FC2ブログ

BS世界のドキュメンタリー「あなたの中のミクロの世界」

2015年07月27日
BS世界のドキュメンタリー
シリーズ ヒトを科学する「あなたの中のミクロの世界」
原題:LIFE ON US
EPISODE ONE YOUR PRIVATE WILDLIFE
制作:Smith & Nasht/Mona Lisa (オーストラリア/フランス 2014年)
人間の体の表面や内部に棲む微生物の多様性と働きを徹底解剖するサイエンス番組。人類とともに進化した微生物は、私たちの生命の維持にも深く関わっている。
第1回 体は微生物の宝庫
NHKBS1 2015年7月7日(火)午前0時00分~
再放送/2015年7月28日(火)午後5時00分~
バクテリア、ウィルス、原生動物、菌類、ダニ、シラミ―人間の皮膚や毛髪、あるいは体内に生息する微小な生物。その数は人間の全細胞の10倍にのぼると言われる。こうした微生物の驚くべき生態と人間との知られざる関係を、特殊な撮影技術やCGで描き出していく。前編では、身体の思いがけない場所に住み着くミクロな生物たちを紹介。地球上の生物多様性と同じで、生物は身体の様々なパーツにバランスを保ちながら生息している。
第2回 ヒトは微生物との集合体
NHKBS1 2015年7月8日(水)午前0時00分~
再放送/2015年7月29日(水)午後5時00分~
後編では、寄生生物と人類の進化の関係を探る。近年、過度の除菌や抗生物質の大量摂取等によって、人間と微少生物のバランスは劇的に変化している。

初回放送は7/7、感想書きそびれていたのですが、再放送もあるよう。おすすめしたいので、感想書いておこうと思います。
ちょっとエグいですが(汗)もりだくさんの内容でおもしろいです。

微生物たちのめくるめく世界 in 人。
CGの映像もいいけど、顕微鏡で拡大された微生物がエイリアンか怪獣か?ってくらいインパクト大です(笑)

結論から言うと…人は微生物によって生かされてる。
人は過剰な清潔志向で体の内外の生態系のバランスを破壊し、かえって病気に弱くなってしまった。
…と、「断言!」してしまうことに、えぇ〜っと言いたくなるくらいの驚きの研究が次々と。
先日NHKスペシャルで放送された「腸内フローラ」も、その断言ぶりが…NHKなのに大丈夫か?って感じだったんですが、細菌や微生物と人の関係に次々と新しい事実が見つかっているのが最近の研究らしい。

体を外から守っているのは、体の表面を覆っている微生物の叢、微生物は時に過剰に働きすぎる免疫系(関節炎、アレルギー)を制御しているらしい。
人の体には微生物の生態系があり、そのバランスによって健康が保たれているということらしい。
微生物や細菌は、個人や地域によって種類も数も違うというのもおもしろい(乳酸菌などの腸内細菌は、出産や授乳で母から受け継がれる。)数が少ない方が病気になりやすいのではないか?…と推測されているようです。

細菌はたんぱく質を使って集団でコミュニケーションをとっているらしい。そして自ら遺伝情報を、他の細菌からパクって書きかえることもあるらしい。
…つまり抗生物質の効かない細菌が次々と出てくるのは、そういう訳ですね。

寄生虫は危険なものですが、人の免疫系をコントロールし、体に有益なケースもある…ピロリ菌は胃がんや胃潰瘍の原因になりますが、持っていても発症しない人もいる、それは寄生虫や回虫をもっている人だという。
といって、この治療法は、誰にでも勧められるものではないらしい(汗)
また、寄生虫は人の性格にも影響するかも?(トキソブラズマ)とういう説も。

腸内細菌のお花畑、腸内フローラの話も。
抗生物質などで病気の治療によって腸内細菌が破壊されると、病原菌(悪玉細菌)に弱くなってしまう。
腸に重度の疾患がある場合の治療法が、最近話題の「便微生物移植」、健康な人の便を直接、患者の腸にいれる治療法。
これは、慢性疾患や難病などにも効果があるという事例もあるらしい。
ただ、「便微生物移植」の仕組みはよくわかっていないまま、効果があるからとりあえず…みたいな感じにも見えます。
他、微生物から作られたハンセン病の新しいワクチン、エム・バッキーなどの驚きの発見など。
これらが民間療法ではなく、科学的に導き出されているのがすごい。これからもっと研究が進むのでしょう。

免疫系をコントロールするのが細菌。ところが人は、細菌や微生物は悪として清潔のもとに排除してきました。そして体の内外の生態系のバランス崩れ、病気に弱くなってしまった。
人は微生物に生かされている…。
で、細菌を体に戻そうのが新しい治療法。

ただ、いきなりやれば破傷風やら結核やら、人がこれまで克服して来た命にかかわる感染症に、改めてかかることもあるでしょうから、難しいでしょうね。
今はまだ研究段階ですが、微生物や細菌と人間の共生によってクリアできる病気も多そうです。
人の体は、まだまだわからないことがたくさんあります。

関連記事
ドキュメンタリー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示