FC2ブログ

福島のこのごろ 雑談的東京オリンピックと新国立競技場

2015年07月20日
夏も本番ですね。
っていうか、暑いです…やれやれ、皆様もお体に十分お気をつけ下さい。

38°…39°…!?
その日の全国最高気温やベスト3くらいに頻繁に登場する福島は、気温が上がりやすい「福島市の盆地」のことで(京都と同じ)、私が住むのはもう少し山の方で、そこまでは上がりません。
とはいえ、東北線や東北道沿いの福島県の内陸(中通り地方)の夏の暑さは半端ないです(滝汗)
山地に行けばもちろん涼しいですが、今なら海側(浜通り)がおすすめ、夏涼しく、冬は温暖な地域でうらやましい…福島は広いのです。


この春、除染を終えた我が家の庭は、夏とともにすでに草ぼうぼう(汗)
--------------------------------------------------------------------
東京五輪の追加競技、福島で一部開催要望 担当相が意向 2015年7月1日
 東日本大震災からの復興の一助として、追加競技・種目の一部を福島県で開催するよう、大会組織委員会に要望する意向も示した。

まあぶっちゃけ、福島への「機嫌取り」かなとは思っています。
東京オリンピック開催が決定した時、ネックになっていたのが福島の原発事故、冗談で競技の一部を福島でやればいいのにといいましたが、福島県知事からの要望もあり、このようなことになったのでしょう。知事にしても「言うだけ言ってみるか」ではないかと想像。
私は「福島が危険だとは全く思っていません」が、そう簡単にはいかないでしょうね(そもそも東京オリンピックなんだし)
実現できたとしたら、福島を知ってもらういい機会であるのはたしか。しかし、日本は原発事故を「克服」したという、政治的な手柄にされるような気もして、それもちょっと…と思う。
原発と福島のことをないがしろにされたくありませんが、政治的駆け引きの道具にされてしまうのは、腹立たしく感じます。
話それますが、拉致問題が外交のカードになってしまう家族の複雑な心境に似ているかもしれません。
まあ、東京オリンピックは5年後ですから、状況は少し変わっているかも。
でも…少なくとも廃炉は進んでないです、たぶん(汗)
--------------------------------------------------------------------
東京オリンピックの招致については、以前にも書きましたが、自国で開催されれば盛り上がるだろうし、始まればきっと熱くなり、楽しめるだろうと思います。
一方で、財政赤字とか、震災復興の遅れとか、経済効果は一部の企業に集中するだけだろうし、何が何でも来てほしいとまでは言わない。まあそんなところです。

スポーツに関心がなければ、オリンピックなんて税金の無駄遣い、来なくていいと思うでしょう。
このブログを読んで頂いている方ならご存知と思いますが、私はスポーツに特に熱心ではないのですが、子どもの頃からのフィギュアスケートファンです。
日本では、今でこそ人気がありますが、昔はオリンピックと、しばらくしてからNHK杯位しか放送がありませんでした。それでもウィンタースポーツとしては認知度的に恵まれていたほうでしょうか。
そんな風に、特定のスポーツのファンでいると、4年に一度のオリンピックは、誰がなんと言おうと特別なものです。
ですから、経済効果とか国の威信とかいうマクロなことはおいておいて、開催する以上、選手は力を出し切り、競技は盛り上がり、無事に終える…そんないいオリンピックになればと思っています。

ちなみにうちの母は、ほとんどオリンピックに興味がなく、開催時期、テレビがオリンピックばっかりで見る番組がない…とぼやいています(苦笑)

招致活動が盛り上がっていたころ、福島では、オリンピック開催に向けて経済的&人的なものが東京に集中し、第一原発の廃炉処理や除染など、人材確保が困難になるのではと言われていました。
先日聞いた話では、作業員の雇用契約を長くするなどして、確保に動いているということでした。
廃炉以外でも、福島各地の除染作業のために、県外からたくさんの人がきています。暑い中、本当にご苦労様です。
福島で、今のところ極端な人材不足はないように見えますが、これからでしょうか。
--------------------------------------------------------------------
東京オリンピックといえば、連日ニュースが忙しいこちら!

Google検索 新国立競技場 ニュース

いったいどうなることやら…
東京オリンピック招致活動の重要なアイテムが、新国立競技場の建設ということらしい。
立て替える話は、ああそうなんだ古いんだ…位にしか、私は思ってなかったです。

新国立競技場のコンペの時期、たまたま見たドキュメンタリーで「SANAA(妹尾和世)」を取り上げていました。
番組後半は、SANAAが取り組んだ新国立競技場のコンペの様子、結果は残念ながら3位でした。
詳細は忘れてしまいましたが、この時、ああなるほどザハに決まって当然だなと思いました。好みはあるにせよ、競技場として、スポーツが熱く盛り上がる「異空間」としては、ザハが圧倒しているなと。
SANAAのこれまでの実績はすばらしいものです。しかしコンペの案は東京の景観になじみスマートで、きれいだけれど、どこか沈静化してしまうように見えたんですよね。
決まればそれなりにとは思いますが、オリンピック会場として、こうして比較すればザハに魅力を感じました。

しかしザハ案、そんなに「お高い物」だとは知らなかった…ですよね?
見切り発車でコンペを決めたのがまずかったわけですが、最近でた安藤忠雄さんのインタビューは、現役の建築家の言葉としてどうなんだと思いますし、森元首相に至っては「日本の信用」を持ち出して責任逃れのようにしか読めませんでした。
ここにきてザハ案は白紙、ただ物価上昇や建築資材の高騰が建築費の問題なら、どんなプランでもやはり高く付くような気がするのですが…。

オリンピックは建物のすごさを見せつけるイベントではないのはたしかなわけで…そんな金があるなら、福島の復興に使えとは言わないですが、恵まれない選手の強化費につかった方が理にかなっているように感じます。
まあ、どこのお財布かいろいろ細かくあるんでしょうが(汗)
これは福島と直接関係ない話です。

関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示