スカシユリ

2015年07月24日
2015072401.jpg

燈火の光りに見ゆるさ百合花 ゆりも逢はむと思ひそめてき
内蔵縄麻呂 万葉集

燈火(ともしび)の光りに浮かぶ百合のよう…また逢いたいと思い始めました。
「ゆりも逢はむ」、ゆりは「後で」の意味。

写真は交配種のスカシユリ。
万葉の頃に詠まれた百合は原種のササユリなどではないかと…もっとシンプルで、密やかな雰囲気だったでしょうね。


関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示