっていったように見えました。

○無良崇人選手
棄権を検討するほどの体調不良だったとか。
後半もうなにもできなかったですね…ファイナルのトマシュを思い出しました。ただ素敵なプログラムだと思いました。
どうか、お大事に。

○郡山智之選手
緊張がテレビからも伝わってきました。
最後のステップ、盛り上がりますね!

○小塚崇彦選手
4Tを回避してパーフェクトを狙ったはずですが、3Aも2本決めたのですが、他でミスが続いてしまったのが残念!
競技とは、全日本とは…難しい。
まだまだやるべきことが、たくさんあることがわかったってことでしょうか。
美しいスケーティング、かっこいいプログラム、大丈夫、もっとできます。

○高橋大輔選手
優勝おめでとう!
やっぱり、うれしい!
優勝しなくても…なんて思いつつ、私はこの日を待ち望んでいたんだなと(笑)
転倒はしませんでしたが、今回も4Tは成功ならず。ここがもっとも残念だったところでしょうか。
しかし、後半のスタミナ切れもだいぶ改善、スピンもまとめられるようになってきました。
ミスは相変わらずたくさんありますが(苦笑)、プログラムは魅力的。競技であることを忘れて、シンプルに作品として見たい気持ちになります。
そしてダイスケのステップは別格に素晴らしい。ちょっとのところでレベルを落とすことも多々ありますが、今季のSP、FP計4つのステップは全て味わいが違う、これができる選手は、そういないような気がします。
そういう部分もスケーティングの高い評価に影響しているのかもしれません。

優勝は納得ですが、FSはエレメンツのミスが多いので、織田君と接戦かなと感じましたが、PCSで上回りました。
SPでのリード、織田君や小塚にとってはSPの出遅れが、最後まで影響したように感じました。
総合では大差で優勝のように見えますが、ダイスケと織田君、FSではわずか4点差、TESは織田が上なんですよね(汗)
前の記事に書いたように、得点ほどの差はないように思います。全日本の得点はあくまで参考、順位だけで考えたらいいですね。

演技後のインタビューでは、優勝はうれしいけれど内容は不満、代表としてオリンピックで戦える内容ではない、このようなことにならないようにしたい…と語っていますが、そういうことなんだと思います。
ダイスケは、これまでも結果としての得点にあまりこだわらなくて、接戦で敗れたとしても、圧倒的に勝てなかったのだからと言ってます。
今回は結果として勝ちましたが、その謙虚さは、世界で戦うにはどうなのだという意見もありますが、私は好きです。

今回はコントロールできた試合とも言ってましたね…つまり、途中で意識が飛ばなかったって意味ですね(笑)

なにはともあれ、優勝おめでとう。
そして、自力で獲得したオリンピック代表おめでとう!
関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
大阪から帰ってきました
女子フリーは、安藤さんの結果を聞いた後、会場を離れました。後ろでは、真央ちゃんの「鐘」がぐわーんぐわーんと鳴っており、まさに後ろ髪を引かれる思いでした(泣)。
オリンピック代表選考の結果は、中野ファンのわたしにとって、非常に辛いもので、正直、今は日本女子代表のニュースを聞くのもしんどいですが、代表に選ばれた3人のことは大好きだし、応援しています。バンクーバーで、それぞれベストの演技ができるよう願っています。
では、トップ5の男子の感想を書かせて頂きます。

○大輔くん
本人は不満の残る演技だったようですが、とにもかくにも優勝おめでとう!
ショートは、ジャンプさえ終われば安心してキャーキャー騒げるようになったのが嬉しい(笑)。NHK杯の頃は心配の余り、プログラムをさっぱり堪能できなかったので。
フリーでは、完全に魔法をかけられました(笑)。あれだけミスがあってこの威力だもんなぁ、パーフェクトに滑ったら、どうなっちゃうんだろう。

○織田くん
4Tに挑戦した心意気に拍手!転倒しても、他の要素に全く影響しないところはさすがです。織田くんのチャップリンを生で見られて本当によかった。見る人を幸せにする、素敵なプログラムだと思います。ただ、今はまだ、観客に魔法をかける力(笑)がちょっと弱いかな。でも、あともう一息だと思うので頑張って!!

○小塚くん
ショートもフリーも、いろいろミスあり、課題ありな状態ですが、それでもじゅうぶん良さが伝わってきました。胸に迫る演技だったと思います。四大陸で自分の納得いく演技をして、バンクーバーに向け、弾みをつけてほしいです。

○町田くん
素晴らしかったです。この大会で、すっかり彼のファンになってしまいました。
フリーの公式練習では、もっとキレキレに動いていたんですよ。本番では硬くなっちゃいましたが、それでも「カサブランカ」の世界を素敵に表現していたと思います。四大陸に出場が決まってとても嬉しい!このチャンスをものにしてほしいです。

○南里くん
怪我を乗り越えて戻ってきてくれて本当にありがとう。その一言に尽きます。特にフリーは、彼の想いがほとばしるような演技でした。演技終了後、大型スクリーンに涙ぐんでるコーチの顔が映って、思わずもらい泣き。四大陸出場、本当におめでとう!

トップ5以外にも、素敵な選手がたくさんいました。普段テレビではなかなか見られない選手の演技を見られるのが全日本の醍醐味ですね。来年も見に行けたらいいなー。
>マイキーさん
観戦お疲れ様です。
中野さんが1番滑走だったのは、ある意味幸いでしたね。
しかし、真央ちゃんの前にお帰りとは、うーんお気の毒です。
女子については、どんな結果がでても、涙は逃れられないことが、あらかじめわかっていた…とも言えますね。
中野さんや村主さんの4年を思うと、なんと言葉をかけてよいのかわかりません。
でも、この激戦で力を尽くしたことを誇りに思っていい、誰もがそう感じたはずです。

マイキーさんの、男子の印象を聞いて、納得したというか、安心したというか。(笑)
ダイスケの優勝はとてもうれしいのですが、FSでは4Tは転倒したものの、いい内容だった織田君との差があれでいいのかと考えていました。
最終的にSPのリードがあったので、優勝できたとは思いますが。

>フリーでは、完全に魔法をかけられました(笑)

そうか、そうか(笑)
魔法にかけられちゃいましたか、うらやましい(笑)。盛り上がったんでしょうね。
こういう時はやはり会場、テレビだとわかるようでわかりにくいんですよね。

小塚は、ああ、またやっちゃったかと(汗)
…なのですが、こういう苦労は、今後必ず財産になるはずです。
いいスケーターですよね。

町田君は、やっとここまで来た…と感慨無量です。
応援よろしくお願いします。

南里…私の記憶が確かなら…うちのテレビには映ってない(涙)
テレビは上位だけなんですよね。
年明けのBSに期待します。

管理者のみに表示